1,000円引きクーポン配布中! ▶ 詳しくはここをクリック! ◀

鍵屋鍵猿鍵トラブルトピックその他認知症の徘徊対策グッズで安心な生活へ

更新日:2024/07/11

認知症の徘徊対策グッズで安心な生活へ

認知症の徘徊対策グッズで安心な生活へ

この記事でわかること

  • 認知症の徘徊する原因
  • 認知症の徘徊対策おすすめグッズ
  • 地域と協力して徘徊対策を強化する方法

記事監修者

田口季良(たぐちのりよし)
田口季良(たぐちのりよし)SLS株式会社 マネージャー

「すごわざ鍵開け達人」として関西・関東のテレビに出演。鍵職人としてのキャリアは12年、現在はエキスパート集団を束ねるマネージャー。親切丁寧な防犯アドバイスにも定評がある。

認知症患者の徘徊は、家族や介護者にとって深刻な悩みです。

この記事では徘徊対策グッズを活用し、安心な生活を送るための方法について解説します。

鍵の交換のことならお電話下さい。電話番号:0120-669-110番。

認知症患者の徘徊問題とその対策

対策

認知症患者の徘徊問題は、家族や介護者にとって非常に心配な問題です。

徘徊は高齢者が無意識に家を出たり、見知らぬ場所へ行ってしまうといった行為を指します。

徘徊が起こると、本人の安全や健康を脅かすだけでなく、家族や介護者も大きな不安を感じます。

以下では、認知症患者の徘徊の原因と家族や介護者ができる対策について解説します。

認知症徘徊の原因とは?

要因

認知症徘徊の原因は、直接的なものと間接的なものに分けられます。

直接的な原因としては、記憶の喪失や空間認知能力の低下などが挙げられます。

これにより、自宅や身近な場所でも迷子になってしまうことがあります。

間接的な原因としては、生活リズムの乱れやストレス、不安感が考えられます。

これらが原因で徘徊を誘発する場合もあります。

徘徊の基本的な対策として、安全な環境作りや生活リズムの整備、心のケアを行うことで、徘徊のリスクを減らすことができるでしょう。

防犯カメラやGPSの活用方法

防犯カメラ

防犯カメラとGPSを活用することで、安心で安全な生活を送ることが可能です。

防犯カメラは家族や施設の中の高齢者の様子を確認し、異常があった場合にすぐに対応することができます。

防犯カメラやGPSを選ぶ際には、用途や設置場所に応じて機能や価格を比較して選ぶことが大切です。

また、使用する会社やサービスを検索し、評判やサポート体制も確認しておくべきです。

なお、施設や家庭での設置を検討する際には専門家に相談することをおすすめします。

安心できる介護施設の選び方

選び方

安心できる介護施設を選ぶポイントは以下の通りです。

  • 施設の雰囲気やスタッフの対応が良いかどうかを観察しましょう。施設見学を行い、実際に利用者がどのような生活を送っているかを確認し、対応の良いスタッフがいるかどうかをチェックしてください。
  • 施設のサービス内容や費用が適切かどうかを確認することが重要です。必要なケアや治療が提供されているか、保険の適用範囲や自己負担額が適正かどうかを検討してください。
  • 施設が安全対策をしっかりと行っているかどうかもポイントです。防犯カメラや柵の設置、徘徊防止対策など、高齢者が安全に過ごせる環境が整っているかをチェックしましょう。
  • 口コミや評判を調べることも大切です。インターネットや知り合いから施設の評判を聞くことで、良い施設を見つけることができます。

認知症の徘徊対策おすすめグッズやサービス

認知症の徘徊対策グッズやサービスは、高齢者や家族の安心に繋がるため、活用することをおすすめします。

事前に家族と相談し、必要なグッズを選んで準備しておくことが大切です。

ここでは、認知症の徘徊対策グッズの活用法について解説します。

脱着式サムターンの設置

YKKAP Webサイトより

室内側のドアにあるサムターン(つまみ)を脱着式サムターンに交換することで、認知症患者の徘徊を防ぐことができます。

脱着式サムターンは解錠時のみサムターンを取り付けて使用後は取り外すことで、高齢者の勝手な外出や徘徊、サムターン回しによる不正解錠を防ぐことができます。

YKK APから発売されている脱着サムターンはプッシュプル錠に使われることが多く、サムターンの近くにあるレバーを押しながらサムターンを引き抜くことで着脱が可能です。

