クレジットカード対応 鍵のご相談は0120-669-110

鍵屋鍵猿鍵トラブルトピックその他室内ドアに鍵を取り付ける方法!プロに頼む場合の費用も紹介

2020年11月01日

室内ドアに鍵を取り付ける方法!プロに頼む場合の費用も紹介

室内ドアに鍵を取り付ける方法!プロに頼む場合の費用も紹介
鍵のトラブル解決は鍵屋鍵猿

室内ドアに鍵を取り付けるメリットは色々あります。しかし、いざやってみようと思っても取り付け方法や鍵の仕組みがよくわからないこともあるのではないでしょうか。
やり方を理解しないまま作業を進めると思わぬトラブルが発生することもあるので、プロにまかせることも手段のひとつとして検討した方がいいです。

本記事では室内ドアに鍵を取り付けるためのポイントやプロに依頼した際の費用などについて解説します。

室内ドアに鍵を取り付けるメリット

メリット

室内ドアに鍵を取り付けるメリットはさまざまです。
まずあげられるのはセキュリティの強化。万が一、玄関のドアから空き巣が侵入したとしても、室内ドアに鍵がかかっていれば盗難を阻止できる可能性が上がります。重要書類や貴金属を部屋に保管している人にとっても有用といえるでしょう。
また、ドアの立て付けが悪くなり勝手に開いてしまうと不用心です。そのようなケースも鍵を取り付けることによって解決できます。

プライバシー保護の観点から考えたときも室内ドアに鍵をつけることは意味があります。
寝室、個室、浴室の脱衣所などに鍵をかけることで、同居人同士のプライバシーを保護できるでしょう。
年頃になった子どもがプライベートを気にしだしたときや、シェアハウスなどで他人と住むケースでも室内ドアの鍵は役立ちます。いくら親しい間柄でも最低限のプライベートは守りたいと考える人は多いでしょう。

小さな子どもや認知症の高齢者がいる家庭では、室内のドアに鍵を取り付けることによって安全の強化につながることもあります。
小さな子供を放置していると階段から落ちたり、危ないものを勝手に触ったりといったトラブルが発生しやすいです。
認知症の高齢者に関しても、勝手に出かけてしまう場合もあり心配でしょう。

こういったトラブルを防ぐためのひとつの手段として室内ドアの鍵は有効となります。面倒をみる時間がないときに安全な部屋に入ってもらい、外から施錠し一時的に保護する使い方をする人も多いです。

どんな鍵を付けるか後悔しないための確認

鍵を取り付ける際には、どのようなタイプを選ぶのかよく考えなくてはなりません。ニーズに合っていないものを取り付けてしまい後悔することのないように、取り付ける際のチェックポイントを解説します。

鍵をつける目的

室内ドアに鍵を取り付ける前には目的をはっきりとさせておきましょう。子どもや高齢者の安全目的であれば、そこまで強固な鍵は必要ないといえます。

室内に大事なものを保管し、自分が外出中に部屋に施錠をするのであれば、簡単には開かないものが望ましいです。空巣の侵入を防ぎたい場合も、それ相応の鍵が必要となります。室内ドアの鍵はいろいろなタイプがあるので、目的を明確にしたうえで設置することが重要です。

取り付け条件や希望

取り付けたいと思える鍵がみつかったとしても、それが自室のドアに適しているとは限りません。開き戸か引き戸かによって付けられる鍵は変わってきますし、穴開けの可否によっても違いがあります。
たとえば開き戸ひとつとっても、ドアノブ自体を鍵付きにかえる、ドアノブ以外のところに鍵をつける方法に分かれます。引き戸は扉の枚数によって鍵の付け方も変わるので、自室のドアがどのタイプに該当するのかを確認してください。

鍵の取り付け方についてもあらかじめ決めておくべきです。プライバシーを保護したいのであれば、部屋の内側から鍵をかけるのが一般的です。脱衣所などに関しても外から閉める必要はないため、内側からかける鍵を選択することになります。

外出中に部屋を施錠したり、空き巣を防ぐことが主な目的であれば、室外からしっかりと施錠できる鍵がベストです。

一時的に鍵を使用し、いずれは鍵自体を解除するのであれば自由に取り外しができる鍵が便利です。
逆に、一度施錠したあと当面外す予定がないのであれば付けっぱなしのタイプを選ぶとよいでしょう。
取り付け条件や希望にあった鍵を選びましょう。

鍵の取り付け方法

メジャーでサイズを測る

鍵の取り付け方法はいくつかパターンがあります。ドアノブを鍵付きのものに交換する場合と、簡易的な補助錠を取り付ける場合について解説します。

ドアノブを鍵付きのものに交換する場合

ドアノブを鍵付きのものに交換する際は、メーカーと型番は可能な限り同じものを用意しましょう。
メーカー名や型番はドアの側面の金属プレートに刻印されていることが多いです。メーカー名が不明なときは自分で下記の寸法を計測しなくてはなりません。

  1. 最初のステップとしてはドア自体の厚さ

  2. 次にドアノブの中央からドアの端までの長さ

  3. ドア側面の金具(フロントプレート)の縦横の長さ

  4. フロントプレートを留めている上ネジの中央から下ネジの中央までの長さ

測った後は、採寸したサイズに合うドアノブを購入します。
インターネットで検索しても良いですし、ホームセンターまで足を運ぶのも良いでしょう。
寸法にぴったり合うドアノブが見つかれば、ドライバーですぐに交換できます。ただ、そういった作業に慣れていない人の場合は苦労することもしばしばです。今まで使っていたドアノブと形状が異なるときは難易度がさらに上がるでしょう。

