鍵屋鍵猿鍵トラブルトピックその他狙われない家に!空き巣の下見のサインと防犯術を解説

更新日:2024/02/13

狙われない家に!空き巣の下見のサインと防犯術を解説

狙われない家に!空き巣の下見のサインと防犯術を解説

この記事でわかること

・空き巣が下見に訪れる時間帯
・果的な防犯対策
・空き巣の下見があった場合の緊急対応と相談窓口

記事監修者

田口季良(たぐちのりよし)
田口季良(たぐちのりよし)SLS株式会社 マネージャー

「すごわざ鍵開け達人」として関西・関東のテレビに出演。鍵職人としてのキャリアは12年、現在はエキスパート集団を束ねるマネージャー。親切丁寧な防犯アドバイスにも定評がある。

家を狙われないように知っておくべき空き巣の下見について、本記事ではそのサインと防犯術を解説します。空き巣は侵入前に下見を行い、狙われやすい特徴や住宅タイプ別の違い、玄関や窓のセキュリティ対策の不備などを探っています。

また、空き巣が下見に訪れる夜中の時間帯を知り、効果的な防犯対策を徹底することで家族を守りましょう。その方法として、鍵の交換、窓ガラスの補強、防犯カメラの設置、地域の警察と連携することの重要性などを紹介します。

空き巣の下見があった場合の緊急対応や相談窓口、情報共有方法なども解説。これらのポイントを押さえ、安心な暮らしを実現させましょう。

鍵の交換のことならお電話下さい。電話番号:0120-669-110番。

空き巣が下見をしてから侵入!狙われやすい家の特徴

不審者

空き巣は下見を行い、狙いやすい家を見つけるため、家の特徴が重要です。空き巣が狙いやすい家は、以下のような特徴があげられます。

  • 防犯対策が不十分で侵入が容易
  • 窓から家の中が見えやすい
  • 被害に気づかれにくい状況

これらの家は、空き巣にとって魅力的なターゲットになります。対策として、防犯カメラの設置や窓ガラスのフィルム貼り、住宅周辺の明るさ確保などが有効です。

また、近所付き合いを活発化させることで、互いに見守り合えます。空き巣被害を防ぐために、住宅や周辺環境のセキュリティ対策を見直し、安全な生活を送りましょう。

住宅タイプ別:戸建てとマンションでの違い

戸建てとマンションでは、狙われやすさに違いがあります。戸建ての場合、他の家との距離が離れていることから、空き巣に侵入されやすいです。

一方、マンションでは、入り口が共用部分で管理されており、他の住人やセキュリティカメラがあることで、空き巣が躊躇することがあります。

しかし、どちらの住宅タイプでも、防犯対策は必要です。戸建てでは、庭や塀を利用した防犯対策が重要です。マンションでは、インターホンやドアロックなどの設備をチェックしましょう。

玄関や窓のセキュリティ対策が不十分な家

空き巣は、玄関や窓などのセキュリティ対策が不十分な家を狙います。玄関は、防犯性能の高い錠前を選び、窓には鍵を付けておくことが大切です。

また、ガラスには防犯フィルムを貼ることで、割れにくくし侵入を防ぐ効果があります。さらに、照明やセキュリティカメラの設置も効果的です。

家のセキュリティ対策を見直して、空き巣被害を未然に防ぎましょう。

周辺環境や家族構成が影響する注意点

周辺環境や家族構成も、空き巣被害に影響します。例えば、人通りが少ない場所や、身近な人に知られにくい立地は、空き巣にとって好都合です。

また、一人暮らしや高齢者世帯などは、空き巣に狙われやすいとされます。対策として、近隣住民とのコミュニケーションを大切にし、家の留守中にお互いに見守りましょう。

地域全体で防犯意識を高めることが、空き巣被害を減らす一つの方法です。

空き巣が下見に訪れる夜中の時間帯を知って防犯対策を徹底

空き巣犯は夜中の住宅街を狙うことが多く、特に深夜から明け方にかけて下見が行われることが多いです。この時間帯に家を狙われる理由は、住人が寝ていることがほとんどで、侵入が発覚しにくいためです。また、周囲の人通りも少なくなるため、犯罪者にとって好都合な状況となります。

