クレジットカード対応 鍵のご相談は0120-669-110

鍵屋鍵猿鍵トラブルトピックトラブルヴェルファイアの鍵が開かないときの原因とは?自分でできる対処法まで

更新日:2020/12/24

ヴェルファイアの鍵が開かないときの原因とは?自分でできる対処法まで

ヴェルファイアの鍵が開かないときの原因とは?自分でできる対処法まで
鍵のトラブル解決は鍵屋鍵猿

トヨタの「ヴェルファイア」は全体的に高性能な車です。

しかし、いくら高性能とはいえ完璧ではないので、突然のトラブルで鍵が開かなくなったという経験をした所有者も中にはいらっしゃるでしょう。
そのようなときでも、原因や対処法さえ知っていれば、慌てず行動ができます。

本記事では、トヨタ「ヴェルファイア」の鍵が開かない場合の対処法や原因などについて詳しく解説します。

ヴェルファイアの鍵が開かないときの原因は?

開かない原因

ヴェルファイヤではほとんどの車種で、スマートキーと呼ばれる鍵が採用されています。

スマートキーで鍵が開かない原因として最も多いのは電池切れです。
スマートキーは電波を飛ばして自動車に搭載しているコンピューターへ認証を実行しますが、その際にスマートキーのランプが光らなければ電池が残っていない可能性が高いです。

電池切れ以外にも、半ドアやスマートフォンによる電波障害の影響でスマートキーが上手く動かないケースもあります。
しっかりドアを閉めたつもりでも、意外と閉まっていない半ドアの状態になることがあるので注意してください。車種によってはブザーで知らせてもらえますが、ブザーが鳴らない車も少なくありません。

スマートフォンは強い電波を出しているため、スマートキーと一緒のカバンに入れているような場合は、距離を少し離してみましょう。
スマートフォンだけでなく車の近くにテレビ塔など強い電波を持っている建物があるときも、スマートキーの動作がおかしくなる恐れがあります。こういった誤動作は減ってはきているものの相性次第では発生するかもしれません。

バッテリーが上がり、電圧が低くなり過ぎたときもスマートキーからの電波は受け取りにくくなるでしょう。
バッテリーが切れているときには、ブースターケーブルを使い他の車から電力を分けてもらう対処法があります。ブースターケーブルとは他の車から電力を供給してもらうためのケーブルを指します。救援してくれる車が周囲にいるのであれば、ブースターケーブルを繋いだ状態でエンジンをかけ、電力を得られます。

近くに車がいない状況でも、ジャンプスターターがあれば単独でバッテリーを復旧することが可能です。
ジャンプスターターはタイプがいろいろとありますので、自分の車種にあったものをあらかじめ用意しておきましょう。
バッテリーが上がるのは日常的に起きやすいトラブルですので対策はあらかじめ用意しておくのが理想です。

その他にも、スマートキーをぶつけたり、落としたりしたことが原因で、スマートキー自体が物理的に故障しているパターンもあります。
スマートキーは大きな衝撃に耐えられるほど頑丈にはできていないので扱いには気をつけましょう。

また、スマートキー内部の基板は水に弱い点も留意しておいてください。外側にできたヒビから水分が入ってしまうと故障へと繋がります。機械部分で故障が発生すると自分で修理するのは諦めた方が無難です。知識がない人が無理に修理しようとすると、状態がより悪化してしまいますのでメーカーや専門業者にまかせるようにしましょう。

そもそもスマートキーってどんなものなの?

スマートキーとは

ヴェルファイアはスマートキーという鍵が採用されている車種が多いですが、そもそもスマートキーがどのようなものなのかよくわからない人もいるでしょう。

スマートキーの仕組みを理解することは重要ですので、この段落ではスマートキーの詳細について解説していきます。

スマートキーの概要

スマートキーとはポケットやカバンに入れたまま車のドアを施錠解錠したり、エンジンのオン・オフを制御したりできる鍵です。

スマートキーが車内にありさえすればエンジンのオン・オフができるため、とても使い勝手が良いといえるでしょう。
大きな荷物を抱えながらでもドアを開けやすいですし、鍵が付近にあれば車を走らせられる機能を持っているので、従来のように鍵を差し込んで回すことなくスタートボタンを押すだけでエンジンがかかります。

スマートキーの仕組み

車とスマートキーは、双方向で電波を飛ばし合い通信するのが基本です。
車側の発信機は常に微弱な電波を周囲に流しています。電波が微弱な理由は、離れているときに間違ってドアを開けてしまわないためです。車に相当近寄らなくては反応しないようになっています。
この電波でスマートキーを探索し、そのスマートキーを持っている人が近づけばスマートキー側で反応します。
スマートキーの反応を車側が受け取り、照合ができればドアノブを握ることでドアが開く仕組みです。

スマートキーとキーレスキーとの違い

スマートキーと少し似た仕組みをもつ鍵としてキーレスキーがあげられます。
同じようなものと考えてしまっている人も少なくありませんので、両者の違いを明確にしておきましょう。

キーレスキーの表面には解錠・施錠するためのボタンがついており、このボタンを押すことで離れた場所からドアの開け閉めを行います。スマートキーにもボタン操作機能はついていますが、ボタンを押さなくてもキーを持った状態でドアノブに触れるとドアが開きます

エンジンのかけ方も違います。キーレスキーはドアの解錠・施錠はボタン操作で行いますが、エンジンの起動は鍵穴にキーを差し込み回さなくてはなりません。
スマートキーは車内に鍵を置いておけば、スタートボタンを押すだけでエンジンがかかります

