1,000円引きクーポン配布中! ▶ 詳しくはここをクリック! ◀

鍵屋鍵猿鍵トラブルトピックトラブル勝手口の防犯対策で空き巣撃退!安心の防犯対策をご紹介

更新日:2024/07/11

勝手口の防犯対策で空き巣撃退!安心の防犯対策をご紹介

勝手口の防犯対策で空き巣撃退!安心の防犯対策をご紹介

この記事でわかること

  • 勝手口の防犯対策
  • 勝手口の防犯対策が不可欠な理由

記事監修者

田口季良(たぐちのりよし)
田口季良(たぐちのりよし)SLS株式会社 マネージャー

「すごわざ鍵開け達人」として関西・関東のテレビに出演。鍵職人としてのキャリアは12年、現在はエキスパート集団を束ねるマネージャー。親切丁寧な防犯アドバイスにも定評がある。

勝手口が空き巣に狙われるのを阻止し、安心できる住まいを手に入れましょう。この記事では、効果的な防犯対策を6つ紹介し、あなたの家をより安全にします。

まず、勝手口の侵入の特徴を理解することで、どのような対策が必要か判断できます。その後、鍵の交換や窓ガラスの強化など、具体的な対策を詳しく説明します。

  • 鍵の交換・取り付け
  • 窓ガラスの強化・防犯フィルム
  • カメラ・センサーライト設置
  • 壁や植栽の設置
  • セキュリティ会社との連携

これらを実行することで、勝手口からの侵入を防げます。

さらに、リフォームで防犯性能を向上させるポイントも解説します。自治体の防犯補助金制度を利用する方法など、費用対効果の高い対策をご紹介します。最後に、防犯対策が不可欠な理由や成功事例を紹介し、あなたの生活を安心・安全なものに変えるためのヒントを提供します。

鍵の交換のことならお電話下さい。電話番号:0120-669-110番。

勝手口の防犯対策6選!自宅への泥棒侵入を防ぐ方法

ガイド

自宅への泥棒侵入を防ぐための勝手口の防犯対策を6つ紹介します。これらの対策を行うことで、侵入者の侵入を困難にするだけでなく、安心して生活できる家庭環境を提供します。

  1. 鍵の交換:外部からの開錠を困難にするサムターン錠や電子錠に交換しましょう。
  2. ガラスの強化:透明な防犯フィルムを貼ることでガラスの割れにくさを向上させます。
  3. 照明設置:勝手口周辺に明るいライトを設置し、泥棒の侵入を抑止します。
  4. ドアの強化:強化ガラスや断熱材を使ったドアへリフォームし、侵入を困難にします。
  5. センサーカメラ設置:勝手口に侵入しようとする人物を検知し、アラートを発するカメラを設置します。
  6. 鍵のダブルロック:鍵を2重にかけることで、重ねがけされたり、ピッキングされにくくなります。

これらの対策を実施し、家庭の安全と安心を守りましょう。

侵入されやすい勝手口の特徴とは?

侵入されやすい勝手口の特徴を把握することで、泥棒の侵入を回避することができます。主な特徴は以下の通りです。

  • 見通しの悪い場所:勝手口が家の外から見えにくい場所にある場合、泥棒が侵入しやすいとされます。
  • 鍵が簡単に開けられる:老朽化した錠や一般的な錠の場合、泥棒によって簡単に開錠される可能性があります。
  • ガラスが割れやすい:薄いガラスや簡易的な窓枠の場合、泥棒が容易にガラスを割って侵入できます。
  • 外部からのアクセスが容易:勝手口に隣接する塀や建物があり、侵入者が容易にアクセスできる場合も危険です。

これらの特徴を改善することで、勝手口からの侵入を防ぐことができます。

鍵の交換・取り付けで、勝手口からの侵入を防止!

鍵の交換・取り付けによって、勝手口からの侵入を防止することができます。以下の種類の鍵がおすすめです。

  1. サムターン錠
    内側から手で簡単に施錠・解錠できるため、万が一の場合でも素早く対処できます。また、外部からのピッキングにも強いとされています。
  2. ディンプルキー
    特殊な形状のキーで、一般的なシリンダー錠よりも開錠が困難です。
  3. 電子錠
    暗証番号や指紋認証で解錠するため、物理的なキーを持たなくても安全に施錠・解錠ができます。

鍵の交換・取り付けは、専門のリフォーム会社や鍵屋に依頼することで、確実に行うことができます。また、自治体の補助金制度を利用すれば、リフォーム費用の一部を補助してもらえる可能性もあります。自宅の勝手口のセキュリティを強化し、安心の生活を送りましょう。

窓ガラスの強化や防犯フィルムで、侵入リスクを低減!

