クレジットカード対応 鍵のご相談は0120-669-110

鍵屋鍵猿鍵トラブルトピックその他中古マンションの鍵は交換するべき!おすすめの鍵や費用負担について

更新日:2021/10/22

中古マンションの鍵は交換するべき!おすすめの鍵や費用負担について

中古マンションの鍵は交換するべき!おすすめの鍵や費用負担について
鍵のトラブル解決は鍵屋鍵猿

中古マンションに移り住んだとき、鍵交換をするべきかどうかで悩んでいる人もいらっしゃるでしょう

また、防犯のためには交換した方が良いと思いつつも、具体的な方法がわからなくて結局交換せずにそのまま使用しているケースも少なくないはずです。

そこで、本記事ではそのような悩みの解消につながるように、中古マンションで鍵交換を行う場合におすすめしたい鍵の種類や費用負担などについて解説していきます。

中古マンションは鍵を交換するべきか

そもそも、紛失や故障以外の理由で中古マンションの鍵を交換する必要はあると思いますか?

この段落では疑問を解消するべく、鍵を交換した方が良い理由と誰が費用を負担するのかといった問題について解説していきます。

鍵交換は必要!鍵交換をすべき理由

鍵交換は必要

中古マンションに入居する際は、前オーナーが鍵を持ったまま退去した可能性があるという点に注意しないといけません。

マンションであれ、戸建住宅であれ、物件を売却するときにはスペアキーも含めて鍵は全て買主に渡すことになっています。売主と買主で話し合って売主が事前に鍵交換することもあります。

しかし、前オーナーに悪意があり別のスペアキーを隠し持っていたなどといったケースが絶対にないとは言い切れませんし、正確に知ることもできないので鍵をそのままにしておくのはリスクが高いといえます。
たとえ何事もなかったとしても漠然とした不安を抱え続けるのであれば、鍵を交換してしまったほうが安心です。

また古いマンションの場合は必然的に鍵のタイプも古い場合が多く、そのような鍵は最新の鍵と比べると防犯性は低い傾向にあります。
鍵の種類を調べて防犯性が低い場合は、交換を検討した方が安心と言えます。

費用負担は誰?

鍵交換の際に気になるのが費用は誰が負担するのかという点ですが、これは状況によって異なります。

たとえば賃貸物件として中古マンションに入居する場合に、交換する理由が鍵の経年劣化による不具合などであれば、管理会社に修理や交換の費用を負担してもらえるケースもあります
鍵の調子が悪く交換を考えている場合は、一度管理会社に相談してみましょう

逆に経年劣化ではなく、借主側の落ち度などで鍵を壊してしまった、あるいはまだ使用可能な鍵を交換したい場合は、基本的に本人負担になるでしょう

管理会社に連絡すべき?

鍵を紛失した場合は、「警察」及び「管理会社・管理組合」に連絡するようにしましょう

なぜ、最初に警察に連絡するべきかというと、親切な人が最寄りの交番に届けてくれている可能性があるからです。
それに、もし届いていなかったとしても紛失届を警察に提出しておくと、
鍵が見つかる可能性は高くなります。
紛失届の提出は必ずしも交番まで足を運ぶ必要はなく、電話にて口頭で行うことが可能な場合もあります。

管理会社や管理組合といったマンションを管理している組織にもすぐに連絡する必要があります。
連絡すれば合鍵を持ってきてくれることもあるので、鍵屋に依頼しなくても部屋の中に入ることができます。

また、より緊急を要するのは紛失した鍵がオートロックだった場合です。なぜなら、オートロックの鍵はエントランスの開錠に使用されるため、紛失すると同じ物件に住む他の住人にも迷惑をかけてしまうからです。
一刻も早く管理側に連絡し、どのように対処すればよいのかを相談しましょう。

ちなみに、連絡先は賃貸マンションの場合は大家さんか管理会社、分譲マンションの場合は管理組合です。

マンションでよく使用される鍵の種類

鍵にはさまざまな種類があり、どれを選ぶかによって防犯性の高さや設置費用などが変わってきます。そこで、鍵の交換を検討している人のために、マンションでよく使用される鍵を3種類ピックアップし、それぞれのメリットやデメリットについて解説していきます。

ディスクシリンダー

ディスクシリンダー

家の鍵として昔から広く使用されているのがディスクシリンダーです。

ディスクシリンダーは鍵の形がギザギザなのが特徴で、鍵穴の内部に、外筒と内筒及び内筒の回転を防ぐためにロックする板状のディスクからなるディスクタンブラ―という仕組みが採用されていることからそう呼ばれています。
鍵を鍵穴に差し込み、ディスクがスライドしてロックが解除すれば、内筒が回転して鍵が開く仕組みです。

構造が比較的単純で修理や交換をしやすいというメリットがあるため、多くの家やマンションでこのタイプの鍵が採用されてきました。

ただ構造が単純であるが故に防犯面に関しては強くありません。道具と知識と経験があればピッキングできてしまうのです。現在はピッキング被害が多発・理論上鍵違い数が限界に達したため廃盤になっています。

