クレジットカード対応 鍵のご相談は0120-669-110

鍵屋鍵猿鍵トラブルトピックトラブル自転車の鍵をなくした!壊す開け方を試す前の注意点や対処方法

更新日:2021/10/01

自転車の鍵をなくした!壊す開け方を試す前の注意点や対処方法

自転車の鍵をなくした!壊す開け方を試す前の注意点や対処方法
鍵のトラブル解決は鍵屋鍵猿

自転車の鍵をなくした経験はありませんか?
探しても見つからない、家にも帰れないという状況は避けたいですよね。
自転車の鍵は玄関の鍵に比べて小さく、外出先や自宅で紛失しやすい傾向にあります。

今回は、自転車の鍵の種類と、なくした場合の対処法について解説します。

自転車の鍵をなくした!試すべき対処法

鍵をなくした場合、スペアキーがあれば問題なく自転車を使用できます。

しかし、スペアキーは自宅に保管していることがほとんどではないでしょうか。自宅が近くにあるか、知人や家族に依頼してすぐに持ってきてもらえるなら問題ないですが、そうはいかない場合もあります。

自転車をどこかに停めてスペアキーを調達する方法もありますが、駐輪場を長時間利用すると料金がかかってしまいます。近くに駐輪場がない場合もありますし、かといってどこかに放置しておくと放置自転車として回収されてしまう可能性もあります。
なんらかの方法で、自転車を早く使用できるようにしたいところです。

もともとスペアキーがない場合、同じ自転車を再び使用するためにはなんらかの方法で鍵を開けるしかありません。鍵を壊さずに開ける方法と、鍵を壊して開ける方法があります。

ここからは、鍵開けの依頼先やご自身でできる方法について解説します。

交番で鍵を開けてもらう

実は、交番に自転車を持ち込むと無料で鍵を破壊してもらえます。交番や警察署にはボルトカッターやワイヤーカッターが備わっていることが多いからです。

ただし、交番で対応してもらえるのはあくまで破壊のみのため、その後は自分で鍵を購入して取り付けたり、自転車屋に持ち込んだりする必要があります。
また、なくした鍵が交番に届けられている可能性もあるため、破壊してもらう前に確認しておきましょう。
近くに交番があり、とりあえず早く自転車に乗りたい人におすすめです。

交番に持ち込む場合、自転車が自分のものであることを証明する必要があります。
防犯登録のステッカーと、身分証明書の提示を必ず求められます。もし証明できない場合、盗難車ではないか疑われてしまいます。

最近は新車購入時に500円支払って防犯登録を行うのが義務(強制ではない)となっています。自転車購入時は、防犯登録を必ず行いましょう。

自転車屋に持ち込む

自転車屋の場合、鍵を破壊してから交換をすることになるでしょう。作業は確実に行ってもらえます
なかには現地まで駆けつけてくれる自転車屋もありますが、そうでない場合自転車を持ち込む必要があります。

交番同様、依頼する前に自転車の防犯登録がされているかを確認しましょう。防犯登録がされていない場合、対応してもらえないことがあります。

費用も作業代1000円程度+部品代と比較的安価で対応してもらえます。

メーカーに鍵の作製依頼をする

メーカーにスペアキーの作製してもらうのは、確実な方法で費用も安く抑えられます。

メーカーのスペアキーを求める場合は自転車を購入した販売店を通して注文します。直接メーカーに注文することはできないため注意が必要です。

スペアキーの作製にはキー番号が必要です。多くは保証書に印字してあります。そのため、販売店へ行くときには保証書を持参しましょう。

キー番号がわからない場合、スペアキーの作製はできません。錠を破壊して交換にすることになります。

スペアキーを購入すると鍵を壊さずに解錠できるのはもちろん、費用も1000円~2000円と安く抑えられます。しかし、注文から受け取りに数日はかかってしまうため早く自転車に乗りたいときや急いでいるときには向かないでしょう。

鍵屋に依頼して開けてもらう

鍵屋の場合、現地まで駆けつけてもらえるためその場から移動しなくていいのが大きなメリットです。
近くに交番や自転車屋がない場合、鍵のかかった自転車を運ぶのは大変でしょう。そのようなときは鍵屋に依頼するのがおすすめです。

