クレジットカード対応 鍵のご相談は0120-669-110

鍵屋鍵猿鍵トラブルトピックその他鍵は後でも取り付けられるの?後付けできる扉の形と鍵の種類は?

更新日:2021/09/23

鍵は後でも取り付けられるの?後付けできる扉の形と鍵の種類は?

鍵は後でも取り付けられるの?後付けできる扉の形と鍵の種類は?
鍵のトラブル解決は鍵屋鍵猿

「玄関の防犯性能を向上させたい」、「トイレの内側から鍵をかけられるようにしたい」という望みがあるなら、今あるドアに鍵を後付けすることで解決できます。とはいえ、どのような鍵でも後付けができるかというと、実はそうではありません。そこで今回は、後付けができる鍵やドアの種類を紹介するとともに、鍵を後付けする際の注意点などについて解説します。

後付けをするために事前確認が必要なこと

実際に鍵を後付けする前には、さまざまな確認が必要です。ドアの種類や開き方、扉の状態など、各項目を詳しく見ていきましょう。

鍵を後付けしようとしているドアの種類

「防犯目的で玄関や勝手口に鍵を追加したい」、「貴重品が置いてある部屋に鍵を後付けしたい」、「部屋に子供が入らないように内側から鍵をかけたい」といった場合には、基本的に今あるドアに鍵を後付けすることで解決できます。しかしその場合、これから後付けしようとしている「ドアの種類」を事前に確認しなければいけません。たとえば「(ホームセンターで見つけた)この鍵を取り付けたい」と思っても、ドアの種類によっては取り付けができない可能性があるからです。

ドアの種類には大きく分けて「内開きの開き戸」「外開きの開き戸」「引き戸」の3種類があります。内開きの開き戸とは、ドアが室内側に向かって開くタイプで、外開きの開き戸とはドアが室外側に向かって開くタイプです。一方の引き戸とは横にスライドさせて開閉する構造のドアを指し、障子や襖のような作りを想像するとわかりやすいかもしれません。

後付しようとしているドアの種類

このように、ドアには構造や素材などの違いが色々あり、ドアの種類によって後付けがしやすい鍵や難しい鍵、不可能な鍵があります。 開き戸の場合は「内開きなのか、それとも外開きなのか」によって、後付け鍵の使い勝手や取り付けの可否が異なるので気を付けなければいけません。商品によっては「内開き専用」といったものもあるので、選ぶ際には注意しましょう。一方で引き戸のケースでは、扉の数や引き方によって後付けできる鍵が違ったり、後付けしづらかったりします。無理に後付けしようと考えるよりも、扉ごと変えてしまった方がよい場合もあるので、事前に確認が必要です。

鍵の開け閉めをする向き

ドアに鍵を後付けしたいときには、鍵の開け閉めを室内から行いたいのか、それとも室外から行いたいのかを事前に確認しましょう。場合によっては室内・室外の両方から施開錠したいケースもあるかもしれません。ここで押さえておきたいポイントが、鍵は必ずしも室内・室外の両側から開け閉めできるように取り付ける必要はないという点です。たとえば防犯やプライバシーの確保などを目的として鍵を後付けする際は、鍵の開け閉めは室内からだけできるほうが効果的であり、反対に外からは開けられないほうがいいでしょう。 プライバシー保護が目的の場合も同様で、内側から鍵がかけられれば十分です。このように鍵を室内・室外のどちらから開け閉めできるように取り付けるかは、後付けする目的によって異なります。

鍵を後付けしようとしている扉の状態

鍵を後付けする際には、取り付けようとしている扉の状態を事前に確認しなければいけません。鍵を後付けするためには、扉や壁に穴を開ける必要があるからです。たとえば扉の状態を確認したときに、簡単には穴を開けられそうになかったり、経年劣化などで扉の素材が傷んでいたりした場合には、鍵を取り付けられないことがあります。

たとえ寸法や開閉の向きなどに問題がなかったとしても、扉や壁に穴を開けることができない状況になっていると、鍵を後付けすることはできません。 賃貸住宅も、扉や壁に穴を開けることが難しいでしょう。賃貸物件では基本的に扉や壁に穴を開けることが許されていないケースが多く、万が一勝手に穴を開けてしまうと退去時に原状回復を求められ、管理会社や大家と思わぬトラブルに発展してしまう恐れがあります。また後付けしようとしているものが鍵付きのドアノブである場合には、もとから付いているドアノブを先に外す必要があり、もし外れなければ後付けすることは不可能となるので注意しましょう。

