鍵屋鍵猿鍵トラブルトピックトラブルドアノブ外れた!DIY修理からプロ依頼まで徹底解説

更新日:2023/11/08

ドアノブ外れた!DIY修理からプロ依頼まで徹底解説

ドアノブ外れた!DIY修理からプロ依頼まで徹底解説

この記事でわかること

・ドアノブが外れる原因
・ドアノブ外れた時の緊急対処法
・プロに依頼する場合の手続きと費用

記事監修者

田口季良(たぐちのりよし)
田口季良(たぐちのりよし)SLS株式会社 マネージャー

「すごわざ鍵開け達人」として関西・関東のテレビに出演。鍵職人としてのキャリアは12年、現在はエキスパート集団を束ねるマネージャー。親切丁寧な防犯アドバイスにも定評がある。

ドアノブが外れた時、どのように対処すべきかお悩みの方へ、この記事ではDIY修理からプロへの依頼まで徹底解説します。まず、ドアノブが外れる原因を探ります。

  • 劣化や経年によるノブの緩み
  • 玄関やトイレなど場所によるトラブル傾向
  • 内部の錠やラッチの故障と対策方法

これらの原因を把握し、状況に応じた対処法を選ぶことが大切です。緊急時に役立つ閉じ込められた状態からの脱出方法や自力でドアノブを固定するテクニックも解説します。

また、自分で修理・交換が可能な場合の手順や注意点、修理に必要な道具や部品選び、ドアノブの種類と取り付け方法の違いを紹介しています。

プロに依頼する場合の手続きや費用、業者やサービス選びのポイントもまとめているため、あなたの悩みを解決する情報がきっと見つかります。

ドアノブ・ドアレバーの修理・交換ならお電話下さい。電話番号:0120-669-110番。

ドアノブが外れる原因を探る

ドアノブが外れる主な原因は、ネジの緩み、部品の劣化、経年による状態悪化、また室内環境や使用状況によるものです。具体的には、次のような状況が考えられます。

  • ノブが固定されているネジが緩んでいる場合
  • 錠やラッチ部分の不具合
  • ドアやノブの寸法の不一致

対処法としては、まず自分で状態の確認を行い、簡単な修理や交換が可能ならばDIYで行うことができます。ただし、専門的な知識や技術が必要な場合は、業者に依頼することが安心です。

経年劣化によるノブの緩み

経年劣化によるノブの緩みは、多くのトラブルの原因として考えられます。長年使われているノブは、金属の劣化やネジの緩みが起こりやすくなります。

これらの状態を放置しておくと、段階的にドアノブの緩みが進行し、最終的には外れてしまうこともあります。定期的なメンテナンス作業や、劣化が見られたら早めに交換することで、事前に対策が可能です。

玄関やトイレなど場所によるトラブル傾向

それぞれの場所によって、ノブのトラブルの傾向が異なります。例えば、玄関では鍵がかかっていることが多く、鍵のかかる部分に異常が生じやすくなることがあります。

一方で、トイレや浴室では水気や湿気が影響し、錆や劣化が進むことがあります。これらの場所に応じた適切な対策を講じることで、ノブの寿命を延ばし、トラブルを未然に防ぐことができます。

内部の錠やラッチの故障と対策方法

ドアノブ内部の錠やラッチ部分が故障することも、外れる原因となります。故障が起こると、ノブが回転してもラッチが動かず、ドアが開閉できなくなることがあります。

これらの故障の対策方法としては、まずは自分で取り外して確認し、問題を特定することが重要です。簡単な修理や部品交換が可能な場合は、自分で対応することができますが、専門的な知識が必要なケースでは、業者に相談して適切な対処を行うことが望ましいです。

ドアノブ外れた時の緊急対処法

ドアノブが外れた際には、まず原因を確認し、状態に応じた対応が必要です。原因としては、ネジが緩んでしまったり、部品が劣化していることが考えられます。また、鍵がかかっている場合や、錠のトラブルがある場合も対処法が異なります。