対策としては、まず玄関や窓に防犯カメラの設置を検討しましょう。これにより、不審者の姿を捉えることができます。また、防犯カメラの存在自体が犯罪抑止効果があると言われています。次に、不在時や夜間の照明を工夫しましょう。タイマーでランダムに照明を点けたり消したりすることで、在宅中に見せかけることができます。

その他、地域で防犯パトロールを実施したり、防犯意識の高い住人同士で情報交換することも大切です。このような対策を住宅全体で徹底することが、空き巣被害を未然に防ぐカギとなります。

夜中に多い下見の時間帯と手口の傾向

夜中に下見が行われる時間帯は、主に23時から5時までとされています。具体的な手口としては、住宅の鍵や窓の様子を確認したり、隣近所の様子を窺ったりします。また、簡単に破られないガラスや鍵を使っているかどうかチェックし、侵入しやすい家を絞り込むことがあります。

対策としては、補助錠を追加したり、窓ガラスには割れにくいフィルムを貼ることをおすすめします。外出時には、ポストや郵便受けに投函物を溜めこまないようにすることも重要です。これらの対策を日常的に行い、犯罪者から見て手間のかかる家として認識させることが重要です。

マーキングや痕跡を確認する方法

マーキングは、空き巣犯が下見の結果を共有するために行うことがあります。これらのマーキングをチェックし、素早い対応が必要です。具体的には、玄関ドアやポスト周辺、塀などに貼られたシールやテープを探しましょう。また、重要な場所に小さなキズや線、数字、記号を確認することも大切です。

確認方法としては、定期的に家の周囲をチェックし、不審なマーキングや痕跡がないか確認します。見つけた場合は速やかに取り除き、警察に相談しましょう。これにより、犯罪者の標的から外れる可能性が高まります。

隣人との連携で近所の不審な動きをチェック

隣人との連携は防犯対策に非常に有効です。犯罪者は孤立した家を狙うため、近所とのコミュニケーションが不審者の動きを察知しやすくなります。具体的には、隣人同士で電話番号や緊急連絡先を交換し、留守中にお互いの家を見守り合うことが効果的です。

また、地域の防犯活動に参加することで、地域全体で防犯対策が強化されるだけでなく、犯罪者による下見も抑制することができます。互いに助け合い、安心できる地域を作ることが大切です。

効果的な防犯対策で家族を守る方法一覧

対策

家族を守るための効果的な防犯対策について紹介します。まず、玄関や窓にある鍵の強化が重要です。

また、窓のガラスを補強したり、センサーライトを設置することで、犯罪者から住居を守ることができます。さらに、地域の警察や防犯協力会社と連携することで、安心な暮らしを実現できます。

  • 鍵・錠前の交換で侵入を困難に
  • 窓ガラスの補強でガラス破りの防犯力をアップ
  • セキュリティカメラの設置で不審者の確認が容易に
  • センサーライトで暗闇を照らして犯罪者からの警戒心を高める
  • 地域の警察や防犯協力会社と連携して住民同士で防犯意識を高める

これらの対策を実践することで、効果的に家族を守ることができます。

鍵・錠前の交換や窓ガラス補強で侵入を困難に

鍵や錠前の交換は防犯対策の基本です。玄関や窓の鍵は、ピッキングやバンピングに対応した高性能なものに交換しましょう。

また、窓ガラスの補強は、ガラス破りの手口を難しくするだけでなく、ガラスが割れにくいことで犯罪者を威嚇します。

これらの対策は、素早く犯行を遂行したい犯罪者にとっては時間のロスとなり、家を狙いにくくなるため効果的です。

防犯カメラやセンサーライトの設置とその効果

防犯カメラは、侵入者の顔や姿を捉えることができ、犯行の証拠や警察への情報提供に役立ちます。また、カメラの存在が見える位置に設置することで、犯罪者に「見られている」というプレッシャーを与えることができます。