鍵屋と自転車はぱっと結びつかないかもしれませんが、鍵屋は鍵のプロであり、あらゆる鍵に対応できるため、スピーディーに鍵を壊すことなく解錠することができます。
解錠後はスペアキーがある場合、そのまま自転車を使用できます。しかし、一部の特殊な鍵は解錠ができないこともある、スペアキーの作製はできる場合とできない場合があるため注意が必要です。

気になる費用ですが、作業代のみで数千円かかります。鍵屋によっては、出張費や見積もり費も追加される場合もあります。依頼する前に電話で確認しておきましょう。

鍵屋に解錠を依頼するより鍵を破壊して新たに購入するほうが費用を安く抑えられるかもしれませんし、多くの人が一度は考えるでしょう。
たとえば、ロードバイクなどの高価な自転車の場合、鍵も盗難対策で高価なものを使用していることが多いです。そうなると鍵を購入するときに費用がかかります。また、破壊することで自転車本体を傷つけてしまう可能性もゼロではありません。
このように、非破壊でプロに解錠してもらうほうが向いているケースもあります。

自力で鍵を開ける

自転車に使われている鍵は主に3種類あります。

馬蹄錠

一般的な自転車の後輪にあらかじめ取り付けられています。リング状の形をしており、馬の蹄に見えることから馬蹄錠と呼ばれています。鍵を挿し込んで解錠するタイプや、暗証番号で解錠するタイプもあります。

シリンダーロック

馬蹄錠と同じくリング状の形をしています。ディスクシリンダーやディンプルシリンダーなど、シリンダーもさまざまなタイプから選ぶことができます。

ワイヤーロック

長いワイヤーを自転車に巻き付けて施錠します。長さ・太さ・鍵のタイプが豊富でご自身で選ぶことができます。

傘を使用して開ける(馬蹄錠のみ)

暗証番号タイプでない馬蹄錠限定にはなりますが、「傘鍵」という部品を使用して鍵を壊さずに開けることができます。

傘鍵は、傘を開くために押す部分を指します。この部分を傘から取り外し、鍵として使用すると解錠ができます。
先端が平たいマイナスドライバーで代用することも可能ですが、種類や大きさによっては鍵穴に入らない可能性があります。もしお手元にある場合は一度試してみましょう。

傘鍵を傘から取り出す方法は以下の通りです

用意するもの:ビニール傘、ペンチ

  1. ビニール傘の持ち手に体重をかけ、曲げながら折る
  2. 折った筒の部分は中の空洞が見えなくなっているため、ペンチで広げる
  3. 広げた部分から傘鍵を取り出す

傘鍵を取り出せたら、鍵穴に入れて左右に動かしてみましょう。鍵を開けることができます。

ビニール傘やペンチは100均で購入することもできるため、費用はそれほどかかりません。作業時に軍手があるとなおよいでしょう。

ピッキング

鍵穴がシリンダータイプの場合、ピッキングという方法で解錠ができます。

ピッキングは、鍵屋や侵入窃盗目的で練習する人以外はなじみのない作業ですが、うまくいけば鍵穴を壊さずに解錠ができます。
本来は、専用の工具を使用して行いますが、一般の人がこれらを所持しているとピッキング防止法に違反してしまい、処罰の対象となってしまいます。

ではどのようにしてピッキングを行うのでしょうか。実は、安全ピンやヘアピンで代用ができます。手順は以下の通りです。

用意するもの:安全ピンまたはヘアピン(2本)

  1. ピン①の先端から1.5cm程度90度に曲げる。ピン②は棒状にする。
  2. ピン①を鍵穴に挿し、鍵穴の下部を押し下げるように力を加えてから、鍵を回すような感覚で少し回す。
  3. ピン①は挿したまま、ピン②を上に挿し込み、鍵穴上部にある部品をひとつずつ押し上げていく。
  4. すべての部品が上がったら、2本のピンを一緒に回して解錠する。

ピッキングは悪用厳禁です。あくまで緊急時の手段として認識しておきましょう。
他の方法に比べて難易度が高いため、うまくいかず解錠に時間がかかったり、鍵穴を傷つけたりすることもあります。鍵穴をカチャカチャし続けると周囲の人に不審に思われる可能性もあるでしょう。 鍵を壊さずにできるだけ早く開けたい場合は、無理をせずに鍵屋に依頼することをおすすめします。