▼関連ページ▼関連ページ▼関連ページ 鍵の交換のことならお電話下さい。電話番号:0120-669-110番。

電話連絡サービスの活用

方法

電話連絡サービスの主な役割は、高齢者の安全を確保することです。

例えば、徘徊防止のため、玄関ドアや窓にセンサーを設置し、高齢者が外出しようとするとセンサーが反応し、連絡が入るようになっています。

このサービスを活用する方法は以下の通りです。

  1. サービス会社に相談し、適切なプランを選択
  2. センサーなどの必要な機器を家に設置
  3. 連絡先電話番号を登録し、サービスを開始

ドアや窓にセンサーを取り付ける

ドアや窓に取り付けることができるセンサーは以下の通りです。

  • 開閉センサー:ドアや窓が開くとセンサーが感知し、家族に通知が行くタイプです。
  • ガラス割れセンサー:ガラスが割られると、センサーが感知し、家族に通知が行くタイプです。
  • 振動センサー:ドアや窓に振動が発生すると、センサーが感知し、家族に通知が行くタイプです。

これらのセンサーを設置する方法は各製品によって異なりますが、一般的には次の手順で行われます。

  1. 取り付ける場所を綺麗に掃除します。
  2. 取扱説明書を読みながらセンサー本体を取り付けます。
  3. 取り付け後、電源や通信機能を確認します。
  4. 家族の連絡先を登録します。

GPS追跡機能の利用

GPS

GPS追跡機能を利用することで、徘徊防止や迷子対策を解決してくれます。

例えば、靴に内蔵されたGPS追跡機能は高齢者の徘徊を感知し、メールが届くといった機能があります。

患者や家族に合ったものを選びましょう。

家族向けサポートサービスと連携した徘徊対策

専用のアプリや電話サービスを利用し、家族や介護者が患者の行方を追跡できるサポートがあります。

また、センサーや音声案内機能が付いた徘徊対策グッズも活用されることが多いです。

家族向けサポートサービスでは、無料から有料プランまで様々なサービスが提供されており、利用者の状況やニーズに応じて適切なサービスを選択できます。

また、24時間365日対応のサポートが提供される場合もあり、いつでも安心して相談ができるでしょう。

地域との協力で徘徊対策を強化

地域との協力による徘徊対策は、認知症患者や高齢者の安全確保に効果的です。

以下では、地域の徘徊対策について解説します。

地域住民との連携による見守り体制

地域住民との連携による見守り体制は、認知症高齢者の徘徊防止や家族の安心につながります。

地域住民同士で情報交換や見守り活動を行い、徘徊者がいる場合にはすぐに家族やケアサービスに連絡する方法が一般的です。

また、ケアサービスや会社と協力し、GPSやセンサーを利用した見守りシステムの導入も考えられます。

家族が外出時にも安心できるよう、玄関や窓に防犯対策対策を施すことも重要です。

地域活動と認知症サポートの連携

地域活動と認知症サポートの連携は、徘徊防止や生活支援に効果的です。

地域活動を通じて認知症に関する知識を広め、予防や早期発見に役立てることが大切になります。

一方、認知症サポートでは専門的なケアや相談を提供することで、家族や高齢者自身の悩みを軽減し、生活の質を向上させることが可能です。

相談窓口やサポートセンターを活用し、地域活動と連携して、より効果的な対策を立てましょう。

認知症徘徊対策グッズで安心な生活を

認知症の徘徊対策グッズや地域のサービスを利用することで、高齢者や家族が安心して生活できる環境を整えることができます。

また、地域住民やサポートサービスとも連携し、徘徊防止や生活の質を向上させましょう。

鍵の交換のことならお電話下さい。電話番号:0120-669-110番。

鍵トラブル一覧へ戻る

新着の施工事例

施工事例一覧を見る

創業17年の信頼と実績。年間ご依頼10万件以上!経験豊富な鍵まわりのプロが、安心のサービスをご提供いたします。工事&商品保証も1年間無料です
電話番号:0120-669-110番
鍵猿が選ばれる3つの理由
  • 出張見積り無料
  • 年中無休の対応
  • 錠前技師が解決
  • 施工事例の紹介
  • 対応エリア
  • 鍵猿について

解決までの流れ

  1. 問い合わせ
  2. 現場へ出張
  3. お見積り
  4. 作業開始
  5. 解決・お支払
電話番号:0120-669-110番 鍵猿について
メールで問い合わせる