鍵屋鍵猿鍵トラブルトピックその他クローゼットに鍵を後付けして防犯アップ!取り付け方や選び方をご紹介!

更新日:2024/02/19

クローゼットに鍵を後付けして防犯アップ!取り付け方や選び方をご紹介!

クローゼットに鍵を後付けして防犯アップ!取り付け方や選び方をご紹介!

この記事でわかること

・クローゼットに鍵を後付けする際の基本知識
・商品購入時の注意点と耐震における対策

記事監修者

田口季良(たぐちのりよし)
田口季良(たぐちのりよし)SLS株式会社 マネージャー

「すごわざ鍵開け達人」として関西・関東のテレビに出演。鍵職人としてのキャリアは12年、現在はエキスパート集団を束ねるマネージャー。親切丁寧な防犯アドバイスにも定評がある。

この記事では、クローゼットに取り付けできる鍵の種類や選び方、取り付け方を詳しく解説しています。

具体的な内容として、引き戸用鍵やスライドドア用鍵、DIYのポイント、工事依頼方法、購入時の注意点などをお伝えします。

クローゼットに鍵を取り付けることで、部屋のセキュリティが向上し、ご自身や家族、お子様の安全対策に繋がります。ぜひ本記事を参考に、クローゼットに最適な鍵を取り入れてください。

鍵の取り付けのことならお電話下さい。電話番号:0120-669-110番。

クローゼットに鍵を後付けする際の基本知識

困った顔

クローゼットに鍵を後付けすることは、防犯や子供の安全対策として重要であり、簡単にDIYできる方法も多くあります。まず、ロックのタイプと取り付け方法を理解し、自分のクローゼット扉に適した商品を選ぶ必要があります。

鍵の種類には、錠やネジで固定するタイプ、磁力でロックするタイプ、電子式のタイプなどがあります。自分のクローゼットのドアや窓に適した鍵を選ぶためには、取り付ける場所や使用方法を確認することが重要です。

鍵を選んだら、取り付け方法を把握しましょう。一般的には、錠とネジを使った固定方法が主流であり、固定用の金具を使って扉や窓に取り付けます。また、電子鍵の場合は、専門会社に依頼することも可能です。

最後に、購入する商品やサービスを比較検討し、価格やサポート体制を確認して決定することが重要です。

後付け鍵の種類と選び方

後付け鍵には、いくつかのタイプがあり、用途や取り付け方法によって選ぶべき適切な製品が異なります。以下に、主なタイプと選び方のポイントを挙げます。

  • 錠とネジで固定するタイプ
    このタイプは、ドアや窓に直接ネジで固定する方法で、簡単に取り付けられることが特徴です。DIY向けであり、取り付け方法は商品ごとに異なるので、説明書やガイドに従って行いましょう。
  • 磁力でロックするタイプ
    安全性が高く、子供が開けにくいのが特徴です。磁力でロックされるため、取り付けが容易であり、インテリアを損なわないデザインも魅力的なものが多いです。
  • 電子式のタイプ
    セキュリティ面で優れており、暗証番号や指紋認証などで解錠できます。セキュリティ面が安心の半面、専門業者に依頼することが多く、費用や取り付けの手間がかかることがデメリットです。

選ぶ際のポイントは、扉のタイプやセキュリティ面、取り付けにかかる手間、価格、デザインなどを総合的に判断することが大切です。

引き戸用鍵の取り付け方

引き戸用の鍵は、引き戸やスライドドアに特化した製品であり、取り付け方法も独特です。主な取り付け方法は、ラッチ部分に取り付けるタイプと、扉に直接固定するタイプの2種類が存在します。

ラッチ部分に取り付ける方法は、引き戸の開閉部分にあるラッチにロックを設置し、キーで開閉できるようにします。取り付けは簡単で、場所によってはネジなどで固定する必要があります。

一方、扉に直接固定する方法は、扉の上部や下部に金具を取り付け、ロックします。このタイプは、取り付ける際に穴をあける必要があることが多いため、DIYに慣れている方向けです。

いずれのタイプも、取り付け方法について詳細な説明書が付属しているため、これに従って作業することが必要です。また、不明点や困難があれば、専門業者に相談するのも一つの方法です。

スライドドア用鍵の取り付け方

スライドドア用の鍵を取り付ける際、まず適切なロックタイプと固定方法を選択する必要があります。扉の厚さや材質に合わせて補助錠やラッチ式のロックがおすすめです。まず適切な位置に取り付けるため、玄関や部屋の際やその他の場所で確認を行います。ディンプルキーやナンバーロック式など、利用シチュエーションに合わせた鍵タイプを選び、セットを購入しましょう。

スライドドアの金具を固定する部分に取り付け穴をあけ、ネジでしっかり固定します。ただし、木製の扉や薄い材質の場合は注意が必要で、適切なドリルビットとネジの長さを選びましょう。

最後に、鍵の取り付けが完了したら施錠の確認を行い、問題がないかどうかを確認します。お気に入りの鍵が見つかるサイトやショップでポイントがもらえる商品を見つけて、簡単にセキュリティ対策を行いましょう。

DIYでの鍵取り付けのポイント

DIYで鍵を取り付ける際、以下のポイントに注意して作業を行いましょう。

  • 適切な鍵選び:用途やタイプに合った鍵を選ぶ。電子錠やディンプルキー、ナンバーロックなどがあります。
  • 用意する道具:ドリル、ドリルビット、ネジドライバー、メジャーなど必要な道具を揃えます。
  • 正確な位置決め:取り付けるべき場所を正確に測り、確実に固定できるようにしましょう。
  • 材質への配慮:木製ドアや薄い材質の場合は、適切なネジの長さやドリルビットを選びます。
  • 施錠確認:取り付けが終わったら、施錠できるかどうかをしっかり確認しましょう。