鍵にどこまでの性能を求めるか

「鍵にどこまでの性能を求めるか」というのは、後付け鍵を選ぶときにはぜひ確認しておきたい項目です。鍵を後付けする目的はさまざまですが、すべての鍵が最高の防犯性能でなくてはならない、というわけではありません。たとえば仕事部屋に子供が入ってこないようにするために鍵を後付けするときに、玄関に用いるような頑丈で防犯性能が高い鍵は不必要でしょう。これでは高額になるだけでなく、鍵の開け閉めのためにわざわざキーを用意しなければならず、利便性という点でも問題が生じてしまいます。

鍵にどこまでの性能を求めるか

重要なのは、取り付ける鍵の種類と取り付ける位置です。鍵を後付けする前には、どの程度まで防犯性能を高める必要があるのかを決めておきましょう。こうすることで、本来の目的とのミスマッチを防ぐことができます。玄関であれば防犯性能が高い鍵を選ぶべきでしょうし、室内の間仕切り扉ならそこまで高い防犯性能はいらないでしょう。反対に室内の扉でも、貴重品や重要書類が置いてある部屋のドアであれば、それなりの防犯性能が必要かもしれません。

防犯性能があまり必要でない場所に鍵を後付けする際には、防犯性能を落として利便性の高さを優先し、簡単に開け閉めできる鍵に決めてもよいでしょう。なお「鍵をたくさん取り付ければ防犯性能が高くなるのでは」と考える人がいるかもしれません。しかし、覚えておくべきなのは、簡単に施開錠ができてしまう鍵は複数取り付けても防犯性能はそこまで高くならない、という事実です。

後付けを自分でするか業者に依頼するか

後付けの鍵は基本的に自分で取り付けできないことはありません。しかし、誰が後付けの作業をするかによって、手間や費用、出来上がりの美しさなどが大きく異なってきます。たとえば、鍵を購入してきて自分で作業をすれば、手間がかかる代わりに費用を安く抑えることができます。反対に業者へ依頼すれば、自分で作業するのと比べれば費用が高くなりますが、手間がほとんどかからず仕上がりが美しいというメリットがあります。

取り付ける扉や鍵の種類、位置などによっては、自分で取り付けることが困難になることが予想されることを覚えておきましょう。扉に大きな穴を開けたり切り欠きを作ったりするためには、専用の工具や技術が必要になります。特に玄関ドアなど、防犯性を強化する目的で鍵を後付けするのであれば、業者に依頼するのが無難かもしれません。防犯性が高い鍵ほど取り付けの難度が高くなるからです。反対に室内用の補助錠など、防犯性を強化する目的のものでなければ、自分で取り付けできる場合もあります。自分がやるのか、それとも業者に依頼するのかは、手間や費用、鍵を後付けする目的などを総合的に見て決めましょう。

後付けできる鍵の種類は?

ここからは後付けが可能な鍵の種類にどのようなものがあるかを紹介し、それぞれの特徴について詳しく解説します。

鍵内蔵ドアノブ

後付けできる鍵のひとつに鍵内蔵ドアノブがあります。鍵内蔵ドアノブとは、室内の間仕切り扉によく使われるドアノブに、鍵が内蔵されているタイプです。円筒錠、チューブラー錠などがこれに該当します。すでにドアノブが付いている場合には、寸法が合う鍵内蔵ドアノブと交換することで、簡単に鍵を後付けすることができます。鍵内蔵ドアノブは「トイレの内側から鍵をかけられるようにしたい」とか「勉強部屋のドアに鍵をかけて家族が入ってこないようにしたい」といった場面で重宝します。

鍵内蔵ドアノブ(円筒錠)

一方で、内蔵されている鍵はこじ開けることができるので、防犯性は低いのが特徴です。このため「プライバシーを守るための室内ドア用」と考えるのが妥当でしょう。 鍵内蔵ドアノブはホームセンターなどで購入することができます。ドアノブのサイズや扉の厚さなどが適合しないと取り付けできないので、きちんと寸法が合ったものを選ぶように注意しましょう。もし自分で適したものを選ぶ自信がないときや、取り付けに少しでも不安がある場合には、業者に依頼することをおすすめします。商品代のほかに作業費が必要になりますが、失敗するリスクがないので安心です。

