クレジットカード対応 鍵のご相談は0120-669-110

鍵屋鍵猿鍵トラブルトピックその他安否確認に警察の立ち会いは必要?安否確認でよくある5つの疑問を徹底解説

更新日:2022/03/14

安否確認に警察の立ち会いは必要?安否確認でよくある5つの疑問を徹底解説

安否確認に警察の立ち会いは必要?安否確認でよくある5つの疑問を徹底解説
鍵のトラブル解決は鍵屋鍵猿

一人暮らしの家族や友人と突然連絡がつかなくなり、心配になったことはありませんか? 持病や障害がある、高齢であるなどの理由で、家のなかで倒れている可能性を考えると、無事でいるのか居ても立っても居られなくなりますよね。
このような場合、家族や親族の一員として対象者の「安否確認」をすることがあります。ただ、安否確認といっても、どんな流れでどんなことをすればよいのかわからない、という方も多いのではないでしょうか。
今回は、安否確認に関して抱きやすい5つの疑問を通じて、どんなことが行われるのか、必要な手続きなどはあるか、解説していきます。

【疑問1】「安否確認」とは具体的に何をする?

無事であるかどうかを確認すること

一般的にこの「安否確認」という言葉には大きくわけて2つの意味合いがあります。ひとつは、地震などの甚大な災害発生時に自治体・企業などが住民や社員を対象に行う確認を差し、もうひとつは先述したような、家族・親族あるいは友人などによる個人対象の確認を差します。
この記事では、主に後者の意味合い、とくに「一人暮らしの人と急に連絡がとれなくなった場合の安否確認」について解説していくわけですが、この場合、まず対象者が住んでいる家まで出向いて行き、室外から声をかけて在宅確認を行う、というのが最初のステップになります。対象の人物が在宅していて、面会さえできれば問題解決することが殆どですが、何度訪問しても、何度手紙などを残していっても連絡がとれない場合は、玄関の鍵を開けて住居内を確認することになります。

安否確認に至るケースでは、やはり離れて暮らす家族との連絡がとれない、という家族・親族からの要請や、賃貸物件の入居者が家賃を滞納し電話にも応答しない、といった背景が多く見受けられます。また、近隣住人から「異臭がする」などといったクレームが発生した場合、管理人や管理会社などは鍵を開けて確認せざるを得ません。
プロセスとしては最後の最後に「鍵を開けて確認をとる」わけですが、「安否確認」と言うとこの最後のプロセスだけが注目されがちなのも事実です。

【疑問2】安否確認は誰が行う?

家族などが訪問

安否確認は誰か特定の人がしなくてはならないのか、疑問に思う人もおられるかもしれませんが、誰が安否確認を行うのかについて特定の決まりはありません。多くの場合、やはり安否が問われている人の家族や親族或いは友人が住まいまで訪ねて行って様子を窺います。
その他には、対象者が遠方で暮らしている場合は対象者が暮らす地域の民生委員(役所を経由した依頼があることも)や警察、集合住宅であれば管理人など、職務上、在宅確認ができる、あるいは見回りができる立場にある人も、確認に行くことがあります。
もし対象者が賃貸住宅で暮らしている場合は、管理会社に在宅確認を依頼できますし、物件のオーナーのためにも管理会社の担当者が確認に行くことが多々あります。親族や家族以外では、貸物件を管理する大家や対象者の勤務先などから安否確認の依頼があったり、実際に誰かが安否確認に行く、といったことがあります。

ただし、よほど緊急性が高くない限り、玄関を解錠し、住居に立ち入っての確認までは行われないことが殆どです。

【疑問3】安否確認に警察の立ち会いは必要?