まず、ドアノブが緩んだ場合は、自分で簡単に修理できます。ネジを確認し、状態に応じて締め直すか交換しましょう。ただし、注意して操作し、部品が損傷しないようにしましょう。

次に、ドアノブの部分が劣化している場合は、部品の交換が必要になります。部品を購入し、対応するサイズとタイプを確認して作業を行いましょう。また、ドアノブの取り付けには、ドライバーやラッチなどの工具が必要です。

鍵がかかっている場合や、錠のトラブルがある場合は、業者に依頼することをおすすめします。対応が難しい場合や、錠が故障している場合は、専門的な技術が必要です。

また、場所や設置状況によっては、適切な対処法も異なります。見積もりや無料相談が可能な業者を選んで相談しましょう。

閉じ込められた状態からの脱出方法

ドアノブが外れたことで閉じ込められた状態になった場合、まず冷静に対処することが重要です。脱出方法としては、ドアノブの内側や側面にあるシリンダーを操作することで、ドアを開閉することができます。また、隙間からネジやラッチを操作し、ドアを開けることが可能です。

ただし、それぞれの方法には注意点があります。シリンダーを操作する場合は、金属製の細い棒などが必要で、ラッチの位置を確認して動かす必要があります。

また、隙間からの操作は、ドライバー等の工具が必要です。さらに、これらの方法が難しい場合は、遠慮せずに近くの家族や友人に電話で助けを求めることが最善です。

自力でドアノブを固定するテクニック

自力でドアノブを固定する際は、次の手順を参考にしてください。

  • まず、ドアノブの状態を確認し、問題の原因を特定します。ネジが緩んでいる場合や部品が劣化している場合に応じて対応を選びます。
  • 原因がネジの緩みだとわかった場合、ドライバーを用いて緩んだネジを締め直します。ネジが欠落している場合は、適切なサイズのネジを購入して取り付けましょう。
  • 部品の劣化が原因の場合は、問題の部分を新しいものと交換します。適切な部品と取り付け方法を確認し、作業に取り掛かります。適切な取り付け方法については、ネット上のサイトや業者の解説を参考にしましょう。
  • DIYでの作業が難しければ、専門業者に依頼するのも一つの方法です。

料金や対応するサービスを比較検討し、適切な業者を選んで依頼しましょう。

自分で修理・交換できる方法を解説

ドアノブの修理や交換は、自分で行うことが可能です。ただし、やり方や道具の選び方に注意が必要です。この記事では、ドアノブの修理や交換で必要な道具や部品の選び方、安全にDIYする手順、そしてドアノブの種類と取り付け方法の違いについて解説します。

ず、故障の原因を確認し、修理や交換が適切かどうかを判断します。故障の原因が特定できたら、適切な部品や道具を用意しましょう。この記事で必要な情報を確認し、ドアノブの修理や交換に挑戦してみてください。

修理に必要な道具や部品の選び方

ドアノブの修理に必要な道具や部品の選び方は重要です。まず、故障の原因に応じて交換が必要な部品を特定し、それに合ったサイズやタイプのものを購入しましょう。

また、修理にはドライバー、プラスドライバー、ネジ、ラッチなどの道具が必要です。これらの道具はホームセンターやインターネット通販サイトで購入できます。選ぶ際には、自分のドアノブのサイズやタイプに適したものを確認しましょう。

安全性を確保しながらDIYする手順

DIYでドアノブを修理や交換する際には、安全性を確保することが大切です。まず、作業を始める前に周辺環境を確認し、転倒やケガのリスクを排除しましょう。次に、ドアノブの固定ネジを緩め、ノブやハンドル部分を取り外します。

ここで注意するのは、室内側や外側のネジを外す際、ドアの開閉を確認し、鍵がかかっていないかをチェックすることです。部品を交換する場合は、新しい部品を取り付け、ネジで固定してください。最後に、動作チェックを行い、正常に開閉できるか確認しましょう。

