鍵屋鍵猿鍵トラブルトピックその他玄関ドアのリフォームは鍵の交換や追加がおすすめ!

更新日:2023/12/01

玄関ドアのリフォームは鍵の交換や追加がおすすめ!

玄関ドアのリフォームは鍵の交換や追加がおすすめ!

この記事でわかること

  • 玄関扉の種類について
  • 玄関扉を取り替える際の費用について
  • 防犯対策したい場合は鍵がポイント

記事監修者

田口季良(たぐちのりよし)
田口季良(たぐちのりよし)SLS株式会社 マネージャー

「すごわざ鍵開け達人」として関西・関東のテレビに出演。鍵職人としてのキャリアは12年、現在はエキスパート集団を束ねるマネージャー。親切丁寧な防犯アドバイスにも定評がある。

玄関ドアのリフォームをするとき、同時に玄関の防犯性能を上げたい、と考える方は多いのではないでしょうか。実は、防犯性能を高めるためには古い鍵から新しい鍵に交換したり、つける鍵の個数を増やしたりするだけで十分だったりするのです。

この記事では、玄関ドアの種類をはじめ、鍵の交換や追加でリフォームするメリットや注意するべきポイントなどについて解説します。

今すぐに鍵交換をしたいとなった場合もご安心ください。鍵屋なら、鍵交換や鍵の取付などを最短即日で行えます。

家・マンションの鍵トラブルならお電話下さい。電話番号:0120-669-110番。

玄関リフォームで選べる扉の種類

玄関をリフォームする際、扉は引き戸開き戸のどちらかを選ぶことができます(※管理組合などの承諾が必要なマンション等、集合住宅は除きます)。ただ引き戸と開き戸といっても、さまざまな種類があるのです。ここでは、その種類について紹介します。

引き戸

引き戸には大きく分けて3つのタイプがあります。

  1. 片引き戸
  2. 引き違い戸
  3. 両引き込み戸
引き戸の種類

片引き戸」は扉が1枚のみで、1本の溝、或いはレールの上を左右どちらかにスライドさせて開閉します。扉が1枚のみなので、開き戸からのリフォームがしやすいタイプです。そのため、リフォーム代も安く抑えることができます。

引き違い戸」は2枚以上の扉と2本以上の溝、或いはレールの上をスライドさせて開閉するタイプで、左からも右からもスライドして開けることができます。和風のデザインはもちろんのこと、洋風のデザインもあるので、どのような家の玄関でも合わせやすいでしょう。また、簡単に網戸を取り付けることができ便利です。

両引き込み戸」は扉を2枚つけて、それぞれを左右の壁に引き込んで開けます。このタイプは、開口部分を広くとることができるというメリットがあります。開口部分を広くしたいにもかかわらず、扉の前後にスペースがないときにおすすめです。ベビーカーや車いすでも出入りしやすいので便利です。

開き戸

「開き戸」には大きく分けて4つの種類があります。

  1. 片開きドア
  2. 親子ドア
  3. 袖付き片開きドア
  4. 両開きドア
開き戸の種類

片開きドア」は最も一般的な、ドア1枚のみのタイプで、片側が固定されています。シンプルで種類も豊富なドアなので、どのような家の玄関にも合います。

親子ドア」は、片開きドア(親)の横に、もう1つ小さなドア(子)がついているというものです。普段は片開きドアのみを使用しますが、車いすや大きな荷物を出し入れしたいときは、もう1つの小さなドアを開けて、開口を広くします。

袖付き片開きドア」は開閉するドア1枚の横に採光用のガラスをはめこんでいます。袖付き片開きドアには、両側にガラスをはめこんだ袖があるタイプ(A)と、片側のみ袖があるタイプの2種類あります(B)。どちらを選ぶかは、玄関の雰囲気によって決めましょう。

見た目は親子ドアによく似ていますが、袖付き片開きドアはメインのドアしか開くことはできません。玄関をすっきり見せたいときに採用したいタイプのドアです。

両開きドア」は左右に同じ大きさのドアをつけ、観音開きで開きます。親子ドアよりも開口を広くし、重厚感を出すことができるでしょう。

玄関扉を取り換えるのにかかる費用は?

