クレジットカード対応 鍵のご相談は0120-669-110

鍵屋鍵猿鍵トラブルトピックトラブル鍵が曲がったら修理できる?対処方法と合鍵の作り方

更新日:2021/07/19

鍵が曲がったら修理できる?対処方法と合鍵の作り方

鍵が曲がったら修理できる?対処方法と合鍵の作り方
鍵のトラブル解決は鍵屋鍵猿

家の鍵をはじめ、車・バイク・自転車の鍵やロッカー・スーツケースの鍵、車庫や店舗などのシャッターの鍵が曲がってしまって利用できなくなったり、鍵穴に差し込んだまま抜けなくなったりしたら困りますよね。
そんな思わぬトラブルが起きたとき、どうすればいいのでしょうか。
今回の記事では、鍵が曲がる原因、曲がってしまったときの対処方法や修理方法、鍵を使い続けることのリスクについて説明していきます。

鍵が曲がる原因

鍵が曲がる原因はさまざまですが、最も原因になりやすいのは、使い方です。
鍵穴にまっすぐ挿入しない、急いでいるからと粗雑に回して思い切り引き抜く、ポケットなどに鍵をジャラジャラと入れていて、うっかり落とすことが多いなど、使い方や持ち歩き方が粗いと、鍵も少しずつダメージを受けて変形していきます。
車のキーは車窓越しに直射日光に当たったり、熱がこもった車内にキーボックスを放置したり、熱で膨張して変形することも少なくありません。

自転車の鍵ロッカーの鍵スーツケースの鍵など小さくて比較的薄い素材の鍵は、ポケットやカバンの中に無造作に入れて持ち歩いているだけでも欠けたり曲がってしまったりしますので注意しましょう。
車庫や店舗などに多いシャッターの鍵も、鍵を付けたまま勢い良く開け閉めしたりすると、曲がってしまいます。
また、古いディスクシリンダーの錠前を使用している場合は、鍵の先端がカムの役割を担っている為、この先端部分が摩耗によって欠けていき、鍵が空回りすることがあります。

鍵が曲がったときの対処方法

もし、鍵が曲がったときはどう対処したら良いのでしょうか。
多くの方が元の状態に戻そうとします。
ですが、一度曲がった鍵は完全には元に戻せません。
鍵は精密に作られていますので、わずかでも歪みが残っていると開け閉めができなくなってしまうものです。そして、どうにか開け閉めができるようになったとしても、そのような鍵を使い続けると鍵穴も鍵も傷めてしまうのです。
鍵が曲がったときの対処方法として適切なのは、無理に戻そうとするのではなく、素直に新しい鍵を作るか、まったく別の鍵に交換することです。

新しい鍵を作る

新しい鍵を作るというのは、曲がってしまったものと同じ鍵を作ることを指しています。
お気に入りのマグカップを割ったときなどは、同じものがまだ販売されていれば買い替えることもできますが、鍵の場合はそのように誰にでも買える場所で同じ鍵を購入することはできません。もし、同じ鍵をホームセンターなどで買えるとなれば、堂々と空き巣に入られるようになってしまいます。
そのため、曲がってしまった鍵と同じ形の合鍵を、信頼ある業者に作成を依頼することになります。
一般的な鍵屋で合鍵を作成する場合は「複製」と言いますが、ディンプル錠など、ハイセキュリティシリンダーがついた玄関の鍵は、鍵屋でも複製キーを作ることが難しくなっています。シリンダーによっては、メーカーの知的財産権を侵害することになるため、単純に複製することができないものもあります。
また、町の合鍵屋などでは複製キーからの複製はできません。もしオリジナルキーがない場合は、複製キーも作れない、ということになります。

