鍵屋鍵猿鍵トラブルトピックその他引き戸の鍵交換と防犯対策を徹底解説!

更新日:2024/02/14

引き戸の鍵交換と防犯対策を徹底解説!

引き戸の鍵交換と防犯対策を徹底解説!

この記事でわかること

・引き戸の鍵の種類と機能
・引き戸の鍵交換方法と注意点
・よくある引き戸の鍵に関する質問と回答

記事監修者

田口季良(たぐちのりよし)
田口季良(たぐちのりよし)SLS株式会社 マネージャー

「すごわざ鍵開け達人」として関西・関東のテレビに出演。鍵職人としてのキャリアは12年、現在はエキスパート集団を束ねるマネージャー。親切丁寧な防犯アドバイスにも定評がある。

引き戸を使用している住宅やオフィスの方にとって、鍵交換や防犯対策は重要な課題です。この記事では、引き戸の鍵の種類や機能、鍵交換方法、おすすめの防犯対策について徹底解説します。

まず、鍵の種類と機能について、玄関用・トイレ用・その他の引き戸用鍵からディンプルキー・シリンダーキーなどの形状別、そして高度な防犯機能を持つ電子錠や補助錠まで、幅広く解説します。

次に、DIYでの鍵交換手順や必要な道具、業者選びや費用相場、鍵のサイズ測定や部品名の確認方法について説明します。

さらに、防犯対策としておすすめの引き戸の鍵について、メーカーや価格、電子鍵やディンプルキーなど高性能鍵の利点、住宅用・室内用引き戸の鍵の選び方をご紹介します。

最後に、よくある引き戸の鍵に関する質問と回答をまとめ、鍵交換後のキー管理や登録方法、鍵が壊れた・失くした場合の対処法を解説します。

この記事を参考に、引き戸の鍵交換や防犯対策をスムーズに行い、安心してご利用いただけるようになります。

鍵の取り付けのことならお電話下さい。電話番号:0120-669-110番。

引き戸の鍵の種類と機能を徹底解説

困った顔

引き戸の鍵は、ドアの開閉を制御するために使用される重要なセキュリティ要素です。その種類と機能はさまざまで、理由としては、異なる状況や目的に応じて適した鍵を選ぶ必要があるからです。

具体例として、引き戸の鍵には玄関用、トイレ用、その他の用途に対応したものがあります。また、鍵の形状もディンプルキーやシリンダーキーなど、多種類が存在します。

さらに、高度な防犯機能を持つ電子錠や補助錠などの鍵も利用されています。これらの違いを理解し、自分の状況に最適な鍵を選ぶことが重要です。

引き戸の鍵の種類一覧:玄関用・トイレ用・その他

引き戸の鍵は、用途に応じてさまざまなタイプが存在します。玄関用の鍵は、防犯性能が高く、シリンダーやディンプルキーを採用したものが多いです。

また、トイレ用の鍵は、プライバシー保護のための簡易なロックが一般的です。その他の用途には、室内の引戸や勝手口に適した鍵があります。これらの鍵は、用途に応じてサイズや機能が異なるため、選ぶ際に注意が必要です。

鍵の形状別:ディンプルキー・シリンダーキーなど

鍵の形状は、ディンプルキー、シリンダーキー、その他のタイプに大別されます。ディンプルキーは、キーの表面に凹みがあり、ピンタンブラー錠と組み合わせて使用されるもので、高い防犯性能が特徴です。

一方、シリンダーキーは、キーの切り込みが円筒状のシリンダー錠で使用され、多くの場合で堅牢性が求められる玄関用の鍵として利用されます。

高度な防犯機能を持つ鍵:電子錠・補助錠

高度な防犯機能を持つ鍵には、電子錠や補助錠があります。電子錠は、暗証番号やICカード、スマートフォンの認証など、物理的なキーを必要としない方式で、セキュリティ性能が高いとされています。

補助錠は、既存の鍵に加えて設置される追加のロックで、鎌やドアチェーンなどがあります。これらは、玄関などの高い防犯性能が求められる場所に取り付けられることが多く、犯罪対策として効果的です。