着脱可能な補助鍵

自分でも比較的簡単に取り付けできる後付け鍵に、着脱可能な補助錠があります。ネジなどで壁に穴を開けて固定するタイプ、穴を開けずに粘着テープで固定するタイプ、ドアの隙間に挟んで固定するタイプから選ぶことができ、固定せずに使えるものほど防犯性が低くなるのが特徴です。このため、引き戸や扉などにもともと十分な防犯性能が備わっている場合の補助として使うことが前提になります。 着脱可能な補助錠は防犯性能が低いのが特徴ですが、もともと鍵の付いている引き戸や窓のサッシなどへ補助的に取り付けるのに適しています。

補助錠

「もとから付いている鍵だけでは不安」という人には、2番目、3番目の鍵として取り付けるのがおすすめです。また、切り欠き加工を必要としないので、和室の襖などにも取り付けることができます。部屋に猫が入ってこないようにしたいときなどには、このタイプの補助錠が役に立つでしょう。また、このタイプの鍵は比較的安価で、多くが1万円以下で手に入ります。

固定式シリンダー錠

シリンダー錠

固定式シリンダー錠とは、主に玄関ドアに固定されているタイプの鍵のことです。外から施開錠するためにはキーが必要で、ディンプルキーなど防犯性が高いキーを選ぶこともできます。このように固定式シリンダー錠は防犯性の高さがメリットで、玄関の後付け鍵(補助鍵)として適しています。「泥棒に入られないか不安だ」という人は、固定式シリンダー錠を取り付けることで防犯性能を向上させることが可能です。

切り欠き工事の様子

ちなみに、もともと鍵が付いていなかった扉に取り付ける場合には、扉に切り欠き加工と言われる、錠ケースを収める穴を開けなければなりません。このため取り付けの難度は高く、自分で作業をするのは困難なので、業者に依頼するのが無難でしょう。なお固定式シリンダー錠は防犯性能が高く作業が難しいだけに、本体の金額や作業にかかる費用が高額になります。

鍵の後付けで注意が必要なことは?

まず扉に鍵を後付けするためには、ドアや壁などに穴を開けなければならないことが多くあります。着脱可能な補助錠のようにビス穴で済む場合もあれば、シリンダー錠のように扉に大きな穴を開けなければならないケースまでさまざまです。いずれにせよ、賃貸においては管理会社や大家へ事前に連絡をして許可を取らなければいけません。もし許可を取らず勝手に後付けした場合、退去時に原状回復を求められ、トラブルになる可能性があるからです。反対に事前連絡をすることによって、管理会社や大家の責任で業者を手配して鍵を後付けしてくれるかもしれません。賃貸では事前連絡が必須です。

賃貸にせよ持ち家にせよ、穴を開ける際には扉そのものを壊さないように注意しましょう。鍵がもともとなかったところに後付けする場合には、その箇所に穴を開けなければいけません。万が一寸法を測り間違えてしまうと、取り返しのつかないことになりかねません。もし自力での作業が無理だと感じたら、すぐに業者に依頼をしましょう。無理に作業を進めて、業者でも手に負えない状態にすることだけは避けて下さい。

鍵の後付けなら鍵屋鍵猿にご連絡を

扉や鍵の種類によっては、後付けするのが難しいケースがあります。少しでも不安があるなら、取り返しがつかない状態になる前に最初から鍵屋に依頼するのが無難です。鍵猿は365日年中無休で、鍵専門の錠前技師がご自宅までスピーディに駆け付けます。出張料やお見積り、キャンセル料は一切かかりませんので、鍵を後付けしたいときには鍵交換の実績豊富な鍵猿へご相談下さい。

鍵のトラブル解決は鍵屋鍵猿

鍵トラブル一覧へ戻る

鍵交換・鍵修理など年間約48,000件を解決駆け付けスピードNo.1

電話番号:0120-669-110番
鍵猿が選ばれる3つの理由
  • 出張見積り無料
  • 年中無休の対応
  • 錠前技師が解決

解決までの流れ

  1. 問い合わせ
  2. 現場へ出張
  3. お見積り
  4. 作業開始
  5. 解決・お支払
田口季良

田口季良(たぐちのりよし)SLS株式会社 マネージャー

「すごわざ鍵開け達人」として関西・関東のテレビに出演。鍵の職人としてのキャリアは12年。 現在は鍵のエキスパート集団を束ねるマネージャーでもあり、鍵の豊富な知識のほか、親切丁寧な鍵の防犯アドバイスにも定評がある。 暮らしの中で起きる鍵のトラブルを日々解決、技術向上にひたむきに取り組んでいます。

電話番号:0120-669-110番