玄関ドアを取り換える際にかかる費用は、当然ですがドアの種類について異なります。詳しくは下の表を御覧ください。既存のドアを解体撤去する必要として5,000円~1万5,000円かかります。また、新しいドアを取り付けるために1万5,000円~2万5,000円程度の費用がかかるのです。

玄関ドアの種類 本体価格

玄関ドア種類価格
引き戸引き違い戸100,000円~400,000円
引き戸片引き戸100,000円~300,000円
引き戸両引き込み戸200,000円~500,000円
開き戸片開きドア100,000円~300,000円
開き戸親子ドア100,000円~350,000円
開き戸両開きドア300,000円~600,000円
開き戸袖付き片開きドアドア200,000円~500,000円

ドアの取り付けには2つの工法があります。どちらの工法を選ぶかによって、かかる費用も変わるのです。

まず、ドア枠とドアの両方を取り換える方法を「はつり工法」といいます。この工法では工事も大掛かりなものとなり、費用も高くつきます。さらに、取り付けまでに時間がかかるのです。

次に、既存のドア枠の上に新しいドア枠を取り付ける「カバー工法」があります。こちらは安く費用を抑えるにはおすすめです。工事時間も短縮することが可能です。ただし、既存のドア枠に新規のドア枠を重ねますので、開口部分が数cm 程狭くなるというデメリットがあります。

セキュリティ強化するならポイントは鍵

リフォームで玄関のセキュリティを強くしたい場合は、鍵がポイントになります。リフォームで玄関ドアを新しくしても、鍵が古く、防犯性能が低いままでは意味がありません。そこで、鍵をつける際に押さえるべきポイントについて紹介します。

鍵の交換で強化

ディンプル錠
ディンプル錠【GOAL V18】

セキュリティを高めたいのであれば、一緒に鍵も防犯性能が高いものに取り換える必要があります。ただし、リフォームの目的がセキュリティの強化で、日常的に玄関ドアを使う分には何も問題がないのであれば、ドアはそのままで鍵だけ交換すればよいでしょう。

玄関ドアによく使用されているタイプの鍵といえば、ディンプル錠ですが、すべての人にディンプル錠がお勧めできるわけではありません。同じシリンダーでも、構造が複雑になったピッキングされにくいタイプのピンシリンダー錠ロータリーディスク錠も数多く販売されています。不正に開くことができにくいタイプのものに付け替えれば、セキュリティの強化につながるでしょう。

鍵の数を増やすことで強化

ワンドアツーロック
ワンドアツーロック

防犯性能を高めたいのであれば、鍵の数も増やしましょう。1つの扉に2つ以上の鍵をつける「ワンドア・ツーロック」がおすすめです。

空き巣は鍵開けに時間がかかることを避ける傾向があります。なぜなら、手間取っていると怪しい人物として特定されやすくなり、捕まってしまう可能性が高くなるからです。

防犯性能が普通の鍵だったとしても、2つ以上つければ開けるのに時間がかかるため、防犯性能は高まります。もちろん、防犯性能が高い鍵を2つ以上つければ、より一層、防犯対策を強化することができるでしょう。

既存のドアであれば、メインの鍵が掘込式でドア内にあると思われますので、2つ目は面付の補助錠がお勧めです。また、玄関のドアには不審者避けのドアガード(U字タイプ)も取り付けておきましょう。元々はセールスマン避けの内鍵ですが、見知らぬ人と相対する時など、不安を感じる際に便利です。

鍵だけリフォームをおすすめする理由は?

玄関ドアによっては、鍵だけリフォームしたほうがよい場合があります。ここでは、その理由について紹介します。

短時間でセキュリティ強化が完了する

鍵だけのリフォームをおすすめする理由の1つは、短時間でセキュリティを強化することができるからです。通常、玄関ドアまで取り換える場合、ドア枠も一緒に替える場合が多いものです。もちろん、既存のドア枠を活かしたカバー工法で新たにドア枠をつけることもできますが、開口部分が狭くなるというデメリットがあります。車いすなどで出入りをしている場合は間口の広さを考慮する必要があります。

また、玄関ドアを交換するためには、コーキングなども含めて最低でも2日程度かかるのです。その間、ドアを施錠することができず、防犯上不安があります。その点、鍵のみの交換だと数分~数十分で終わります。玄関ドアを施錠できない時間も短く安全なのです。

防犯強化にかける費用を抑えられる

鍵だけのリフォームをおすすめするもう1つの理由は、防犯強化にかかる費用を抑えられるからです。玄関ドアを新しくした場合、どうしても費用が高額になります。ドア本体の価格+工事費で数十万円とかかるのです。

一方、鍵だけの場合は費用を抑えることができます。どんなに高い鍵でも、数万円程度しかかかりません。既存のドアをそのまま使ったとしても鍵の防犯性能さえ高ければ、費用を抑えてセキュリティを強化することができます。目的が防犯性能を上げるためであれば、玄関ドアを丸ごと替える必要はないのです。

玄関の鍵交換は自分でもできる?