ピンシリンダー

ピンシリンダー

シリンダーの中にピンと呼ばれる部品が入っている構造の鍵がピンシリンダーです。

長さの異なるピンをシリンダー上部に1列のみ配置されています。しかし、普段はバネの力によって全て鍵穴内部に押し出されているので、そのままの状態ではピンが邪魔をして鍵穴を回転させることができません。鍵を使ってピンを所定の位置まで押し上げて回転させ解錠する仕組みです。

それなら適当なものを鍵穴に突っ込んでピンを押し上げれば開錠できるのでは、と思うかもしれませんが、複数のピンの高さが全て定められた位置に揃わなければ鍵は回転しないようになっているので、そう簡単に開錠はできません。

ただ、それでもピンシリンダーの防犯性はあまり高いとはいえません。ディスクシリンダーと同じく、ピッキングの被害に遭いやすい鍵です。
シリンダーの部品代を抑えられてコストがかからないというメリットはあるので、防犯性をあまり求めない室内扉などにはおすすめです。

ロータリーディスクシリンダー

ロータリーディスクシリンダー

ロータリーディスクシリンダーは、廃盤になったディスクシリンダーの後続モデルとして開発されました。正しい鍵をさすことで、中にあるタンブラーの欠けている部分と、ロッキンバーと呼ばれる棒状の部分の位置が揃い、シリンダーを回転させることができます。このように構造が複雑化したことにより、簡単にピッキングできないように対策されています

鍵の両方がギザギザしており、鍵穴はアルファベットのWのようになっているのが特徴です。

スペアキーの作製も比較的容易でホームセンターなどにも依頼できます。しかしズレが生じたスペアキーを使用し続けると、鍵トラブルの原因となるため技術力のある業者に依頼することが大切です。 価格も比較的安価であり、防犯性とコストのバランスがよい鍵と言えます。

ディンプルシリンダー

ディンプルシリンダー

ディスクシリンダーやピンシリンダーなどと比べ、ピッキングによる不正開錠に強くて防犯性に優れているのがディンプルシリンダーです。とはいえ仕組みは基本的にはピンシリンダーと同じです。

ただ、ピンシリンダーはピンの列が上にしかついていないのに対して、ディンプルシリンダーは縦横斜めといった具合に、複数方向に配置されているためピッキングによる開錠は容易ではありません。

ちなみに、ディンプルシリンダーの鍵はギザギザではなく、表面がでこぼこしているのが特徴で、主に新しい住宅で使用されています。
ピッキングが絶対に不可能というわけではありませんが、ディスクシリンダー錠やピンシリンダー錠よりも難易度は遥かに高くなっており、短時間では開錠できないので安心度は高いといえます。

おすすめの鍵

ここからは防犯性の高いディンプルシリンダーの中でも特におすすめの鍵を紹介していきます。

カバエース

カバエース

カバエース(Kaba  ace)は、コストパフォーマンスに優れており、使いやすさも兼ね備えている点が特徴です。
ピン配列は3列最大で16ポジション、理論鍵違い数は19億2千万通りもあります。

Kaba ace認定販売店でならスペアキーの作製ができます。スペアキーの作製がしやすく、値段も比較的安価であることから多くの方に選ばれています。

カバスタープラス

カバスタープラス

KABAのカバスタープラスは、世界最高水準の防犯性でスイス銀行でも使用されています。
ピン配列は5列最大26ポジション、理論鍵違い数は2兆2千億通り以上と圧倒的です。

同じKABA社のカバエースと異なり認定販売店でも複製できません。
スペアキー作製時はメーカーで所有者情報と発注者を照合する必要があります。この所有者情報を登録するときに鍵ナンバー、商品シリアルナンバー、暗証番号の3つが必要なため、第三者によるスペアキーの作製を事実上不可能にしています。

GOAL V-18

GOAL V-18

鍵メーカーGOALのV18シリンダーは、耐ピッキング性能10分以上を誇るGOALの看板製品です。シリンダーは18本ピン×3列で構成されており、鍵違い数は120億通りとなっています。

セキュリティIDカードシステムがあるため、第三者による複製の心配もありません。またリバーシブル対応のため、開閉をスムーズに行うことができます。このように防犯性と使いやすさに優れています。

玄関の鍵がオートロック連動の場合

玄関の鍵がオートロック連動の場合

マンションでは部屋の鍵と玄関のオートロックキーが連動しているケースがあります。その場合、部屋の鍵を新しいものに交換してしまうと、玄関の鍵としては使用できなくなります。この問題を解決する方法は大きく分けて2つです。

一つは従来の鍵をオートロック解除用としてそのまま使用し、それとは別に部屋の鍵を作成して計2本の鍵を所持するというやり方です。複数の鍵を所持することになるので手間は増えるものの、交換のコストを抑えられ、業者にシリンダーの在庫があれば即日交換も可能だというメリットがあります。

もう一つは元の鍵からオートロック解除に使用するセンサー部分のみを取り外し、それを新しい鍵に埋め込んで玄関の鍵を解錠するくぼみを作成するというやり方です。この方法を選択すれば、1本の鍵だけで玄関と部屋の両方が開錠できるので今まで通り便利に使えます。
ただしロックの開錠方式によっては、対応できない場合があるため事前の確認が必須となります。

鍵の交換に保険は使える?