これらのポイントを押さえて、失敗しないDIY鍵取り付けに挑戦しましょう。

鍵取り付け工事の依頼方法

鍵取り付け工事を専門業者に依頼する場合、まず信頼できる会社を選定しましょう。インターネットで検索するか、周囲の人からおすすめの業者を教えてもらうのも一つです。

次に、電話やインターネットのフォームで見積もりを依頼し、価格やサービス内容を確認しましょう。場所や施錠タイプに合った対策を相談し、予算に応じた選択をすることが重要です。

工事の日程を調整し、依頼を決定します。当日は、作業場所を確保し、業者と確認事項を共有しましょう。作業が完了したら、施錠機能のテストを行い、問題がないことを確認します。これで、安心して鍵取り付け工事が完了となります。

商品購入時の注意点と耐震における対策

対策

商品購入時には、以下の注意点を押さえておくことが大切です。

  • 商品の詳細や仕様を確認した上で購入する
  • 口コミやレビューを調べ、他のユーザーの意見を参考にする
  • 金額や送料、返品ポリシーなど購入条件を理解する
  • ウェブサイトの信頼性やセキュリティを確認してから購入手続きを行う

また、地震や台風などの自然災害に備えて、耐震対策も検討することが重要です。耐震対策としては、家具や扉に固定金具を取り付けることや、扉に止め金を設けて開閉をロックするなどの方法があります。適切な対策を講じることで、災害時にも安全で機能的な空間を維持できるでしょう。

購入前に確認するべきクローゼットの鍵の仕様

クローゼットの鍵を購入する際には、以下の仕様を確認しておくことが重要です。

  • まず、対応している扉のタイプを確認しましょう。引き戸や木製扉など、対応する扉の種類が異なる場合があります。
  • 錠のサイズや取り付け方法も重要です。DIYで取り付ける際に、必要なネジや金具が含まれているか確認しましょう。
  • 防犯性能も重要なポイントです。子供がいる場合は、子供が簡単に開けられないロック機能を備えた製品を選びましょう。
  • 価格も比較検討しましょう。一覧ページを参考に、同じ機能の製品でも価格が異なる場合があるため、お得な商品を見つけましょう。

これらのポイントを踏まえて、自分のクローゼットに合った鍵を購入してください。

鍵の取り付けに必要な工具と固定方法

鍵の取り付けに必要な工具と固定方法は、以下の通りです。

  • ドライバー、レンチ、ハンマーなどの基本的な工具が必要になります。また、電子鍵の場合は電池も用意しましょう。
  • 取り付け方法は製品によって異なりますが、一般的には扉に穴を開けてネジで固定する方法が多いです。施錠部分にも注意が必要で、ラッチ部分と合わせてしっかり固定することで、防犯性が向上します。
  • DIYで取り付ける場合は、商品の説明や取り付けガイドを参考にしましょう。また、固定が不十分な場合は、専門業者に依頼することをおすすめします。

これらの手順を踏んで、鍵の取り付けを行いましょう。

クローゼット鍵の耐震対策と防犯性の向上

クローゼット鍵の耐震対策と防犯性の向上には、以下のポイントが重要です。

  • 耐震対策として、金具をしっかり固定し、鍵が外れにくい設計の製品を選びましょう。また、引き戸の場合は、引き戸専用の固定金具を使用して、揺れによる開閉を防止します。
  • 防犯性の向上には、鍵のかかり具合や鍵の形状などが影響します。簡単に開けられない鍵や、ピッキングに対策した製品を選ぶことが効果的です。
  • セキュリティ面での配慮も大切。電子鍵の場合は、パスワード設定や指紋認証などの機能がある製品を選ぶと、さらに安全性が高まります。

これらの対策を行うことで、クローゼットの鍵の耐震対策と防犯性が向上します。

クローゼット鍵後付けのまとめ

クローゼット鍵後付けに必要なポイントをまとめると、購入前に仕様を確認し、取り付けに必要な工具や固定方法を把握し、耐震対策と防犯性の向上を考慮することです。これらを踏まえて、自分のクローゼットに合った鍵を選び、安全な収納空間を実現しましょう。

なお、鍵猿では鍵の取り付けも行っております。自分でやってみようと思ってうまくいかなかった、取り付けてほしいなどでしたら、鍵猿までお気軽にお問い合わせください。

▶ お急ぎの方 ◀

鍵の取り付けのことならお電話下さい。電話番号:0120-669-110番。

鍵の取り付けにかかる費用、
施工事例、対応エリアなど

「鍵の取り付けサービス」
について詳しく見る

鍵トラブル一覧へ戻る

その他の鍵の施工事例

その他の鍵の施工事例一覧を見る

新着の施工事例

施工事例一覧を見る

創業17年の信頼と実績。年間ご依頼10万件以上!経験豊富な鍵まわりのプロが、安心のサービスをご提供いたします。工事&商品保証も1年間無料です
電話番号:0120-669-110番
鍵猿が選ばれる3つの理由
  • 出張見積り無料
  • 年中無休の対応
  • 錠前技師が解決
  • 施工事例の紹介
  • 対応エリア
  • 鍵猿について

解決までの流れ

  1. 問い合わせ
  2. 現場へ出張
  3. お見積り
  4. 作業開始
  5. 解決・お支払
電話番号:0120-669-110番 鍵猿について
メールで問い合わせる