窓ガラスの強化と防犯フィルムの利用は侵入リスクを低減する効果的な方法です。理由は、丈夫なガラスやフィルムが窓を割ることを難しくするため、空き巣や侵入者にとって簡単に突破しにくくなるからです。

具体的な取り組みとしては、強化ガラスの設置や防犯フィルムを貼ることが挙げられます。強化ガラスは一般的なガラスよりも割れにくく、破片が飛散しにくい特性があります。一方、防犯フィルムは既存の窓ガラスに貼るだけで破片の飛散を防ぎ、窓を割るのにかかる時間を長くすることができます。

住宅リフォーム会社やガラス交換サービスがこれらの対策を提供しているので、自宅の窓の状況に応じて選択すると良いでしょう。また、自治体によっては補助金制度がある場合もあるため、確認しておくのがおすすめです。

結論として、窓ガラスの強化や防犯フィルムは手軽で効果的な防犯対策となります。

カメラやセンサーライトで、家を見守る安心安全な防犯対策

カメラやセンサーライトの設置は家を見守り、安心安全な環境を提供する防犯対策です。理由は、カメラが不審者の動向を監視し、センサーライトが周囲を明るくすることで侵入者を抑止するからです。

具体的な対策としては、監視カメラの設置とセンサーライトの取り付けが挙げられます。監視カメラは設置場所や機能に応じて多くの種類があり、録画機能や遠隔操作が可能なものもあります。また、センサーライトは人や動物が近づくと自動で点灯するので、不審者に対して警戒感を持たせることができます。

これらの対策は専門業者や家電量販店で購入・取り付けが可能であり、価格や機能を比較検討することが重要です。また、スマートホーム対応の製品も増えており、スマートフォンでの操作が容易になっています。

結論として、カメラやセンサーライトは家を見守る効果的な防犯対策と言えるでしょう。

勝手口の隣に壁や植栽を設置して、人目に付きにくくする

勝手口の隣に壁や植栽を設置することで、人目に付きにくい環境を作り出し、侵入者のリスクを軽減することができます。具体的には、勝手口周辺に壁を建てるか、植栽を植えて視界を遮ることで、第三者が容易に家の中を覗くことが難しくなります。

この対策は、家のデザインや庭のレイアウトにも影響するため、リフォームや新築時の設計段階で検討すると良いでしょう。場合によっては、専門家に相談して最適な配置や工事を行うことが望ましいです。

結論として、壁や植栽の設置は視界を遮り侵入リスクを下げる効果的な手段です。

セキュリティ会社と連携し、最適な防犯対策を実現!

セキュリティ会社と連携することで、住宅や店舗に最適な防犯対策を実現できます。具体例としては、監視カメラやセンサーライトの設置、窓やドアの鍵・ガラスの交換、侵入防止機能の強化など。リフォームの際には、確認すべきポイントがいくつかあります。

まず、現在の防犯性能をチェックし、不安がある場合は会社に相談しましょう。次に、導入する防犯システムの効果や価格を比較し、予算を考慮して選択します。また、補助金制度を利用できる場合もありますので、確認が必要です。

最後に、施工業者を選定しましょう。実績や評判をリサーチし、信頼できる会社に依頼します。こうした取り組みにより、安心と安全な生活を送ることが可能になります。

勝手口リフォームで防犯性能を向上させるポイント

ポイント

勝手口リフォームで防犯性能を向上させるポイントは以下の通りです。

  • ドアの材質を考慮し、強化ガラスやアルミ製、特殊断熱材などの耐久性のある素材を選ぶ
  • 鍵(サムターン)や錠前の交換を行い、最新の防犯技術を採用する
  • 窓ガラスの交換やバールを防止するガードを設置する
  • センサーライトやカメラを設置し、不審者に対する抑止力を高める
  • 環境に適したセキュリティシステムを選択し、適切な場所に設置する

これらのポイントに注意し、リフォームを進めることで、勝手口の防犯性能が向上します。また、住宅のタイプや立地条件、家族構成によって最適な対策が異なるため、専門家やセキュリティ会社と相談し、効果的な計画を立てることが重要です。

最新の鍵・錠前システムにリフォームして、セキュリティ性能を高める

最新の鍵・錠前システムへのリフォームにより、防犯性能が向上し、セキュリティの安心感を高めることが可能です。現在、市場には多様な鍵・錠前システムが存在し、それぞれの性能や機能が異なります。主なものには、以下のようなものがあります。