ドアノブの種類と取り付け方法の違い

ドアノブには、異なる種類や取り付け方法があります。主な種類には、通常のドアノブ、レバーハンドル、シリンダー錠などがあります。それぞれの取り付け方法には違いがありますが、基本的にはネジやラッチを使用して固定するのが一般的です。

また、電子錠や防犯性の高い錠もありますが、これらは専門的な知識や技術が求められるため、業者に依頼することをおすすめします。いずれの場合も、ドアノブのサイズやタイプに注意して選び、正しい取り付け方法を学ぶことが大切です。

プロに依頼する場合の手続きと費用

ドアノブ修理のプロに依頼する場合、まずは適切な業者やサービスを選び、問い合わせを行います。電話やメールで相談し、状態や原因を説明しましょう。その際、シリンダー錠やラッチなど、関連部品の種類やサイズも伝えるとスムーズです。

業者が訪問し、施工前に見積もりを提示してもらいましょう。見積もりは、作業内容や使用する部品、料金、施工時間などを確認する重要な機会です。

見積もりに納得したら、作業を依頼しましょう。施工が完了したら、開閉の確認や、不具合が解決されたことをチェックしてください。費用は、交換部品や作業内容により異なるため、事前に検討しておくと良いでしょう。

また、一部の業者では、無料相談や診断サービスを提供していることもあります。依頼前に確認し、条件が良い場合は利用しましょう。

業者やサービス選びのポイント

適切な業者やサービスを選ぶには、以下のポイントを確認しましょう。

  • 施工実績やお客様の口コミ
  • 料金体系の明確さと手頃さ
  • 迅速かつ丁寧な対応
  • 適切な診断や対処方法の提案
  • 保証制度の有無

これらのポイントを総合的に判断し、信頼できる業者を選びましょう。また、地域密着型の業者や大手チェーン店など、それぞれの特徴に合ったサービスを選ぶことも大切です。

料金や作業時間の相談方法

料金や作業時間の相談は、事前に問い合わせや見積もり時に行いましょう。自分の予算や希望に合わせて、業者に交渉してみてください。また、緊急性が高い場合や、特別な部品が必要な場合は、その旨を伝え、対応期間や追加費用を確認しましょう。

ドアノブ外れた時の対処法まとめ

ドアノブが外れた時の対処法は、自分で修理する方法とプロに依頼する方法があります。状況や自信に応じて適切な方法を選びましょう。ただし、自分で修理する際は、適切な知識や技術が必要です。不安な場合はプロに依頼することをおすすめします。この記事を参考に、最適な対処法を見つけてください。

今回の記事で得た知識を活かし、ドアノブトラブルに対処しましょう。適切な業者選びや対応方法がわからない場合は、専門家に相談することも検討してください。

▶ お急ぎの方 ◀

ドアノブ・ドアレバーの修理・交換ならお電話下さい。電話番号:0120-669-110番。

ドアノブ交換にかかる費用、
施工事例、対応エリアなど

「ドアノブの修理・交換サービス」
について詳しく見る

鍵トラブル一覧へ戻る

ドアノブ・ドアレバーの施工事例

ドアノブ・ドアレバーの施工事例一覧を見る

新着の施工事例

施工事例一覧を見る

創業17年の信頼と実績。年間ご依頼10万件以上!経験豊富な鍵まわりのプロが、安心のサービスをご提供いたします。工事&商品保証も1年間無料です
電話番号:0120-669-110番
鍵猿が選ばれる3つの理由
  • 出張見積り無料
  • 年中無休の対応
  • 錠前技師が解決
  • 施工事例の紹介
  • 対応エリア
  • 鍵猿について

解決までの流れ

  1. 問い合わせ
  2. 現場へ出張
  3. お見積り
  4. 作業開始
  5. 解決・お支払
電話番号:0120-669-110番 鍵猿について
メールで問い合わせる