マンションによっては入居者に対するさまざまなサポートを用意しており、その中には鍵の紛失時に使用できるものも含まれています。

たとえば、火災保険は住宅を守るための保険であるため、鍵の紛失や盗難による鍵交換の際にも費用を補償してくれることが多いです。
入居前には鍵の紛失に使用できる保険があるかどうかを確認しておきましょう。
特に家財保険は補償対象が多岐に渡っているため、加入している場合は鍵の扱いについての項目を見逃さないようにしましょう。

マンションの鍵交換は鍵屋に依頼!

鍵交換が必要な場合は自分で何とかしようとするより、早めに業者に依頼することをおすすめします。

そこで、本段落では鍵屋に依頼するメリットや相場などについて解説していきます。

自力でやるより鍵屋をおすすめする理由

鍵の交換を自分で行うことは決して不可能ではありません。しかし、失敗する可能性が少なくないうえに、失敗してやり直すと費用も2倍かかってしまいます

その点、鍵のプロである鍵屋に依頼すれば、確実に短時間で作業を終わらせることができます
誤った取り付け方をしてドアを破損させるなどといった心配も無用です。
それに、ドアに合う鍵を選ぶので、部品選びを間違えて買い直すといった素人にありがちな失敗も避けられます

鍵屋に依頼するなら、まず複数の業者の相見積もりで見積もりの内容や料金を比較し、そのうえで自分のニーズにマッチした業者を選択するのが大切です。

鍵屋に依頼した場合の費用相場

鍵の交換にかかる費用は鍵のタイプによっても異なります。
たとえば、ピッキングによる被害を受けて錠前のシリンダーの部分だけを交換したいなどといったケースなら数千円程度からでも対応している場合があります。

しかし、防犯性の高い複雑な構造の鍵と交換する場合は費用も高くなります。一般的に機能性の高い鍵ほど高くなる傾向にあるため、料金が追加されるものと考えておいた方が良いでしょう。

種類料金
ドアノブタイプ¥20.000~40.000 
シリンダーのみ¥15.000~35.000
引き違い戸¥25.000~35.000
レバーハンドル錠¥20.000~30.000
プッシュプル錠¥30.000~80.000

鍵交換の際には

マンションの鍵を交換する際には手続きに気をつける必要があります。これを間違えるとトラブルになるかもしれません。

最初に行うべきは管理会社や管理組合から交換の許可を得ることです。なぜなら、たとえ分譲マンションであっても建物全てが自分の所有物になるわけではないからです。

部屋の内部は個人の専有物ですが、廊下やエレベーターなどは住人全員の共有物にあたります。
したがって、玄関のドアは内側が専用物で外側は共有物ということになりますので、ドアの内側の色を塗り替えることは自由にできますが、外側の場合は許可が必要です。
鍵の交換も賃貸マンションはもちろん、分譲マンションでも管理会社や管理組合の許可を得なければならないのです。

次に、費用を誰が負担するのかを明確にするために、交換する理由が鍵の経年劣化によるものかどうかを明確にさせておきます
また、保険適応の事前確認重要です。そのうえで、業者を探して見積もりを行い、最後に鍵交換を正式に依頼しましょう。

鍵は安心できるものに早めに取り換えよう

以前のオーナーや入居者が合鍵を持ったまま退去した可能性があるなど、鍵に対する不安があると日々の生活を安心して過ごせないでしょう。

そのような日々を避けるためにも、不安を感じる場合は一刻も早く鍵を取り換えるようにしましょう。

どうせ交換するのであれば、防犯性能が高い鍵を選ぶのが賢明だといえます。
鍵の種類はいろいろありますが、中古マンションを含む住宅の鍵ならディンプルシリンダーがおすすめです。

鍵のトラブル解決は鍵屋鍵猿

鍵トラブル一覧へ戻る

鍵交換・鍵修理など年間約48,000件を解決駆け付けスピードNo.1

電話番号:0120-669-110番
鍵猿が選ばれる3つの理由
  • 出張見積り無料
  • 年中無休の対応
  • 錠前技師が解決

解決までの流れ

  1. 問い合わせ
  2. 現場へ出張
  3. お見積り
  4. 作業開始
  5. 解決・お支払
田口季良

田口季良(たぐちのりよし)SLS株式会社 マネージャー

「すごわざ鍵開け達人」として関西・関東のテレビに出演。鍵の職人としてのキャリアは12年。 現在は鍵のエキスパート集団を束ねるマネージャーでもあり、鍵の豊富な知識のほか、親切丁寧な鍵の防犯アドバイスにも定評がある。 暮らしの中で起きる鍵のトラブルを日々解決、技術向上にひたむきに取り組んでいます。

電話番号:0120-669-110番