引き戸の鍵交換方法と注意点

ポイント

引き戸の鍵交換は、防犯対策や機能性向上のために必要な場合があります。まず、鍵の種類を確認し、シリンダーや錠前の交換が適切かどうか検討しましょう。また、取り付け方法や適合商品を調べ、メーカーや業者と相談することが大切です。

引き戸の鍵交換で注意する点は以下の通りです。

  • 引き戸用の適切な鍵を選ぶ
  • 施錠や解除がスムーズにできるか確認する
  • DIYで交換する場合は、作業が可能なスキルと道具を揃える
  • 電子ロックやディンプルキーなどの高性能な鍵を検討する
  • 鍵交換の費用や料金相場を調べ、業者選びに活用する
  • 鍵サイズや部品名を正確に把握し、適切な交換方法を実施する

適切な鍵交換を行うことで、引き戸の利便性と防犯性能を向上させることができます。

DIYでの鍵交換:手順と必要な道具

DIYで引き戸の鍵交換を行う場合は、以下の手順と道具が必要です。

  1. 適切な鍵を選ぶ
  2. 鍵サイズを測定する
  3. 部品名や取り付け方法を確認する
  4. 必要な道具を揃える(ドライバー、プライヤー、レンチなど)
  5. 古い鍵を取り外し、新しい鍵を取り付ける
  6. 施錠や解除がスムーズにできるか確認する

上記の手順でDIYで鍵交換ができますが、専門的な知識や技術が必要な場合は、業者に依頼することをおすすめします。

鍵交換時の費用相場と業者選び

引き戸の鍵交換費用の相場は、鍵の種類や取り付け方法により異なります。一般的には、3,000円〜20,000円程度で、高性能な鍵や電子ロックの場合はさらに費用がかかることがあります。業者選びのポイントは以下です。

  • 料金が明確でリーズナブルな業者を選ぶ
  • 口コミや評判を調べ、信頼性が高い業者を選ぶ
  • 鍵交換に関する知識や経験が豊富な業者を選ぶ
  • 鍵メーカーや商品のサポートが充実している業者を選ぶ

これらのポイントに注意して業者選びを行い、引き戸の鍵交換を適切に実施しましょう。

鍵のサイズ測定と部品名の確認方法

引き戸の鍵交換には、適切な鍵のサイズ測定と部品名の確認が重要です。

サイズ測定は、鍵穴の中心から取り付けビスまでの距離(ピッチ)や錠前の厚みなどを計測します。部品名は、鍵の取扱説明書やメーカーのカタログを参照し、適切な商品を選ぶために確認します。

また、MIWAやLIXILなどのメーカーや取扱業者に相談することで、適切な鍵交換方法や商品を選ぶサポートを受けることができます。適切な鍵サイズや部品名を把握し、引き戸の鍵交換をスムーズに行いましょう。

防犯対策としておすすめの引き戸の鍵

取り入れるべき防犯対策

防犯対策としておすすめの引き戸の鍵は、シリンダータイプで施錠が簡単なものや、鎌部分に対策が施されているものが好ましいです。また、鍵の種類もディンプルキーや電子キーなどの高性能なものを選ぶことが重要です。このような鍵は、一般的なキーに比べてピッキング対策がされており、防犯性が高まります。

さらに、メーカーによっても特徴が異なり、MIWAやLIXILなどの有名メーカーは信頼性が高く、性能も優れています。ここでは、防犯対策としておすすめの引き戸の鍵に関する具体的な情報を紹介していきます。

メーカー別おすすめ鍵の特徴・価格

MIWAの鍵は、耐久性が強く、鍵の取り付けやメンテナンスが容易です。また、錠前部分の交換も簡単に行えるため、引き戸の防犯対策に向いています。

価格帯は、15,000円~30,000円という手頃な価格で提供されています。次に、LIXILの鍵は、アルミ製の引戸でも取り付けが可能で、錠前部分に特殊なカギが使われていることから、ピッキングが難しいとされています。価格帯は、こちらも15,000円~30,000円とMIWAと同様です。

電子鍵・ディンプルキーなど高性能鍵の利点

電子鍵やディンプルキーなどの高性能鍵の利点は、セキュリティ性能が高いことです。電子鍵は、暗証番号やカードなどで施錠・解錠ができるため、鍵の紛失や盗難のリスクが低くなります。ディンプルキーは、従来の切り込み式キーに比べて、ピッキングが困難であるため、防犯性が高まります。

