給湯器のエラーコード101の原因と対処方法の解説

給湯器のエラーコード【101】のご紹介ページです。

何故【101】のエラーが出るのか、原因やご家庭内でできる対処方法、修理や交換の依頼先などについてご覧いただけます。

給湯器のエラーコードは、メーカー間で統一されています。

リンナイ、ノーリツ、パロマ、パーパスほか国内のメーカーであればエラー番号と原因や対処法は同じです。

給湯器のエラーコード【101】とは

給湯器のエラーコード【101】は、給気・排気の異常によって能力が低下した状態を警告するものです。

給気口または排気口の閉塞・熱交換器の詰まり等の原因によって、燃焼に異常が起きるとリモコンに【101】が表示されます。

そのまま使用することもできますが、給排気能力がダウンしているため機器に負担がかかりやすく、エラーを放置して無理に使い続けると本格的な故障を引き起こす原因となりますので早めに対処しておくことが望ましいと言えるでしょう。

給排気のトラブルは故障ではなく給湯器本体の設置環境や天候の悪化に起因する一時的なエラーであるケースも多く、ご家庭でできる簡単なお手入れでエラーを解消できることもあります。

ですが、お湯を作るための主要部品に不具合が発生している可能性もありますので、安全に使用していただくためにも点検を受けられることをおすすめします。

【101】のエラーコードは【10】で表示される場合があります。

給湯器のエラーは3桁または2桁で表示され、追い焚き機能が付いている場合は【101】、追い焚きのない給湯専用機は【10】となります。

エラー内容、原因と対処法なども変わらず共通です。

ここでは【101】に表記を統一してご紹介いたします。

給湯器のエラーコード【101】の原因

エラーコード【101】は、給排気口が何らかの理由で塞がれていたり、内部部品が故障したりしていること等が主な発生原因です。

原因が一時的なもので簡単なお手入れでエラーを解消できる場合もあれば、部品または本体自体の交換が必要になる場合もございます。

以下でエラーコード【101】の詳しい発生原因をご紹介いたします。

給気口・排気口が塞がれて空気が循環していない

給湯器は給気口から酸素を取り入れて燃焼させた炎でお湯を沸かし、排気口から燃焼後の排ガスを排出します。

給気口と排気口のどちらか、または両方に枯葉やホコリなどの異物が詰まっていると、給排気能力が低下するためエラーコード【101】が発生することがあります。

また、給湯器本体が板や荷物などで囲まれている状況でも、正しく給排気が出来なくなるためエラー発生の原因となるでしょう。

内部部品に詰まりが起こっている

異物が内部まで入り込んで詰まりを起こし、正常に燃焼ができなくなると、エラー【101】が発生する可能性があります。

給排気通路が閉塞している、熱交換器の詰まりなどが原因です。

経年劣化により内部部品が故障した・不具合を起こした

10年以上お使いの給湯器に【101】エラーが出た場合は、内部部品自体に問題が起きている可能性が高くなります。

ファンモーターや熱交換器等の内部部品が故障したり不具合を起こしたりしている場合は、修理または交換対応が必要です。

給湯器のエラーコード【101】の対処方法

給排気に異常がある場合、簡単なお手入れによってエラーが解消される可能性があります。

ご自身で出来る対処方法を以下でご紹介します。

電源を入れ直してみる

給湯栓をいったん閉め(お湯の連続使用を止める)、運転スイッチを切ってから入れ直し、再操作でお湯を出しエラーコードが表示されないか確認してみましょう。

特に大雨や強風など天候による影響を受け一時的にエラーが起きていた場合、天候が落ち着くのを待ってから電源を入れ直すことで症状が改善される可能性が高いです。

給排気口に異物が詰まっていないか確認する

給湯器の電源を落とし、異物を取り除いてから再度電源を入れ直してエラーが出ないか確認してください。

物理的に給排気口が詰まっている場合は取り除くことでエラーが解消される可能性が高いです。

台風などで飛んできた物が給湯器の給排気口に詰まっていた、庭の草木や枯葉やゴミが給排気口に入り込んでいたなど、何らかの理由で給排気口が塞がれていた場合は異物を取り除いてみましょう。

