1,000円引きクーポン配布中! ▶ 詳しくはここをクリック! ◀

鍵屋鍵猿鍵トラブルトピックその他【鍵をかける】鍵選びやトラブル対策を解説!

更新日:2024/07/03

【鍵をかける】鍵選びやトラブル対策を解説!

【鍵をかける】鍵選びやトラブル対策を解説!

この記事でわかること

  • 鍵の基本知識・種類
  • 鍵の選び方
  • 鍵の扱いにおける注意点
  • 鍵のトラブル対策

記事監修者

田口季良(たぐちのりよし)
田口季良(たぐちのりよし)SLS株式会社 マネージャー

「すごわざ鍵開け達人」として関西・関東のテレビに出演。鍵職人としてのキャリアは12年、現在はエキスパート集団を束ねるマネージャー。親切丁寧な防犯アドバイスにも定評がある。

鍵に関する知識は日常生活において非常に重要です。

本記事では、鍵の基本情報から選び方、トラブル対策まで幅広く解説しています。

鍵の交換のことならお電話下さい。電話番号:0120-669-110番。

鍵の基本知識と種類

玄関の鍵を紛失

鍵は私たちの生活に欠かせない存在であり、さまざまな種類があります。

鍵について理解することで正しい使い方ができるようになり、家や車などあらゆる場所の防犯性能を強化できます。

以下では鍵の特徴や用途、利用方法についても詳しく紹介しますので、是非参考にしてください。

鍵とは何か?その意味と機能を知る

鍵とはドアや車などの施解錠を行うための道具です。

鍵は施錠と解錠の機能を持ち、個人や財産を守るための重要な防犯対策です。

鍵の形状や使い方は様々で、それぞれに特定の目的があります。

また、鍵には様々な技術が組み込まれ、紛失や盗難を防ぐ工夫もされています。

正しい知識を持って適切な鍵を選ぶことが、安心で快適な生活につながります。

▼関連ページ▼関連ページ

鍵の種類を一覧で確認する

鍵には様々な種類があり、それぞれ特徴や用途が異なります。

一般的なものから最新の鍵まで、以下に一覧で紹介します。

  • シリンダー錠:ドアや扉の施錠によく使われるタイプで、シリンダー内のピンやディスクが組み合わさることで施解錠できます。
  • ダイヤル錠:ダイヤルで数字を合わせることで解錠できるタイプです。金庫やスーツケース、ロッカーなどに利用されます。
  • 電子錠:暗証番号や指紋認証といった物理的な子鍵以外の方法で解錠できるタイプです。
  • 南京錠:U字型のツルがついた持ち運べるタイプで、暗証番号式やダイヤル式があります。

これらの鍵をうまく使い分けることで、さまざまな場面で防犯性能が向上します。

鍵の使い方や選び方についても検討したり、必要に応じて専門業者に相談することも有益です。

正しい鍵の知識と利用で安全な生活を送りましょう。

▼関連ページ▼関連ページ▼関連ページ

玄関鍵の選び方

選び方

玄関鍵を選ぶ際、まずは玄関ドアの扉に適した鍵を見極めることが大切です。

おすすめの鍵の種類として、鍵の表面にくぼみ(ディンプル)があるディンプルキーや、ディスクシリンダーの後継品であるロータリディスクシリンダーが挙げられます。

これらの鍵はピッキングやドリリングなどの不正解錠に強いです。

以下のポイントも重要です。

  • 機能性:防犯性能だけでなく、使い勝手や耐久性も確認しましょう。
  • ドアのサイズに合った鍵選び:防犯上の観点から、一度購入した鍵は返品することがほとんどできません。ドアのサイズを測り、適切な鍵を購入しましょう。
  • 登録制シリンダー:登録した本人のみ鍵の作成ができる登録制シリンダーを選ぶことで、不正な鍵の複製を防ぎます。
▼関連ページ▼関連ページ 鍵の交換のことならお電話下さい。電話番号:0120-669-110番。

鍵を使った日常生活のポイント

ポイント

鍵を使った日常生活で重要なポイントは以下の通りです。

  • 鍵の管理:鍵を単体で持ち歩かず、キーホルダーやキーケースと一緒に持ち歩くことで、紛失に備えましょう。
  • 玄関の施錠:家を出る際や寝る前には、忘れずに施錠を行いましょう。
  • 窓の施錠:窓にも鍵がある場合は、少しの外出時でも施錠してください。