簡易的な補助錠を取り付ける場合

補助錠とは本来の鍵に追加で取り付ける鍵のことです。安価なものであれば、1000円程度で入手できるものもあるでしょう。
基本的に穴開けをせずに取り付けできるものが多いため、すぐに設置できるところがうれしいポイント。鍵の取り外しも簡単にできます。

ドア側面のへこんでいる箇所に引っかけるタイプや、ドア枠に取り付けてネジで固定するタイプがあります。粘着テープで取り付けるタイプもありますが、やや剥がしにくくなるため取り外しの面でデメリットが生じます。

補助錠の種類はバリエーション豊かです。室内用、室外用はもちろん、内開き、外開きなどドアの形状にも対応しています。比較的容易に条件に合った鍵が見つかります。

室内ドアに鍵を取り付ける際の注意点

室内ドアに鍵を取り付ける際に気をつけないといけないポイントがあります。
ここでは主な注意点を3点紹介します。

賃貸の場合は管理会社に必ず確認する

賃貸に住んでいる方は勝手な判断で室内ドアに鍵を取り付けないようにしましょう。賃貸は退去する際に住んでいた人が原状回復をする義務があります。何か変えてしまった場合は戻さなくてはなりません。
小さな穴や傷であっても場合によっては修理費用を請求されることがあるので、鍵を取り付けたいのであれば管理会社に事前確認をしておくようにしましょう。

災害時や倒れた際のことも確認しておく

室内ドアに鍵を取り付けると、災害時の出入りがしにくくなります。
防犯やプライバシーの保護において鍵は効果的ですが、災害時にはリスクがあることを覚えておいてください。
たとえば子どもが寝室で寝ているときに災害が起きたとき、そのまま閉じ込められるようなトラブルは避けなくてはなりません。

もしものときにそなえ、合鍵をいくつか用意しておくと安心でしょう。
ただ室内から閉めるタイプの鍵は外から開けるのが困難です。災害が発生したときも想定して、設置する鍵を決めるようにしてください

部品の選択ミスや作業時の破損に注意

室内ドア用の鍵の種類はたくさんあります。
中には似たようなものも売られているため、うっかりしていると間違った商品を買ってしまうこともあります。
自宅のドアに適していない鍵を購入してしまうと、作業中にドアを破損させてしまうかもしれません。
壊してしまうことがないように部品選びは慎重に行いましょう。

メーカーや型番が把握できており、全く同じもので作業すれば成功しやすいですが、そうでなければリスクがあるので無理はしない方が良いです。自分で作業をしていて「難しい」と感じたら、その時点で諦めてもいいです。強引に続けると大きな失敗へとつながり、修理費用が高くつく事態になりかねません。

鍵屋に依頼すれば楽で安心!

安心できる鍵屋鍵猿

自分だけで鍵を選ぼうとすると、調査に時間を要しますし苦労することも多いでしょう。
同じ型番が見つからず、途方にくれてしまう人も少なくありません。そのようなときは鍵屋に依頼するのが一番です。
鍵屋なら状況を確認し、要望をもとに適正な鍵を提案できます。さらに、自分でやるよりも綺麗な仕上がりなうえに作業も早いです。鍵屋はプロならではのスキルと知識を持っているので、ドアの形状が多少複雑なものであってもクオリティの高い鍵の設置が可能。

ただ、鍵屋は業者によってスキルやサービス内容などに差があります。
インターネットで検索するのであれば、ホームページの情報が充実している業者を選びましょう。電話したときの対応の良し悪しも判断基準のひとつとなります。
鍵の交換作業にかかる費用に定価はないので、鍵屋によって高い・安いが出てきます。複数の鍵屋に見積もりを取り、相場を確認するようにしましょう。よりよい鍵屋を探す意識を持つことが大切です。

鍵屋に依頼する場合の費用

鍵交換の基本的な相場としては2~3万円が多くなるでしょう。これに加えて部品代が請求されると考えておいてください。

中には4000円程度で対応できると謳っている事例もありますが、4000円+部品代の他に出張費も請求する業者があります

作業を依頼する前にはしっかりと確認する必要があります。同じ鍵のタイプで依頼しても鍵屋ごとに提案内容が異なるので価格には差が出ます。

鍵は長く使うもの!プロに依頼してキレイに取り付けよう

鍵はメーカーや型番さえわかれば、自分で取り付けることもできなくはありません。ただ、普通の人が作業すると想像どおりの仕上がりにならない場合も多いでしょう。

プロの鍵屋に依頼すれば綺麗かつスピーディな対応が可能です。
ご自分で交換中に少しでも困ったことや不明点があれば、一旦作業を止めて信頼できる鍵屋に相談することをおすすめします。

鍵のトラブル解決は鍵屋鍵猿

鍵トラブル一覧へ戻る

電話番号:0120-669-110番
鍵猿が選ばれる3つの理由
  • 出張見積り無料
  • 年中無休の対応
  • 錠前技師が解決

解決までの流れ

  1. 問い合わせ
  2. 現場へ出張
  3. お見積り
  4. 作業開始
  5. 解決・お支払
田口季良

田口季良(たぐちのりよし)SLS株式会社 マネージャー

「すごわざ鍵開け達人」として関西・関東のテレビに出演。鍵の職人としてのキャリアは12年。 現在は鍵のエキスパート集団を束ねるマネージャーでもあり、鍵の豊富な知識のほか、親切丁寧な鍵の防犯アドバイスにも定評がある。 暮らしの中で起きる鍵のトラブルを日々解決、技術向上にひたむきに取り組んでいます。

電話番号:0120-669-110番