鍵屋鍵猿鍵トラブルトピックトラブル自転車の鍵が開かないときは誰に頼ればいい?交換にかかる値段は?

更新日:2023/12/01

自転車の鍵が開かないときは誰に頼ればいい?交換にかかる値段は?

自転車の鍵が開かないときは誰に頼ればいい?交換にかかる値段は?

この記事でわかること

・自転車鍵の種類と開かないときの対処方法
・自転車の鍵を自力で開錠するリスク
・自転車の鍵を壊さずに開ける方法
・自転車の鍵を壊して開ける方法
・自転車の鍵交換などにかかる値段について

記事監修者

田口季良(たぐちのりよし)
田口季良(たぐちのりよし)SLS株式会社 マネージャー

「すごわざ鍵開け達人」として関西・関東のテレビに出演。鍵職人としてのキャリアは12年、現在はエキスパート集団を束ねるマネージャー。親切丁寧な防犯アドバイスにも定評がある。

シティサイクル(ママチャリ)や電動自転車、ロードバイクやクロスバイク等、自転車には様々な種類があり、これら自転車で使用されている錠にも様々な種類があります。

そんな自転車の錠が壊れたときや、外出先で鍵を紛失したときに慌ててしまってどうしたらいいか途方に暮れてしまった経験はありませんか?

自転車の鍵が開かなくなったとき、どんな対処をして、誰に頼るのがベストな選択なのでしょうか。

この記事では、代表的な自転車の鍵の種類について解説しつつ、それぞれのタイプに適した対処法、そして自転車の鍵を紛失した際に頼れるところについて説明します。

もし「すぐに自転車の鍵を開けてほしい!」という方は、鍵屋鍵猿までお電話ください。

バイク・原付の鍵のことならお電話下さい。電話番号:0120-669-110番。

自転車鍵の種類と開かないときの対処方法

まずは、自転車の鍵の種類と鍵が開けられないときの対処方法について解説します。
自分の自転車の鍵がどの種類に当てはまるのか確認してみましょう。

前輪錠・箱錠・前鍵

前輪錠
前輪錠・箱錠・前鍵とは

自転車のフロント(前)フォーク(前輪軸を支えながら転舵させる機構)に取り付ける錠前で、かつては元々付けられていましたが、現在では後付けになっています。

昔の自転車に多く付けられていたのが「前輪錠」、「箱錠」、「前鍵」と呼ばれる鍵です。前輪に小さめの箱状の錠があり、細い鍵を線状の鍵穴に挿すことで金属棒(閂)が押し出されて簡単にロックできるタイプです。

昔は、多くの自転車にメインの鍵として最初から付けられていましたが、鍵の形状はシンプルで、防犯性能という点では心もとないものでした。
鍵の構造自体が単純なので、板状のものを挿し込んでガチャガチャと動かせば簡単に開いてしまうのです。

しかも、固定されている金属棒(閂)を物理的に壊して、これを固定しているネジを外せば短時間で簡単に開錠できてしまいます。

出先で鍵をなくしたときでも自分で対処しやすいのはメリットと言えますが、そのぶん防犯面では不安が残るでしょう。そのため昨今ではメインの鍵ではなく、補助錠として後付けするケースが多くなっています。

自転車についている鍵がこの前輪錠だけの場合、突き出している閂を破壊してしまうことで開錠することができます。ただ作業する際、窃盗を疑われるような状況では実行しないほうが良いです。

リング錠・馬蹄錠

リング錠など
リング錠・馬蹄錠とは

その名の通り輪や蹄のような形状をした錠前で、いわゆるママチャリ(街乗り・買い物向け自転車)の標準装備品です。

昨今では前輪錠に替わって一般的な自転車に多く付いているのが「リング錠」、或いは「馬蹄錠」と呼ばれるタイプの鍵で、後輪にデフォルトでついてくることが多いロックです。

ロックしていないときは一部分が欠けた円のような形をしており、取っ手を押すと円が閉じて後輪が回らないようロックします。解錠は従来型の簡単な鍵からシリンダータイプ、ボタンタイプなどがあります。

このタイプは、円形の錠本体を車体から取り外すという選択肢もありますが、傘を分解して「傘鍵」を作って鍵代わりにしたり、マイナスドライバーを鍵代わりにして鍵穴に挿し込み、解錠することができます。