破錠

ホームセンターなどで購入できる工具を使用して鍵そのものを壊すシンプルな方法です。
馬蹄錠・シリンダーロックの場合は車輪に通っている金属部分、ワイヤーロックであればワイヤー部分を切断しましょう。
特にワイヤーロックの場合、太さにもよりますがワイヤーカッターで比較的簡単に切断できます。

ご自身で作業する場合、金属の破片などでけがをする可能性があります。最低でも軍手を着用して作業するようにしましょう。軍手はコンビニなどでも購入できますが、ホームセンターなどで販売されている防刃手袋であればさらに安全に作業ができます。
また、破壊の際にそれなりに力が必要とされるため、女性や子供の場合は少し厳しいかもしれません。無理はしすぎないようにしましょう。

ワイヤーロックの場合、ワイヤーカッターは1000円以下で購入できるため、安価で行うことができます。
馬蹄錠やシリンダーロックの場合、ボルトカッターの相場は2000円~のためその分費用は高くなってしまいます。

自転車の鍵を壊す開け方はおすすめしない

ここまでさまざまな方法や依頼先を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

毎日自転車に乗る場合は、できるだけ早く・費用のかからない確実な方法で、と考えるのが普通です。スペアキーがない場合、ご自身で手っ取り早く破壊してしまおう、となるかもしれませんが壊す開け方はあまりおすすめできません。

やはり、けがをしてしまう可能性があるのと、切断用の工具をあらかじめ持っていることも少ないため、購入することになるでしょう。
女性や子供の場合、作業そのものが難しいかもしれません。

また、破壊した後は自転車には乗れるようになりますが、新しい鍵を取り付けないと盗難の被害に遭う可能性が一気に高くなります。

そのため実際は

  • 作業用の道具や場所を確保する
  • 鍵を壊す
  • 自転車屋に持ち込み、新しく鍵を取り付けてもらうまたは自分で購入して取り付ける

と思ったより手間がかかってしまうでしょう。新しい鍵の取り付けまで想定した場合、自転車屋に持ち込んで解錠からまかせるのが望ましいと言えます。

自転車の鍵を外したら鍵交換しよう

現在も自転車の盗難被害は全国で相次いで報告されています。そのうち約7割の自転車が無施錠の状態で被害に遭っています

このことから、スペアキーがないため施錠できない状態・鍵を破壊したまま新しく取り付けていない状態がいかに危険であるかわかります。

お使いの自転車が鍵を取り付けていない、施錠できない鍵を取り付けている場合はすぐに新しい鍵を取り付けるか交換をしましょう。

自転車の鍵をなくした時は鍵屋におまかせください

自転車の鍵をなくしたなど、自転車に関するトラブルは自転車屋に持ち込むことで、だいたいのことは解決できます。

しかし、店舗が開いていない時間帯、もしくは店の場所が遠いなど、簡単には持ち込めない状況もあるでしょう。どうしてもすぐに自転車を動かしたいときもあるかもしれません。
そのようなときには、鍵屋に依頼することをおすすめいたします。

鍵猿は出張無料で夜間帯の作業も対応しております。(※受付時間は8:00-23:00となっていますので、ご注意ください。また、夜間帯は別途で夜間料金を頂戴しております。)
鍵開けのプロですので、スピーディーで正確なサービスを提供させていただきます。

鍵トラブル一覧へ戻る

鍵交換・鍵修理など年間約48,000件を解決駆け付けスピードNo.1

電話番号:0120-669-110番
鍵猿が選ばれる3つの理由
  • 出張見積り無料
  • 年中無休の対応
  • 錠前技師が解決

解決までの流れ

  1. 問い合わせ
  2. 現場へ出張
  3. お見積り
  4. 作業開始
  5. 解決・お支払
田口季良

田口季良(たぐちのりよし)SLS株式会社 マネージャー

「すごわざ鍵開け達人」として関西・関東のテレビに出演。鍵の職人としてのキャリアは12年。 現在は鍵のエキスパート集団を束ねるマネージャーでもあり、鍵の豊富な知識のほか、親切丁寧な鍵の防犯アドバイスにも定評がある。 暮らしの中で起きる鍵のトラブルを日々解決、技術向上にひたむきに取り組んでいます。

電話番号:0120-669-110番