もし緊急性がないのであれば、メーカーまたはメーカーの代理店で純正のスペアキーを作るのがベストです。注文の仕方はメーカーや商品によって若干異なりますが、メーカー公式ウェブサイトや、FAX・郵送による発注、または正規代理店や修理サービス代理店で申し込みができ、届くまで1週間から10日、最大で3週間~4週間ほどかかることが多く、支払いは代引きになっているのが殆どです。

【各メーカー合鍵作成サービスについて】
MIWA
GOAL
ALPHA(FBロック)
ドルマカバ
SHOWA

すぐに鍵がないと家に入れないなど、緊急性が高い場合は、まず鍵屋に相談して下さい。複製キーが作れるタイプのシリンダー(多くがギザギザの山鍵)であれば、複製キーでその場をしのいでから純正キーを発注すればひとまずは安心です。ディンプル錠(多くがくぼみのある真っ直ぐな鍵)であっても、弊社のような鍵屋であれば、いくつかのメーカーの合鍵を作成することができますし、オリジナルキーや他のスペアキーがなくても鍵穴から鍵を作製することができます。

鍵を交換する

新しい純正キーを待っている余裕がない場合や、曲がった鍵しか持っていない、ディンプル錠のように鍵穴からも複製キーの作成が難しい、といった場合は、シリンダーごと交換するのが最善です。玄関の鍵なら、これを機により防犯性の高い鍵にするのも良いでしょう。まだ古いタイプの錠を付けたままにしていたのであれば、ディンプル錠に交換するのがおすすめです。ディンプル錠は耐ピッキング性能といった防犯性能に優れており、鍵も折れにくく、裏表がないタイプ(リバーシブル)で急いでいるときもスムーズに開け閉めができる為、乱暴に鍵を回して再び変形させてしまうリスクも防げます。
シリンダー交換をすると純正スペアキー作成の場合とは異なり、すぐに純正キーが手に入る、というのも大きな利点です。

曲がってしまったのが自転車の鍵の場合はまず、自転車販売店修理店を頼ってみましょう。もし鍵が細いワイヤータイプやチェーンタイプ或いは馬蹄錠などであれば、壊して新しいものを取り付けるというのも手です。

鍵が抜けなくなったときの修理方法

曲がった鍵を使っていると、思わぬ拍子に鍵が鍵穴に引っ掛かり、抜けなくなることがあります。このままではその後の行動や生活にも支障が出ますし、スペアキーが無いのであれば合鍵を作りたくても作れません。
鍵が鍵穴から抜けなくなったとき、自分でできる鍵抜き方法やメンテナンス方法を確認しておきましょう。
まず、鍵の持ち手を軽く叩いて振動を加えてみてください。ちょっとした緩みや隙間ができて、するっと鍵が抜ける場合があります。

自転車オイルなどの潤滑油を注入して抜くという方法もありますが、これは後々トラブルの元になるので避けましょう。鍵穴に入り込んだ油は取り去ることが難しく、中で詰まったり、油に埃が付着してそのまま鍵穴に詰まり、開け閉めができなくなる原因になります。潤滑油を使用する際は、必ず鍵穴専用のものを使いましょう。鍵専用のものがない場合は、鉛筆の粉で代用することができます。
ペンチなどで引き抜く際は、そっと引っ張ってみて出て来ないようであれば鍵屋に連絡して下さい。下手に力任せに引っ張って、シリンダー内を傷つけてしまっては元も子もありません。

鍵が曲がったときの修理でやってはいけないこと

やってはいけないこと

曲がった鍵を自分で修理する際に、やってはいけないのがペンチで折り曲げたり、金づちなどで叩いて伸ばすことです。鍵の素材は真鍮白銅といった金属で、それらが曲がってしまう時は何らかの負荷が蓄積して金属疲労を起こしており、これが元通りになることはありません。
寧ろ、叩いたり引っ張ったりして余計な負荷を再び加えることで、その鍵は一見元の姿に戻ったように見えても金属としての強度が劣化してしまっているのです。
また、力まかせに鍵を元に戻そうとすると、怪我をする恐れもあります。