もしリング錠がボタン式で暗証番号を失念してしまった際は、なかなか困難ではありますがリング錠を物理的に破壊する、という方法もあります。

いずれにせよ、これらの方法を採ると不審者のように見られてしまうのは避け得ないでしょう。もしリング錠を自力で解錠したいのであれば、自宅で作業するようにしましょう。

ワイヤー錠

ワイヤー錠
ワイヤー錠とは

盗難対策の為に自転車をロックする、シリコンやビニール、ナイロン素材等でカバーされたワイヤー製の鍵です。

ワイヤー錠は、建物や道路の柱、駐輪場の柵などと車輪をワイヤーやケーブルでつないで持ち去られないようにするタイプです。昔からあるチェーンロックと呼ばれるものと同じタイプで、チェーンより軽量なワイヤーでできています。シリンダー錠で鍵をかけるタイプとナンバーダイヤル式のタイプがあります。

シリンダーに挿す鍵の形状は、ギザギザの切り欠きのあるピンシリンダーキーと、いくつかの丸いくぼみが彫られたディンプルキー、波上にうねった溝があるウェーブキーがあります。ウェーブキー、ディンプルキーは簡単にピッキングできないような加工がされているため、不正解錠に強く防犯性能が高いです。

ダイヤル式は、3桁や4桁のナンバーがあらかじめ登録されている並びになったときに開錠できる仕組みです。鍵を外して持ち歩かずに済むため、鍵を紛失する心配はありませんが、番号を失念してしまうと解錠できなくなります。

どちらのタイプでも、鍵が開かないとなると物理的にワイヤーやチェーンを切断するか、錠前そのものを破壊するしかありません。

シンプルなものであればワイヤーカッター或いはボルトクリッパーで切断できますが、一部のチェーンロックやジョイントワイヤーロックはこういった切断による開錠を防ぐため、ワイヤー、チェーンそのものが太くなっていたり、別素材で多重に覆われて刃が入りにくくなっていたりします。

逆に従来の細いチェーンであれば、一箇所を切断するだけで解けますし、ワイヤーもニッパー程度で切断できるでしょう。

U字・シャックルロック

U字型・シャックルロック
U字・シャックルロックとは

U字ロックは合金など頑丈な素材で作られたU字型の錠です。表面が柔らかいシリコンなどで覆われているのも大きな特徴で、多くがディンプルキーを採用しています。

アルファベットのUの上部に横棒がひっついたような構造をしており、合金などで作られているロックです。大変頑丈な作りになっていますが表面はシリコンなどで覆われ、車体や公共物を傷つけないようになっています。

鍵穴には多くがディンプルキーを採用しており、防犯性能が高く、鍵をなくしたときは自力で開錠するのは困難です。構造的に弱い接合部をマイナスドライバーでこじ開けられるものもあるかもしれませんが、物理的な破壊は難しいものが殆どです。

鍵穴も防犯性能が高いシリンダーを備えているものが多いので、素人のピッキングでは開錠できないと考えた方がよさそうです。このタイプの錠は鍵を紛失したらスペアキーを取りに戻るか、鍵屋に打診してみましょう。

自転車の鍵を自力で開錠するリスク

対処方法で述べてきたように、工具を使って自分で鍵を開けたり破壊することも可能ですが、専門家ではない方が行う破錠作業というものは、結構時間がかかるものです。

外出先や駐輪場で鍵と長時間格闘するのは体力も使いますし、時間帯や場所によっては、自転車泥棒と間違えられて通報される可能性もあります。警察官に職務質問されてしまってもなんら不思議ではありません。

その際に、自転車をきちんと防犯登録していれば自分の自転車の鍵を外している、と説明できますが、防犯登録していない場合は証明できず不利な状況に立たされてしまいます。

特にピッキング用の特殊な専門工具は、鍵屋などのごく限られた業者にしか所有や使用を許可されていません。一般人がピッキングツールを不正に入手して所持したり、使用したりするとピッキング防止法違反に問われます。

ヘアピンなどを使用したピッキングも成功すれば良いですが、逆にシリンダー内を傷めつけてしまい、合鍵が見つかっても錠前が使えなくなることもあります。

このように、自力で自転車の鍵を解錠する、というのは非現実的です。自力で解決したほうが良いかどうかは、冷静に判断する必要があります。

自転車の鍵を壊さずに開けるなら

鍵を紛失した際、ママチャリの鍵なら壊して新しい鍵に取り替えようと思われる方が多く居られるかもしれませんが、電動自転車の鍵ではどうでしょう?