住宅用・室内用引き戸の鍵の選び方

住宅用・室内用引き戸の鍵の選び方は、用途に応じて適切な鍵を選ぶことが大切です。住宅用引き戸の鍵は、防犯性が高く施錠が容易なものを選ぶことが望ましいです。

また、室内用引き戸の鍵は、使用頻度が高いため操作性が良いものを選ぶことが重要です。具体的には、緊急時に素早く開けられる機能を持つ鍵や、環境に応じて左右の取り付けが可能なものを選ぶことが適切です。さらに、DIYで取り付けられる鍵も人気がありますが、取り付ける際には正確な作業が必要ですので、注意が必要です。

よくある引き戸の鍵に関する質問と回答

よくある質問

引き戸の鍵には様々な種類があります。一般的なものにシリンダー錠やディンプルキーがあります。また、場合によっては電子ロックや防犯性の高いカギを選ぶことも大切です。引き戸の鍵交換方法としては、以下のステップを実行します。

  • 鍵と錠前の種類を確認
  • 必要な工具を揃える
  • 既存の鍵と錠前を取り外す
  • 新しい鍵と錠前を取り付ける

DIYで鍵交換を行う場合は、注意事項や作業中の安全を確保することが重要です。また、鍵交換を業者に依頼する場合、費用や対応範囲を事前に確認しておくと良いでしょう。引き戸の鍵に関する質問については、各メーカーや鍵業者のサイトやお問い合わせ窓口で相談できます。

鍵交換後のキー管理と登録方法

鍵の交換後、キーの管理や登録方法を適切に行うことが大切です。新しいキーを受け取ったら、以下のように管理しましょう。

  • キーの番号を記録しておく
  • 使用する家族全員にキーを渡す
  • 予備のキーを用意し、安全な場所に保管する

また、最近ではキー登録サービスが提供されていることもあります。これによって、鍵が失くなった場合でも安心して対処できます。登録方法は各キー登録サービスによって異なりますが、基本的には以下の手順で行います。

  • サービスサイトにアクセス
  • 必要事項を入力して登録
  • 登録内容の確認・変更が可能

鍵が壊れた・失くした場合の対処法

鍵が壊れた場合や失くした場合の対処法としては、以下のような方法が挙げられます。

  • 予備の鍵を使う
  • 適切な道具で鍵を修理する
  • 鍵交換業者や鍵屋に依頼する

状況によっては、鍵交換や修理にお金がかかることがありますが、安全のためには適切な対応が必要です。

引き戸の鍵全般まとめ【DIY&防犯対策】

引き戸の鍵について学ぶことは、自分の住まいを守るために重要です。これまでに述べた鍵の種類や交換方法、管理方法などを理解し、自分の状況に合った選択をすることが大切です。特に、DIYでの鍵交換や防犯対策は注意が必要です。

さらに詳しい情報が欲しい方は、当サイトの他のコンテンツもご覧ください。また、ご質問や不安がある場合は、専門家に相談することをお勧めします。

▶ お急ぎの方 ◀

鍵の取り付けのことならお電話下さい。電話番号:0120-669-110番。

鍵の取り付けにかかる費用、
施工事例、対応エリアなど

「鍵の取り付けサービス」
について詳しく見る

鍵トラブル一覧へ戻る

玄関の鍵交換の施工事例

玄関の鍵交換の施工事例一覧を見る

新着の施工事例

施工事例一覧を見る

創業17年の信頼と実績。年間ご依頼10万件以上!経験豊富な鍵まわりのプロが、安心のサービスをご提供いたします。工事&商品保証も1年間無料です
電話番号:0120-669-110番
鍵猿が選ばれる3つの理由
  • 出張見積り無料
  • 年中無休の対応
  • 錠前技師が解決
  • 施工事例の紹介
  • 対応エリア
  • 鍵猿について

解決までの流れ

  1. 問い合わせ
  2. 現場へ出張
  3. お見積り
  4. 作業開始
  5. 解決・お支払
電話番号:0120-669-110番 鍵猿について
メールで問い合わせる