給湯器の周囲に障害物があれば除去する

給湯器には設置基準が設けられており、本体の周囲には適切なスペースが必要です。

目隠しのために給湯器本体を板で囲った、荷物を置いて給湯器が隠れてしまったなどの場合、酸素と排気ガスが循環せずエラーの原因となります。

給湯器本体が覆われてないことを確認し、電源を入れ直してエラーが出ないか確認してみてください。

給湯器のエラーが解消しない場合は業者に依頼しよう

上記の方法でエラーが消えず不具合の症状が改善されない時は、プロによる給湯器の修理または交換をご検討ください。

給湯器内部や配管の施工は有資格者が行わなければなりません。

特にエラーコード【101】では、給湯器の主要部品に不具合が発生している可能性があり、ご家庭での対処は難しいものとなります。

修理と交換どちらが良いか、おすすめの依頼先などについては以下を参考になさってください。

エラーコード【101】が表示された給湯器は
どこに修理を依頼すべきか

修理する場合、基本的にはメーカーへ直接依頼することをおすすめします。

問題の給湯器が使用開始から年数が経っておらず商品保証期間内でしたら、無償で修理サービスを受けられる可能性があります。

また、エラーコード【111】の故障個所になりやすいファンモーターや熱交換器は、給湯器を構成する主要部品であり、一般業者では取り扱いができません。

そのため一般業者に修理を依頼しても対応できないことがほとんどで、出張料を支払って結局メーカー等へ案内される可能性が高いです。

また、ハウスメーカーを利用されている場合は、ハウスメーカーを通じてメーカーへ依頼するという手順でも良いでしょう。

給湯器の交換が必要な場合と依頼先について

一般的に、給湯器は耐用年数(寿命)である10年ごとの交換が推奨されています。

特にエラーコード【101】はファンモーターや熱交換器といった主要部品は、部品の取り換えや修理で数万円かかることもあるのです。

また、長年使用した給湯器は高額な費用を支払って修理しても別の場所に不具合が起きる可能性が高く、そもそも廃盤となっていれば部品自体の製造が終了していることも少なくありません。

そのため、10年以上使っている給湯器にエラーコード【101】が発生し、上記でご紹介した自分で出来る対処法を試しても改善されない場合は給湯器そのものの買い替えがおすすめとなります。

故障した給湯器の交換は、弊社「給湯器交換の水猿」のような一般業者の利用がおすすめです。

リンナイ・ノーリツ・パロマ等から給湯器やリモコンを仕入れており、独自の価格設定で商品を提供しているため、ハウスメーカーやガス会社を利用するよりも低価格で工事ができます。

水猿では省エネ性に優れたエコジョーズ、床暖房や浴室乾燥対応の暖房熱源機、単身者向けアパートなどでの採用率が高い給湯専用機など人気の給湯器を最大76%オフと格安価格にてご用意しております。

東京・神奈川・大阪・兵庫ほか広域にて最短即日の出張工事に対応しており、工事は全て無料の10年工事保証が付いております。

エラーコード【101】、【10】が出た給湯器を交換するなら、是非水猿にご相談くださいませ。

給湯器交換に関するご相談・お見積もりはコチラから!

電話で給湯器の相談や交換の依頼をする

メーカーごとのエラーコードページへ

給湯器の交換のお問合せ先

10年工事保証

10年間の工事保証が無料

給湯器の購入から交換工事のご依頼を頂きますと、10年間の工事保証が無料でご利用頂けます。

工事保証規定の詳細

選べる年数の商品保証

商品保証の年数

2年のメーカー保証と、3年、5年、8年、10年からご希望の年数で商品保証をお付けできます。故障がおきやすい8年目以降の保証もご用意しております。

ローン決済の金利手数料無料

金利手数料無料

6回・10回・12回の当社分割ローンの場合、金利手数料は当社負担となります。(お客様クレジット払い適用外)

ローン決済の詳細

クレジットカード対応

クレジットカード払い対応

VISA・MasterCard・JCB・AmericanExpressなど各種クレジットカード払いに対応しております。

給湯器・瞬間湯沸かし器・風呂釜の交換