安否確認を行うにあたり、警察の立ち会いは必須なのか疑問を持つ人もいるでしょう。結論から言うと、警察の立ち会は必須ではありません。特に通常の在宅確認に関しては誰が確認しに行っても問題が起こることは少ないでしょう。しかし、個人が勝手に鍵を開けて住居に立ち入っての安否確認を行うと、思わぬトラブルにつながりかねません。具体的にどのようなトラブルが発生する可能性があるのか、警察の協力を頼むほうが良い理由と、起こり得るトラブルの種類について見ていきましょう。

立ち会いがないと「第一発見者」になってしまう

警察に立ち会いを依頼したほうが良い最大の理由は、「第一発見者」になってしまうリスクです。対象者が一人暮らしで急に連絡が取れなくなった場合、思わぬ病気や事故などによって、室内で亡くなっている可能性も考えられます。警察の立ち会いなしで自己判断で安否確認を行うために立ち入った住居で対象者が亡くなっていた場合、あなたが第一発見者になってしまうのです。すると、そのあと警察での聴取などが必要になり、多大な手間と時間がかかってしまいます。警察に相談して立ち会いを依頼し、最初に対象者の室内に入ってもらえば、自分が第一発見者になるリスクを回避できます。

鍵を開けて立ち入る際の立ち会いは警察に

立ち会いがないと居住者とのトラブルに発展する可能性がある

たとえば、安否確認として管理会社などに連絡し、部屋の契約者以外が合鍵を使って部屋に入ったとしましょう。そのとき入居者が室内にいて鉢合わせした場合、不法侵入だと訴えられてしまう可能性があります。場合によっては、損害賠償請求などの金銭的なトラブルに発展するリスクもあります。それ以外にも、対象者が家を留守にしていた場合、あとから「部屋の私物がなくなっている」、「家具が壊れている」など、言いがかりをつけられる可能性もあります。

警察の立ち会いがあれば、なんでも合法になるというわけではありません。しかし、警察がいることで対象者を納得させて落ち着かせたり、室内の私物や家具などに手をつけていないという証人になってもらったりすることができます。誤解やトラブルを防ぐためにも、警察の立ち会いは必要なのです。

【疑問4】部屋の鍵はどうやって開ける?

安否確認を実施する際、家の鍵がかかっていると部屋の中へ入ることができません。そのような場合は、どうやって鍵を開けたら良いのでしょうか。

合鍵を使用する

家族などが合鍵を所持している場合は、それを使って対象者の玄関の鍵を開けることができます。こうした万が一の事態に備えて、家族が合鍵を準備しておくことも一案です。ただし、合鍵があるからといって、警察の立ち会いがないまま勝手に部屋に入ると、上述したような対象者とのトラブルに発展する可能性があるため注意が必要です。家族などが合鍵を持っておらず、対象者の家が賃貸の場合は、管理会社や大家さんなどから借りられる場合もあります。

緊急性が高い安否確認の際に合鍵がない、探しても見つからないという場合は、鍵が開いている「場所」を探してみる、という手もあります。特に戸建ての場合は窓の鍵が開いたままになっていることが少なくありません。1階などであれば窓から部屋に入れることもあるため、鍵の状態を確認してみましょう。

どうやって鍵を開けるか

鍵屋に鍵開けを依頼する

合鍵がなかったり、玄関のドアにチェーンがかかったりしている場合は、鍵屋に鍵開けを依頼するのが無難です。ただし、鍵屋に鍵開けを依頼する場合はいくつか注意点があります。依頼時の注意点や鍵屋選びのポイントを見ていきましょう。

鍵屋に依頼する際の注意点

鍵屋には、まず安否確認のための依頼であることを最初に断っておく必要があります。鍵屋は基本的に警察の立ち会いがない場合や、依頼者と安否確認の対象者との関係を確認できない場合は、作業を始めません。安否確認のための鍵開けには、書類確認などの準備が必要になります。安否確認のための開錠要請であることを伝えないまま依頼すると、現場で断られてしまうことがあるため注意しましょう。

また、鍵開けの費用は依頼者の負担となります。管理会社や家族など、誰が鍵開けの費用を支払うのかあらかじめ決めておきましょう。特に緊急性が高い場合は、解錠ではなく破綻することもあり、より費用がかかる可能性があることを念頭に置きましょう。

鍵屋選びのポイント

鍵屋のなかには大まかな見積もりだけで作業を始め、作業後に高額請求を行う、悪質な業者もいます。大事なときにこのような業者を選ばないためにも、鍵屋を見極める必要があります。最もわかりやすいポイントは料金体系です。依頼前に料金を明確に提示しているかどうか確認して下さい。特に、料金にどのような作業が含まれているかをチェックすることがポイントです。たとえば、カギ修理費用6,000円には出張費や作業費などが含まれているのか、キャンセルの際に料金は発生するのかなど、事前に確認できない業者には依頼すべきではないでしょう。更にホームページで実際の作業例を見られるかどうか、アフターフォローや補償の有無を確認しておくことがおすすめです。

【疑問5】安否確認はどのように進める?