  • 電子錠や指紋認証システム
  • ドアノブ一体型のダブルロック
  • サムターン付きのシリンダー錠
  • ドアノブ内側に施錠ボタンのあるシステム(サムターン)

リフォームの際には、自分のライフスタイルや生活環境に合ったものを選ぶことが重要です。また、施工業者やセキュリティ会社と連携し、専門的なサポートを受けることで、最適なシステムが選べます。

窓やドアの材質・構造を見直し、破壊されにくい物に交換

窓やドアは家の防犯対策の重要なポイントです。そのため、破壊されにくい材質や構造にリフォームすることが望ましいです。具体的な例としては、ガラス窓を防犯ガラスに交換し、頑丈なドアにリフォームすることが挙げられます。

防犯ガラスは特殊なフィルムが貼られており、破壊されにくいだけでなく、断熱効果も高いです。また、ドアのリフォームでは、アルミ製や鋼製の頑丈なドアを選択するとより効果的です。

さらに、鍵の交換も一緒に行うことが推奨されます。最近の鍵は性能が高く、ピッキングやバールによる侵入を防げる。適切な会社を選ぶことで、工事や商品の価格も抑えられるでしょう。補助金制度も利用されている場合があるため、確認しておきましょう。

玄関と同様の強度を持つ門扉や引き戸を採用して、進入を阻止

進入を阻止するために、玄関と同等の強度を持つ門扉や引き戸を採用すべきです。その理由は、玄関以外からの侵入も防ぐことができるからです。門扉や引き戸の種類には、アルミ製やステンレス製、鋼製など、さまざまなものがあります。

また、最近では、デザイン性の高いものも増えており、防犯対策だけでなく、外観も美しく仕上げることができます。鍵の選択にも注意が必要で、高性能な鍵を選択し、施錠がしやすいものを選ぶと、安心して使用できます。施錠方法も確認し、簡単に解錠できないものを選ぶことが重要です。

また、自分でDIYする場合は、十分な注意を払いながら行うことが大切です。さらに、価格や取り付け費用を検討する際、会社に問い合わせて、総合的な判断を行うことが望ましいです。

防犯カメラや照明を設置し、泥棒が近寄りにくい環境を作る

泥棒が近寄りにくい環境を作るためには、防犯カメラや照明の設置が一つの有効な方法です。防犯カメラは、不審者の侵入や動きを監視し、犯罪を抑止する効果があります。また、照明は、暗い場所に明るさをもたらすことで、泥棒が潜む場所を無くすことができます。

防犯カメラには、屋外用と室内用があり、適切な場所に設置することが大切です。価格や性能の点からも、比較検討し、自分に合ったものを選ぶことが重要です。照明に関しては、玄関や窓周りの暗がりに光を当てることで、泥棒が侵入する隙が減ります。

また、センサーライトなどを活用することで、人や動物が近づくと自動的に点灯し、犯罪を抑止する効果を期待できます。簡単に設置できる商品も多く、住宅や賃貸にも対応しています。最後に、適切な防犯対策を行い、快適で安心な生活を送ることが大切です。

自治体の防犯補助金制度を活用し、リフォーム費用を抑える方法

自治体の防犯補助金制度を活用することで、リフォーム費用を抑えることができます。これは、多くの自治体が防犯対策に取り組む中で、住宅の防犯リフォームに対して補助金を提供しているからです。まず、住んでいる自治体の補助金制度を確認し、対象となるリフォーム内容や金額を把握しましょう。

次に、リフォームを行う会社を選ぶ際には、補助金制度に精通している業者を選ぶことが重要です。また、防犯性能の高い商品をリーズナブルな価格で提供している業者を見つけることも大切です。さらに、自治体の補助金申請書類を作成し、所定の手続きを行い、補助金の交付を受けましょう。

この方法を活用すれば、リフォーム費用を抑えながら、効果的な防犯対策ができるでしょう。

勝手口の防犯対策が不可欠な理由と今後の取り組み

困った顔

勝手口の防犯対策が不可欠なのは、空き巣などの犯罪者が人目につかない場所から侵入しやすいからです。また、勝手口は玄関や窓と比べて防犯対策が薄いことが一般的であり、犯罪者にとって狙いやすいポイントです。そのため、玄関や窓だけでなく、勝手口にもしっかりとした防犯対策を施すことが重要です。

今後の取り組みとしては、以下の点が挙げられます。

  • 鍵の交換や錠の強化
  • ガラスの強化や窓にブラインドやカーテンの設置
  • ドアの開閉を感知するセンサーやカメラの設置
  • 外灯やセンサーライトの設置