キーレスキーはテレビのリモコンのような性質を持っており、ドアの開け閉めはボタン操作で可能です。ただエンジンをかける際には従来の鍵と同様、鍵穴に鍵を差し込み回す必要があることを覚えておいてください。

自分でできる!ヴェルファイアの鍵の電池交換

電池の交換方法

ヴェルファイアの鍵の電池交換は難しくないので自分でやってみても良いでしょう。電池はなくなってしまう前に早めに交換するのがおすすめです。

まず、スマートキーやキーレスキーにあるメカニカルキーを抜くためのボタンを押してください。
物理キーを抜き取ったら、その先端をスマートキーやキーレスキーの差し込み穴にはめてひねります。すると本体が二分しますので、その中にあるボタン電池を細いドライバーなどで丁寧に外し、新しいボタン電池を入れましょう。
ボタン電池はコンビニなどで、数百円程度で購入可能です。電池を入れ終わったら元通りに戻します。

最初は電池の裏表を間違えるなど手間取る場合もあるかもしれませんが、慣れてくれば5分もかからない作業となります。

「開かない!」を事前に防ぐために

事前にできること

「ヴェルファイアの鍵が開かない」という事態にならないためには、対策を取る必要があります。

この段落では、ヴェルファイアのドアが開かなくなるトラブルを事前に防ぐ方法について解説します。

電池を定期的に交換する

スマートキーの電池の寿命はだいたい1~2年といわれています。
ただし、スマホの電波障害などの影響で、想定より早く切れる可能性は考慮しておいた方が良いでしょう。

スマートキーの電池が少なくなってくるとサインがでることが多いです。キーランプが点灯しなくなったり、作動範囲が狭くなったときは注意が必要です。

施解錠ができたり、できなかったりといった不安定な動作に陥ることも電池不足が原因と考えられますので、こういった動作をしていないか日頃からチェックするようにしましょう。

電池残量がよくわからなければ1年ごとに交換すると安心です。

鍵の保管場所に注意する

スマートキーは強い電磁波を放つ電気機器のそばに置いておくと電力を余分に消費しやすくなります。保管場所は電気機器が近くにない場所を選ぶのがポイントです。パソコンや携帯電話から最低でも1メートル以上は距離を空けておきましょう。

また置き場所をコロコロと変えてしまうと紛失の原因に繋がりますので、できるだけ特定の場所に決めておくのも大切です。
スマートキーは作成の料金が高額ですので管理は徹底してください。

プロに依頼!鍵業者に依頼する場合のヴェルファイアの鍵開け費用

鍵開けの費用

鍵業者にヴェルファイアの鍵開けを依頼した際、費用などはどの程度かかるのでしょうか。

ヴェルファイアは防犯性に優れた車種ですので、他の車よりも作業時間がかかる可能性は否定できません。
事前の電話連絡でヴェルファイアの年式や車種などを伝えておけば必要な機材などを準備できるので、早急に鍵を開けたいときは必要事項を的確に伝えることが重要になってきます。

鍵開けの相場はだいたい8000円~1万円で、鍵業者によっては出張費が別途かかるケースもあります。

ヴェルファイアのスマートキーはイモビライザーが搭載されていることが多く、複製は難しいと考えましょう。
イモビライザーは防犯性、利便性、両方の面で優れていますが、鍵をなくしたときにはそれが仇となります。通常の鍵とは異なり、新規登録や書き換えもしなくてはなりません。この作業は平均5万~8万円の費用がかかります。
新しい車種であるほど、ヴェルファイアの防犯性は高くなり鍵屋によっては対応不可になるケースもあります。

対応時間は1~2時間程度でしょう。電話で問い合わせを行った際、まずは対応可能かどうかを確認することが大切です。

JAFなどのロードサービスに鍵開けを依頼するのもひとつの手段です。
ただロードサービスの業務は多岐に渡り、常に忙しい状況です。特に休日や長期期間中にロードサービスを呼んだとしてもなかなか来てもらえない状況が想定されます。

できるだけ早く鍵を開けたいのであれば鍵屋に依頼するのが良い方法です。

鍵開けから鍵作成まで依頼することができるプロに相談を!

車を日常的に使う人からすると車のトラブルは早急に解決し、すぐに動かしたいと思うことがほとんどです。

鍵屋は開錠や新たな鍵の作成などが可能です。
各トラブルが起きたときにスピーディーな対応を行いますので安心してご依頼ください。

鍵猿」は出張無料夜間も対応可能です。

車の鍵開けや鍵作成で困ったときは「鍵猿」にご連絡ください。

鍵のトラブル解決は鍵屋鍵猿

鍵トラブル一覧へ戻る

電話番号:0120-669-110番
鍵猿が選ばれる3つの理由
  • 出張見積り無料
  • 年中無休の対応
  • 錠前技師が解決

解決までの流れ

  1. 問い合わせ
  2. 現場へ出張
  3. お見積り
  4. 作業開始
  5. 解決・お支払
田口季良

田口季良(たぐちのりよし)SLS株式会社 マネージャー

「すごわざ鍵開け達人」として関西・関東のテレビに出演。鍵の職人としてのキャリアは12年。 現在は鍵のエキスパート集団を束ねるマネージャーでもあり、鍵の豊富な知識のほか、親切丁寧な鍵の防犯アドバイスにも定評がある。 暮らしの中で起きる鍵のトラブルを日々解決、技術向上にひたむきに取り組んでいます。

電話番号:0120-669-110番