クレジットカード対応 鍵のご相談は0120-669-110

鍵屋鍵猿鍵トラブルトピックトラブル鍵がささらない!原因と対処法・鍵の修理と交換の費用について!

更新日:2021/02/25

鍵がささらない!原因と対処法・鍵の修理と交換の費用について!

鍵がささらない!原因と対処法・鍵の修理と交換の費用について!
鍵のトラブル解決は鍵屋鍵猿

いつも通り鍵を差そうとしても、なぜか上手くささらないといった経験をしたことはないでしょうか。
鍵がささらない原因はさまざまですので、状況に合わせた対応をする必要があります。

本記事では自宅の鍵が差さらず中に入れないときの原因と対処法を紹介するだけでなく、鍵屋にできることや依頼した際の費用などについても解説します。

鍵がささらない原因と対処法

最初に鍵がささらない原因、および対処法について解説をしていきます。

鍵穴に異物が入っている場合

鍵穴の埃

鍵穴に鍵がささらないときは目視で確認したり、息を吹きかけたりしてみましょう。こういった動作をすることで鍵穴に異物が入っていないかどうかを確認できますし、砂埃などの軽い汚れであれば吹き飛ばせます。
稀なケースではありますが、台風などの自然災害や子どものいたずらなどで、鍵穴に木の棒、ガム、接着剤などが入っているケースもありますので、確認してみてください。

鍵穴に異物が詰まっているときの対処としては、掃除機で吸い出す方法があります。掃除機は普通のホースだけでなくハンディタイプやパイプが長いタイプなどさまざまな種類がありますが、どれを使っても問題ありません。
掃除機のヘッドの部分を外して鍵穴に押し当てて吸い出してみましょう。クリップなど先端が細いものを差し込むと、鍵穴が傷つく可能性があるので避けてください。

エアダスターを吹きかけたり、ピンセットで異物をつまみ出したりする方法も状況次第では有効です。ただし、それらの道具が手元にないときは対応できませんし、異物が奥の方にあるときは自分で解決するのは困難でしょう。
細長い道具で強引に掻き出そうとした結果、鍵穴の中で道具が折れてしまうと事態は悪化します。
また、ピンセットでゴミをつまむつもりが、焦ってしまい逆に押し込んでしまう事もよくあるケースです。

自分で対処するときは、異物が取りやすい位置にあるかどうかを確認し、よく考えるようにしましょう。簡単には解決できないと感じたら、無理は禁物です。鍵屋に電話して相談するようにしてください。

鍵に汚れが付着している場合

鍵に汚れが付着している

鍵穴をいくらチェックしても問題がなさそうなときは、鍵そのものに原因があるかもしれません。
鍵穴はとても精密な作りをしているため、鍵に汚れが付着すると噛み合わなくなる場合があります。

タオルやハンカチで鍵を綺麗に拭き取ってみましょう。拭く際には鍵溝を重点的に意識してください。ギザギザした部分や、小さな穴に汚れやゴミは入りやすいです。

鍵・鍵穴の劣化や破損の場合

鍵と鍵穴が錆びている

鍵や鍵穴が古いと経年劣化は進んでいます。その影響で錆が発生したり、思わぬところが破損したりすることもあり鍵が差さらなくなります。

鍵の耐用年数はだいたい10年です。使用頻度によっては、もっと早い段階で劣化するケースもあるでしょう。
不具合を感じたときの解決法としてベストなのは鍵や鍵穴自体の交換です。もし、すぐに中に入りたい状況であれば、鍵穴専用の潤滑油を使用してみても良いでしょう。潤滑油を使用して滑りが良くなれば、鍵を差して回せるようになる可能性もあります。

鍵穴専用の潤滑油を使う際は、まず鍵穴にスプレーノズルを近づけ、数回プッシュします。その後、鍵を何度か出し入れし、入りやすくなったかどうかを確認してみてください。
鍵の動きに問題がなさそうであれば、差し込んで左右に回します。引っ掛かりがなければ鍵を抜きましょう。
鍵穴専用の潤滑油を使うと、鍵穴付近が少し汚れますので布で拭き取ります。このとき、汚れた布を使うと鍵穴や鍵が汚れてトラブルへと繋がりやすくなるので注意です。

鉛筆が潤滑油の代わりになることも覚えておいてください。
鉛筆の芯に含まれている黒鉛は滑りを良くしてくれます。特にBや2B程度の柔らかい種類が適しています。
鉛筆で鍵表面のくぼみをなぞってから、鍵を差してみましょう。
あるいは、鉛筆の芯をカッターで削り、黒いカスを鍵にふりかける方法でもかまいません。鍵が無事回ったら、黒鉛は綺麗に拭き取ります。

作成した合鍵を使っている場合

合鍵

使用している鍵が合鍵であれば、ささらない原因はそれかもしれません。合鍵は純正のものよりも精度や強度が低くなりがちです。信頼できる鍵屋に依頼した合鍵であれば大きな問題はあまり起きないはずですが、カットの技術が低いと粗悪品になる場合があります。
合鍵を使用したとき、回りにくいと思ったら注意が必要です。回りにくい合鍵を使い続けると、少しずつですが鍵穴は元の形から歪んでいきます。そうなると鍵穴が破損する可能性は高くなるでしょう。

マスターキーがあれば、鍵が回るかどうか一度試してください。
もしマスターキーがないのであれば、無理に合鍵で開けようとせずに鍵屋を呼ぶのが無難です。

鍵がささらない時にやってはいけないこと

鍵がささらないときは潤滑油が有効ですが、潤滑油であればなんでも良いわけではありません。
潤滑油を使用する際には、必ず鍵穴専用のものを用意してください。自転車用やサラダオイルなどを使用すると、ベタベタしてゴミがつきやすくなります。埃が奥で固まると、かえって破損する原因にもなりかねません。
鍵専用の潤滑油はパウダー状になっており、サラサラしているのが特徴です。