これらの対策を取り入れることで、家全体の防犯性能が向上し、安心して生活できる環境を作ることができる。

増え続ける空き巣被害と勝手口を狙う理由

空き巣被害が増え続ける背景には、犯罪者が住宅のセキュリティの隙を突く手口を磨いていることが挙げられます。その中で、勝手口が狙われる理由は、家の外観からは人気の低い場所であることや、防犯対策が十分でないことが多いからです。

こうした状況を踏まえ、住宅の防犯対策には勝手口を含めたトータルな視点が重要です。また、防犯対策を検討する際には、専門家の意見や近隣の情報交換なども活用して、効果的な防犯対策を実施し、安全な住環境を確保することが求められます。

不審者が近づきにくい環境を整える重要性

不審者が近づきにくい環境を整えることは、防犯対策の基本中の基本であり、家や会社、地域の安全を確保する上で非常に重要です。理由は次の通りです。

  • 不審者による侵入のリスク低減
  • 犯罪抑止効果
  • 住民や従業員の安心感向上

具体例としては、照明の設置や草木の整理による視界の確保、窓ガラスの強化、鍵の交換やキングロックの設置などがあります。また、防犯カメラやセンサーライトの利用も効果的です。こうした対策が適切に施されているか確認し、場合によっては専門のリフォーム会社に依頼して改善することが望ましいです。

防犯対策に取り組む地域や企業の成功事例

防犯対策に積極的に取り組んでいる地域や企業の成功事例を紹介します。まず地域では、住民同士の協力による防犯パトロールや防犯カメラ設置の助成金制度が功を奏し、犯罪発生率が大幅に減少するケースがあります。

また、企業では、専用の防犯対策チームを設置し、従業員へのセキュリティ研修を実施することで、内部犯罪や情報漏洩のリスク軽減につながっている事例もあります。これらの事例から学ぶべきポイントは、主体的に防犯対策を実施することの重要性と地域や企業の協力体制が整っているかどうかが鍵となっています。

家族や大切な財産を守るために、今すぐ始めるべき防犯対策

家族や大切な財産を守るために、今すぐ始めるべき防犯対策は次の通りです。

  • 窓やドアの鍵を最新のものに交換し、施錠状態を常に確認
  • 玄関や勝手口にセンサーライトを設置
  • 視界を遮る草木の整理
  • 防犯カメラやセキュリティサービスの導入

これらの対策は、住宅やマンションに限らず、賃貸物件や一般家庭でも簡単に実施することができます。しかし、これだけでは十分な防犯対策とは言えないため、専門家によるアドバイスを受けることが望ましいです。

勝手口防犯対策のまとめとおすすめポイント

勝手口を含めた防犯対策は、家族や財産を守る上で重要であり、環境を整えることで犯罪の抑止にもつながります。おすすめポイントは次の通りです。

  • 鍵の交換と施錠状態の確認
  • センサーライトや防犯カメラの設置
  • 視界を遮る草木の整理
  • 専門家によるアドバイスの受け入れ

これらを踏まえ、ぜひ自分自身や家族の安全を守るために、防犯対策を見直し、適切な対策を講じましょう。なお、鍵猿では鍵での防犯対策が可能です。

勝手口の鍵をハイセキュリティの鍵に交換したり、補助錠を取り付けたりなどで防犯対策をお手伝いいたします。鍵のことで何かお困りのことがあれば、鍵猿までお気軽にご相談ください。

▶ お急ぎの方 ◀

鍵の交換のことならお電話下さい。電話番号:0120-669-110番。

鍵の交換にかかる費用、
施工事例、対応エリアなど

「鍵の交換サービス」
について詳しく見る

鍵トラブル一覧へ戻る

玄関の鍵交換の施工事例

玄関の鍵交換の施工事例一覧を見る

新着の施工事例

施工事例一覧を見る

創業17年の信頼と実績。年間ご依頼10万件以上!経験豊富な鍵まわりのプロが、安心のサービスをご提供いたします。工事&商品保証も1年間無料です
電話番号:0120-669-110番
鍵猿が選ばれる3つの理由
  • 出張見積り無料
  • 年中無休の対応
  • 錠前技師が解決
  • 施工事例の紹介
  • 対応エリア
  • 鍵猿について

解決までの流れ

  1. 問い合わせ
  2. 現場へ出張
  3. お見積り
  4. 作業開始
  5. 解決・お支払
電話番号:0120-669-110番 鍵猿について
メールで問い合わせる