それでは、実際の安否確認はどのような流れで行われるのでしょうか。安否確認の基本的な流れと手順について見ていきましょう。

安否確認の流れ

安否確認対象者の自宅へ行って声をかける

安否確認の基本的な流れとして、まず対象者の自宅へ行って声かけを行います。チャイムを鳴らす、ドアをノックするなどの行動とあわせて、安否確認をしに来た旨を伝えましょう。対象者の家がオートロック式の場合、自宅の前まで行けないため、管理会社や管理人などに説明して協力してもらう必要があります。なお、安否確認を行う際に、意外と「対象者が居留守を使っていた」というケースも多くみられます。自宅前で「安否確認のため鍵を開けますよ」と声をかけると、慌てて応答する場合があるため様子を見てみましょう。

警察に相談して安否確認の立ち会いを依頼する

対象者の自宅で声かけをしても反応がない場合、警察に連絡して安否確認の立ち会いを依頼します。また、緊急性が高いと判断した場合は、初めから警察へ依頼しても問題ありません。最寄りの交番もしくは警察署などに依頼するか、警察相談専用電話「#9110」に連絡しても良いでしょう。原則として警察は民事不介入ではありますが、人命に関わるような安否確認には立ち会ってもらえます。ただし、警察に依頼する際は、依頼者の本人確認および安否確認対象者との関係の確認などが行われます。きちんと証明書類などを準備したうえで依頼しましょう。

鍵を開けて室内を確認する

合鍵や鍵屋への依頼など任意の方法で鍵を開けたら、万が一の事態に備えて、まず警察官に入ってもらいましょう。対象者が住居内にいた場合はそのまま対応、留守の場合は目につくところに安否確認に入ったことを記載した張り紙や手紙などを残しておきます。そして退出するときは施錠を忘れずにしっかりと行いましょう。もしも対象者が倒れていた場合は、警察がそのまま対応します。警察の指示に従って動くようにしましょう。

安否確認の方法・注意点を理解して迅速に対応しよう!

家族や入居者などと突然連絡がとれなくなったら誰しも、焦ってしまうものです。なかには迅速な安否確認が必要になるケースもありますが、落ち着いて安否確認の流れを思い出して下さい。合鍵がない場合でも、鍵屋に依頼すれば鍵穴から合鍵作製が可能ですし、万一の緊急時には破壊開錠という方法もあります。我々鍵屋の鍵猿でも安否確認のために錠前技師たちがご協力させて頂いています。もしお困りのことがございましたら、ぜひご相談下さい。

鍵のトラブル解決は鍵屋鍵猿

鍵トラブル一覧へ戻る

鍵交換・鍵修理など年間約48,000件を解決駆け付けスピードNo.1

電話番号:0120-669-110番
鍵猿が選ばれる3つの理由
  • 出張見積り無料
  • 年中無休の対応
  • 錠前技師が解決

解決までの流れ

  1. 問い合わせ
  2. 現場へ出張
  3. お見積り
  4. 作業開始
  5. 解決・お支払
田口季良

田口季良(たぐちのりよし)SLS株式会社 マネージャー

「すごわざ鍵開け達人」として関西・関東のテレビに出演。鍵の職人としてのキャリアは12年。 現在は鍵のエキスパート集団を束ねるマネージャーでもあり、鍵の豊富な知識のほか、親切丁寧な鍵の防犯アドバイスにも定評がある。 暮らしの中で起きる鍵のトラブルを日々解決、技術向上にひたむきに取り組んでいます。

電話番号:0120-669-110番