センサーライトは、不審者が接近した際に自動で点灯し、犯罪者の警戒心を高める効果があります。これらの設備は、犯罪の抑止効果が期待できるため、積極的に利用しましょう。

地域の警察や防犯協力会社と連携する重要性

地域の警察や防犯協力会社と連携することは、効果的な防犯対策の一つです。警察との連携により、犯罪発生の情報を素早く入手でき、予防策を講じることができます。

また、防犯協力会社との連携によって、最新の防犯情報や対策を導入できるため、家族を守る環境を整えやすくなります。住民同士で情報共有し、互いの家や周辺環境に気を配ることで、地域全体の防犯力を高めることができます。

空き巣の下見があった場合の緊急対応と相談窓口

連絡

空き巣の下見があった場合、まず緊急対応として家のセキュリティを強化しましょう。玄関の鍵を交換し、窓には防犯フィルムを貼ることを検討しましょう。また、防犯カメラの設置や、センサーライトの設置も効果的です。さらに、留守時の家の電気を点けたり、車を出した状態にしておくことで、在宅中に見せることも大切です。

空き巣対策を専門とする会社に侵入方法のチェックを依頼することも、有効な解決策の一つです。また、地域の防犯ネットワークや自治体の防犯担当者に相談することで、具体的な対策方法や補助金制度の利用も可能です。

家族や近所への情報共有と対処法の確認

空き巣の下見があった場合、家族や近所の人々に情報を共有し、防犯意識を高めることが重要です。家族同士で対応計画を立て、緊急時の連絡方法や避難方法を確認しましょう。近所の人々との情報交換も大切で、怪しい人物や車両があればお互いに連絡し合う仕組みを作ることが望ましいです。

警察への相談と状況の報告の仕方及びタイミング

怪しい人物や行動が目撃された場合には、すぐに警察に連絡し、状況を詳細に報告します。状況に応じて、警察はパトロールの強化や捜査を行います。また、被害が発生した場合や、犯行が間近に迫っていると感じた場合には、110番通報が適切です。常に警察と連携しながら、地域の防犯活動に協力していくことが大切です。

まとめ:空き巣の下見を見抜いて安心な暮らしを送るポイント

空き巣の下見を見抜くには、周囲の状況に気を配り、怪しい人物や車両に注意することが大切です。また、家のセキュリティ強化や情報共有、警察との連携を行い、地域全体で防犯意識を高めていきましょう。

鍵猿では鍵での防犯対策をお手伝いいたします。高セキュリティの鍵に交換したり、補助錠を取り付けるなどです。その他、様々な鍵トラブルに対応しておりますので、何かお困りのことがあれば、お気軽にお問い合わせください。

▶ お急ぎの方 ◀

鍵の交換のことならお電話下さい。電話番号:0120-669-110番。

鍵の交換にかかる費用、
施工事例、対応エリアなど

「鍵の交換サービス」
について詳しく見る

鍵トラブル一覧へ戻る

玄関の鍵交換の施工事例

玄関の鍵交換の施工事例一覧を見る

新着の施工事例

施工事例一覧を見る

創業17年の信頼と実績。年間ご依頼10万件以上!経験豊富な鍵まわりのプロが、安心のサービスをご提供いたします。工事&商品保証も1年間無料です
電話番号:0120-669-110番
鍵猿が選ばれる3つの理由
  • 出張見積り無料
  • 年中無休の対応
  • 錠前技師が解決
  • 施工事例の紹介
  • 対応エリア
  • 鍵猿について

解決までの流れ

  1. 問い合わせ
  2. 現場へ出張
  3. お見積り
  4. 作業開始
  5. 解決・お支払
電話番号:0120-669-110番 鍵猿について