玄関ドアの鍵は自分でも取り換えることができます。ただし、元の鍵と同じ型式の錠前であることが条件です。錠ケースを見て、型式を確認しましょう。錠前には堀込型、面付型、プッシュプル型の3タイプがありますが、どのタイプのものでもメーカー名の近くに型式が刻印されています。錠前の型式に対応しているシリンダーであれば、錠ケースとメーカーが違っていても取り替えることができます。

ただ、無理に取り付けたり、ドア本体に傷をつけることがないように気をつけましょう。ドアを傷つけてしまうと、ドア本体の修理が必要になり、最悪ドアも交換しなくてはいけなくなってしまいます。せっかく鍵のシリンダーだけで何とかコストダウンしようというところにドアの修繕費が追加されてしまっては本末転倒です。

▼関連ページ

玄関の鍵交換で注意すべきポイントは?

玄関の鍵交換をする際に、注意するべきポイントがあります。ほとんどの人は自分で鍵を取り換える目的は費用を安く抑えるためでしょう。しかし、既存の錠ケースに合わない鍵を購入してしまうと、かえって高くついてしまいます。

実はホームセンターなどで鍵を購入した場合、「鍵の型式が合わなかった」という理由では返品できないケースが多いのです。それは、鍵という性質上、返品に応じてしまうと防犯上、後々トラブルが起こるかもしれないからです

特にいったん開封されてしまうと、返品までの間に合鍵を作製できる、と考えることも可能になるため、返品できなくなります。 型式やバックセット等々、シリンダー交換時に必要とされている情報はしっかりと把握して取り替え用のシリンダーを購入して下さい。

鍵交換の作業に慣れていない人の場合、取り付け時にドア本体の中に部品を落としてしまう可能性もあります。こうなると、中から部品を取り出すことができませんので、再度鍵を購入することになります。慣れている人以外はプロに任せたほうがいいでしょう。

サイズや形状に問題のない防犯性能の高い鍵を、無事に取り付けることができたとします。しかし、その後、きちんと調整しないと施錠することができません。実際に鍵をかけたり開けたりしてみて、施錠できるかどうか確認することが大切です。

元の鍵と違うタイプの鍵を取りつけたり、鍵の数を増やしたりしたい場合は、無理に自力で行おうとせずにプロに任せるようにしましょう。費用を安く抑えることも大切ですが、手間がかからないこと、安全であること、そして失敗しないことも重要です。これらの点を考慮して、プロに任せるか自力でやるかを決めたほうがいいでしょう。

防犯を重視するなら鍵屋鍵猿にお任せください

この記事では、玄関ドアのリフォームをする際の鍵の重要性について解説しました。防犯性能の高い鍵に交換したり、鍵の個数を増やしたりすることは自力でもできますが、慣れていない場合は余計に高くつく原因になる可能性があります。費用面はもちろんのこと、手間をかけずに安全に鍵を交換したいときは、鍵のプロである「鍵屋鍵猿」にご相談下さい。

▶ お急ぎの方 ◀

家・マンションの鍵トラブルならお電話下さい。電話番号:0120-669-110番。

家の鍵のトラブルにかかる費用、
施工事例、対応エリアなど

「家・マンションの鍵トラブルの対応サービス」
について詳しく見る

鍵トラブル一覧へ戻る

玄関の鍵交換の施工事例

玄関の鍵交換の施工事例一覧を見る

新着の施工事例

施工事例一覧を見る

創業17年の信頼と実績。年間ご依頼10万件以上!経験豊富な鍵まわりのプロが、安心のサービスをご提供いたします。工事&商品保証も1年間無料です
電話番号:0120-669-110番
鍵猿が選ばれる3つの理由
  • 出張見積り無料
  • 年中無休の対応
  • 錠前技師が解決
  • 施工事例の紹介
  • 対応エリア
  • 鍵猿について

解決までの流れ

  1. 問い合わせ
  2. 現場へ出張
  3. お見積り
  4. 作業開始
  5. 解決・お支払
電話番号:0120-669-110番 鍵猿について