電動自転車は、ママチャリよりも高額な自転車なので鍵を壊すことに躊躇されるのではないでしょうか。

電動自転車には、車輪のロック用の鍵とバッテリー部分にも鍵が付いており、同じ鍵で開けられるタイプが多いです。 その為、鍵を壊して開けると両方の鍵を交換しなければならなくなり、費用がかさんで大きな出費となってしまいます

鍵を壊して開けようという方の中には、電動自転車はママチャリに比べて重量があり、自転車の鍵がロックされた状態で自転車屋まで持っていけないという方も少なくないでしょう。

鍵を壊さずに開けてくれる業者や、自転車を停めている場所で作業してくれる業者をお探しの方には、鍵屋がおすすめです。 鍵のプロである鍵屋であれば、パナソニックやブリジストン、ヤマハなどお使いの自転車がどこのメーカーであろうと対応してくれるでしょう。

鍵屋

鍵を壊したくない・自転車屋が営業時間外・近所に自転車屋がない・自転車が重くて自転車屋まで持っていけない等、自転車屋で対応できない時に頼りになるのが鍵屋です。鍵屋は鍵トラブルに駆けつけるのが主な業務です。

鍵屋では様々な鍵に対応しており、鍵を開けたり作ったり、新しい鍵に交換する等、最短即日で対応してくれます。
自転車の鍵に関しては対応しているかどうかは要相談としている事も多い為、まずは問い合わせてみるのがよいでしょう。365日問い合わせを受け付けている鍵屋もあります。

自転車の鍵と一口に言っても、最近はシンプルなシリンダー錠からディンプルキーを採用したもの、電動自転車用(バッテリーの鍵も兼ねる)等々とさまざまです。鍵屋を呼ぶメリットは移動しなくていいということで、特に開錠に時間をかけられない方や急いでいる方は相談してみると良いでしょう。鍵を壊さずに解錠できる可能性が高いです。

鍵屋のスタッフは高い技術力を持った専門家として玄関やドア以外にも、さまざまな鍵の構造をよく理解しており、さまざまなケースを経験しています。

長く鍵を使いたい、あるいは帰宅すればスペアキーがあるから錠を壊さずに解錠できると助かる、という人も少なくはないと思います。

作業料は警察や自転車屋に依頼するよりも割高になりますが、新しい錠や工具を購入せずに、引き続きそのまま使用したいという方は鍵屋に相談したほうが良いでしょう。

鍵のトラブル解決は鍵屋鍵猿 電話番号:0120-669-110番

自転車の鍵を壊して開けるなら

自転車の鍵が開かないときや外出先で鍵を紛失してしまったとき、どうしたらいいかわからず困ってしまう人も多いと思います。

そのまま自転車を放置するわけにもいきません。このようなとき、誰を頼ったらいいのでしょうか。誰に、あるいはどこに、どのように対応してもらえるのか解説します。

駐輪所の管理者や係員

もし自転車を駅や商業施設の駐輪所に停めている場合は、速やかに常駐の管理者がいないか確認しましょう。

警察に相談する前に、まずは現場にいる人に相談してみるべきです。多くの駐輪場は似たようなトラブルを経験しているので、自転車の鍵を破壊するための工具を備えていることも多いですし、業者に連絡してくれるかもしれません。

また、月極で契約をしている方は、契約時に防犯登録のコピーなどを提出していて本人確認がスムーズにできる可能性が高いです。身分証明書などを持って管理者や係員に相談してみて下さい。

警察署・交番

警察署や交番も、相談すると力を貸してくれることがあります。自転車の鍵を壊せるワイヤーカッターなどの工具をおいていることも多く、鍵を破壊するところまでは助けてくれるかもしれません。

ただし、自転車の鍵を壊すためには、その自転車が間違いなく自分のものである証明が必要です。自転車を購入したときに防犯登録がしてあり、身分証明書などを提示して本人と認められるなどすれば問題ありませんが、どこの誰だかわからない人に鍵を壊したい、と言われて承諾してくれるところはほぼないでしょう。

これは、自転車の違法放置や盗難防止のため、1994年から防犯登録制度が義務化されているのが一因です。正しく防犯登録されていれば自分の自転車と公的に証明されますが、未登録の場合、自分の自転車であることの証明が難しくなります。

警察は他人の所有物である可能性を考え、鍵を壊すことを軽々と引き受けるわけにはいかないのです。

サイクルショップ(自転車屋)