潤滑油には色々なものがありますが、理想はメーカー指定のものです。潤滑油の種類によっては鍵穴を劣化させる成分を含んでいます。
間違った潤滑油を使った場合、洗浄が必要になるので鍵屋に連絡をするようにしましょう。
鍵穴専用の潤滑油は鍵屋に問い合わせればすぐに見つかるはずです。もしくは、ホームセンターで探したり、インターネットで検索したりする方法でも購入できます。

鍵がささらない、回らない状況にイライラしてしまい、力づくでなんとかしようとすることも危険な行為です。鍵が鍵穴の中で折れてしまうかもしれませんし、抜けなくなる場合もあります。鍵が折れてしまえば鍵を回すのは不可能になり素人ではお手上げになるでしょう。

鍵専用の油を使ったり、対処法を試したりしても鍵が回らないようであれば、鍵屋にすぐに連絡するのが一番です。

自転車・車・バイクの鍵がささらない場合はどうする?

車とバイクの鍵穴

自転車、車、バイクなどの鍵がささらないときも、玄関と同じく無理にさし込んだり、適切でない油を使用したりするのは避けましょう。鍵専用の潤滑油を使えば対処できる可能性があります。

スペアキーで駄目なら、マスターキーも試してみます。これらの行動をとり、いずれも失敗したときは修理を検討するべきでしょう。

修理の方法としてはカーディーラー自動車修理店が候補として挙がります。もちろん、鍵業者に相談してみても良いでしょう。いずれの方法でもかまいませんので、自宅付近に営業している店舗がないかどうかを調べてみてください。

鍵がささらない時に鍵屋にできること

自宅の鍵がささらなくて困っているときは、鍵屋に相談してみましょう。
鍵屋に依頼した場合、具体的に何ができるのかについて、この段落では解説をしていきます。

鍵開け

とにかく早く自宅に入りたいという状況であれば、鍵屋に依頼してください。
鍵開けの対応ができます。鍵が鍵穴の中で折れるようなトラブルが発生したときも鍵屋であれば解決できます。
鍵を無理やり抜こうとすると大きなトラブルに繋がるので、鍵屋に依頼して被害を最小限に留めましょう。
鍵が開かなくなった原因についても丁寧に説明し、トラブルの再発を防止します。

鍵の修理・交換

鍵と鍵穴は今後も使います。一度回ったからそれで良いというわけではなく、問題が発生しているのであれば修理や交換をした方が良いでしょう。

鍵屋に依頼することで、鍵開けと同時に修理や交換の依頼ができます。鍵を丸ごと交換すれば、問題が解消され防犯面の向上も期待できます。
たとえば、鍵の主流になりつつあるディンプルキーは従来のギザギザした鍵と比較して不正コピーがしにくく、ピッキングによる開錠にも強いです。
古いタイプを使っているようであれば、トラブルをきっかけに新しいタイプへの交換を検討してみてください。

ご自身で修理や交換を試す人もいますが、あまりおすすめはできません。鍵は複雑な構造をしているので、下手をするとさらにひどい壊れ方に繋がり、費用が高くつくケースも少なくないです。

鍵屋に依頼した場合の費用相場

費用相場

鍵屋に開錠を依頼した際の費用相場は対応箇所や状況、鍵の種類などによって異なりますが、8000円程度から対応可能です。修理は8000円~1万5000円と考えてください。交換は部品代と作業費を合わせて1万5000円~2万5000円が平均値となります。
玄関の鍵開けで費用が高くなるケースはドアスコープのない鍵穴の場合です。ドアスコープがあれば、そこから特殊な器具を入れて開錠できますが、ドアスコープがなければ鍵穴をドリルで壊すことになるケースもあります。そうなってしまうと、必然的に鍵を交換しなくてはなりませんので、費用は高くなります。

その他特殊な鍵に関しても一筋縄ではいかず、時間と手間がかかる場合があります。費用もその分高くなるでしょう。
通常の鍵やディンプルキーのタイプであれば費用はそこまで上がらずにすみます。事前見積もりで額をしっかりと確認しておきましょう

鍵トラブルが起きた場合はその場しのぎではなく根本的な解決を

鍵トラブルが発生したときは、今後のことも考慮し、鍵自体を交換するのが望ましいです。特に、玄関の鍵は防犯上の要ともいえますので、壊れかけたものをそのままにしておくのはハイリスクでしょう。

判断に迷うようであれば鍵猿までお気軽にご相談ください。
また、鍵を交換したあとは定期的なメンテナンスを行い、鍵をできるだけ長持ちさせることも大切です。

鍵のトラブル解決は鍵屋鍵猿

鍵トラブル一覧へ戻る

電話番号:0120-669-110番
鍵猿が選ばれる3つの理由
  • 出張見積り無料
  • 年中無休の対応
  • 錠前技師が解決

解決までの流れ

  1. 問い合わせ
  2. 現場へ出張
  3. お見積り
  4. 作業開始
  5. 解決・お支払
田口季良

田口季良(たぐちのりよし)SLS株式会社 マネージャー

「すごわざ鍵開け達人」として関西・関東のテレビに出演。鍵の職人としてのキャリアは12年。 現在は鍵のエキスパート集団を束ねるマネージャーでもあり、鍵の豊富な知識のほか、親切丁寧な鍵の防犯アドバイスにも定評がある。 暮らしの中で起きる鍵のトラブルを日々解決、技術向上にひたむきに取り組んでいます。

電話番号:0120-669-110番