鍵が曲がったときは鍵屋に依頼

鍵が曲がってしまったら、放置したり、下手に自分で修復しようとしたりせずに、鍵屋に相談することがお勧めです。ただ、鍵屋でも曲がった鍵を元に戻すご依頼はお受けできません
しかし鍵のプロならではの判断とご提案ができますし、新しいシリンダーと交換する場合はお客様に最適なものを考慮し、作業もその日のうちに終えることができます。

曲がった鍵は直らない!使い続けるリスクとは

曲がってしまった鍵は、そのまま使い続けてはいけません
先述の通り、曲がった鍵を自分なりにまっすぐに戻したつもりでも、一度変形したものは完全に元には戻りません。鍵が曲がってしまったら早急に純正のスペアキーを発注するなどし、長いあいだ使い続けないようにしましょう。

鍵が抜けなくなる

曲がった鍵を使い続けると、シリンダーがダメージを受けて鍵の形に合わなくなり、その結果として、鍵が抜けなくなるという危険性があります。
シリンダーまで損傷してしまうと、純正キーであれ、複製キーであれ、合鍵を作っても使えなくなるため、鍵をシリンダーごと新しいものに交換しなくてはなりません。

鍵が破損する

曲がっている鍵を使うと、シリンダーがスムーズに回らず、無理矢理引っ掛かりのよい部分を探りながら使うことになります。そうすることで鍵の先端が傷んで欠けてしまったり、鍵のギザギザ部分が欠けるなどして使えなくなってしまいます。ただ鍵が使えなくなるだけなら良いのですが、そういった場合、シリンダー内もダメージを受けている可能性が高くなります。鍵が曲がっただけであれば、合鍵を発注するだけで済んだのに、無理に使い続けてシリンダーまで壊してしまうと、最終的にはシリンダー交換をするしかなくなってしまいます。

鍵が曲がったらすぐに鍵屋に連絡を

些細な問題に見えますが、曲がってしまった鍵は放置すると更に面倒な問題を引き連れてきます。
ピンシリンダーなど山鍵を使っているのであれば、早急に鍵屋に合鍵作成などをご依頼下さい。鍵が使えずスペアキーもなくて家に入れないなど、緊急性が高いときも鍵屋であれば鍵穴から合鍵を作成して解錠することができます。
また、ハイセキュリティシリンダーの純正スペアキーや鍵作製費用は決して安いものではありませんから、合鍵を複数発注するのと新しいシリンダーに交換するのと、どちらがお得か悩む、という方もぜひ鍵屋に相談してみて下さい。
鍵屋に依頼することのメリットは、確実に問題が解決できるという点です。しかも多くの場合、その日のうちにご依頼者様の心配事や、お困りごとが解消されます。鍵のトラブルは些細なことと考えず、ぜひ鍵屋の「鍵猿」にご相談ください。

鍵のトラブル解決は鍵屋鍵猿

鍵トラブル一覧へ戻る

鍵交換・鍵修理など年間約48,000件を解決駆け付けスピードNo.1

電話番号:0120-669-110番
鍵猿が選ばれる3つの理由
  • 出張見積り無料
  • 年中無休の対応
  • 錠前技師が解決

解決までの流れ

  1. 問い合わせ
  2. 現場へ出張
  3. お見積り
  4. 作業開始
  5. 解決・お支払
田口季良

田口季良(たぐちのりよし)SLS株式会社 マネージャー

「すごわざ鍵開け達人」として関西・関東のテレビに出演。鍵の職人としてのキャリアは12年。 現在は鍵のエキスパート集団を束ねるマネージャーでもあり、鍵の豊富な知識のほか、親切丁寧な鍵の防犯アドバイスにも定評がある。 暮らしの中で起きる鍵のトラブルを日々解決、技術向上にひたむきに取り組んでいます。

電話番号:0120-669-110番