自転車の鍵に関するトラブルは、やはりサイクルショップや町の自転車屋が頼りになります。

サイクルショップによっては出張してくれるところもありますし、工具を貸してくれることもあります。特に、自転車そのものをそのショップで購入した、あるいは普段修理などでお世話になっている、といったところであれば身元確認に時間がかからない可能性も高いです。

初めて訪れるサイクルショップであっても、身分証明書を提出するなどすれば開錠や、破壊をしてくれるかもしれません。

自転車が動かなくてもサイクルショップが近くにあるなら、店へ出向いて相談してみると良いでしょう。
錠前を破壊するしか手立てがない場合も、新しい鍵をすぐに手配できるのがサイクルショップのメリットです。

駐輪場の管理者や警察は、破壊や開錠までは協力して貰えるかもしれませんが、新しい鍵を案内することはできません。鍵を紛失しているということは、誰かがそれを見つけて悪用する可能性がある、ということです。防犯のためにも、錠前ごと交換してしまうほうが良いでしょう。

鍵交換など解決にかかる値段は?

コスト

もし自転車の鍵を紛失してしまって錠前ごと取り替えることになったら、いくらくらい必要なのでしょうか。自分で自転車屋に持ち込めず出張で来てもらう場合は、別途1,000円~の出張費がかかります(サイクルベースあさひ、DAIWA CYCLE などは、店舗で自転車を購入した人には出張費無料)。

簡単な前輪錠であれば1,000円程度、シンプルなリング錠であれば800円から2,000円程度、ワイヤーやチェーンタイプは1,000円から4,000円あたり、U字で2,000円から6,000円くらいの価格帯で、全体的に見て5,000円を超えるものは珍しいと言えるのではないでしょうか。※2021年6月アマゾン・ドット・コムでの調査結果に基づく

方、鍵屋に開錠を依頼する場合、開錠は8,000円からが相場です。安価なシティサイクルなら1台購入できてしまうかもしれません。

これが自宅の玄関キーであれば緊急性もあって、仕方のないことだと腹をくくれますが、自転車の鍵の開錠だとなかなか踏み切れない……と悩む方が多くいるのも事実です。

しかし開錠できず、動かせない自転車を放置するわけにはいきません。有料駐車場に停めていたのなら、できるだけ早く移動させないと料金がかかり続けてしまいますし、放置していると判断されて撤去されてしまったら回収するのに料金がかかってしまいます。

既存の鍵を破錠する選択をしたとしても、防犯性能のある新しい鍵を2つつけるとしたら買い替えにはやはり2,000~3,000円近くかかるでしょう。

また、鍵屋でなくては対応できない状況もあります。深夜誰も周りにいないときであったり、鍵や自転車そのものを傷つけたくない持ち主もいるでしょう。昨今ではロードバイクやクロスバイク、電動アシスト自転車など、本体が高価なものを愛用する人が増えていますし、そのような自転車に不正解錠が難しいロックが使用されていることも多いです。

ジョイントワイヤーロックやU字ロックのように本体を破壊することが困難なものは、プロに依頼することをおすすめします。

自転車の鍵トラブルは意外と厄介

このように、自転車の鍵トラブルは意外と厄介なものである、ということがおわかり頂けたかと思います。

鍵を紛失してしまったときのためにも、防犯登録をはじめ、合鍵を前もって作成しておくなど、『今できること』をしておくことが大事です。

そしてどうしても周囲の協力だけでは問題を解決できない、という場合は、ぜひ鍵屋にご相談下さい。

▶ お急ぎの方 ◀

バイク・原付の鍵のことならお電話下さい。電話番号:0120-669-110番。

バイク・原付の鍵トラブルにかかる費用、
施工事例、対応エリアなど

「バイク・原付の鍵トラブルの対応サービス」
について詳しく見る

鍵トラブル一覧へ戻る

その他の鍵の施工事例

その他の鍵の施工事例一覧を見る

新着の施工事例

施工事例一覧を見る

創業17年の信頼と実績。年間ご依頼10万件以上!経験豊富な鍵まわりのプロが、安心のサービスをご提供いたします。工事&商品保証も1年間無料です
電話番号:0120-669-110番
鍵猿が選ばれる3つの理由
  • 出張見積り無料
  • 年中無休の対応
  • 錠前技師が解決
  • 施工事例の紹介
  • 対応エリア
  • 鍵猿について

解決までの流れ

  1. 問い合わせ
  2. 現場へ出張
  3. お見積り
  4. 作業開始
  5. 解決・お支払
電話番号:0120-669-110番 鍵猿について