鍵の利用方法を身につける

鍵の利用方法を身につけるには、まず正しい鍵の使い方を覚えることが大切です。

また、以下のポイントも押さえておくと良いでしょう。

  • 鍵の取扱説明書を読む
  • 鍵自体のメンテナンスを行う
  • いざという時のために、鍵交換や合鍵作成の方法を知っておく

鍵の扱いにおける注意点

注意点

鍵の扱いで注意すべきポイントは、鍵の管理方法と施錠の徹底です。

具体的には、以下のようなポイントを実践しましょう。

  • 鍵の収納場所:鍵を無くさないように、収納場所を統一し、玄関や窓から見えない場所に鍵を収納しましょう。
  • 1つのドアに2つ以上の鍵を付ける(ワンドアツーロック):防犯性能を高めるため、二つ以上の鍵を取り付けることで、空き巣などの不正な侵入を遅らせるだけでなく、不審者に侵入しにくい家だと認識させることができます。
  • セキュリティシステムの活用:防犯カメラやセンサーライトを設置し、防犯性能を高めましょう。
  • スマートタグの活用:スマートタグを鍵に取り付けることで、紛失した場所を確認できます。

これらの注意点を遵守し、安全性を最大限に高めることが重要です。

▼関連ページ▼関連ページ▼関連ページ

賃貸物件での注意点

賃貸住宅

賃貸物件の鍵を防犯性能の高い鍵に交換する際は、管理会社や大家さんに確認を取りましょう。

勝手に業者に依頼して鍵交換を行うと、緊急時に大家さんがマスターキーを使って家の中に入ることができない、借主が退去する際に元の状態に戻す必要がある、といったことが起きてしまいます。

一度、賃貸借契約書を確認してみましょう。

▼関連ページ▼関連ページ▼関連ページ

鍵のトラブル対策

対策

以下では、鍵のトラブル対策について解説します。

鍵の交換や修理を適切に行う

鍵の交換や修理は安全な生活のために重要な役割を果たします。

以下のポイントを抑えましょう。

  • 鍵の状態を定期的に確認し、劣化や破損がある場合は早めに交換や修理を検討しましょう。鍵の耐用年数は10年~15年とされています。
  • 鍵の交換や修理を行う際は、信頼性のある専門業者を利用することが大切です。サイトの実績などを参考にして選びましょう。
  • 鍵の使い方やメンテナンスについても理解し、適切に扱うことが重要です。
▼関連ページ▼関連ページ▼関連ページ

防犯性能の高い鍵に交換する

ディンプルキー

防犯性能の高い鍵の交換は、家や車を犯罪から守る上で大事です。

以下に交換を検討する際のポイントをご紹介します。

  • 建物の不正侵入に5分以上防ぐことができるかどうかの試験に合格したもののみに使用できるPCマークのついた鍵を選びましょう。
  • 鍵の性能だけでなく、取り付けられるドアや窓にも注意が必要です。適切な取り付け場所を確認し、必要に応じてドアや窓の強化も検討しましょう。
  • 防犯性能が高いディンプルキーは比較的費用は高くなりますが、長期的に見ると安心感と安全面の向上により十分に元が取れるでしょう。
  • 鍵に関する専門知識を持った業者に相談し、自分のニーズに合った最適な鍵を選ぶことが大切です。
▼関連ページ▼関連ページ

まとめ:鍵選びと日常生活での注意点

鍵選びには、利用状況や設置場所を考慮し、防犯性能の高い鍵を選ぶことが重要です。

また、日常生活での注意点としては、鍵の管理や定期的なメンテナンスが挙げられます。

防犯面でも、鍵をかける習慣や留守中の対策を考慮しましょう。

DIYでの解交換や鍵の取付、鍵選びに不安がある場合は、専門業者に相談することが大切です。

今回紹介した内容をぜひ参考にして、安全な生活を送りましょう。

▼関連ページ▼関連ページ 鍵の交換のことならお電話下さい。電話番号:0120-669-110番。

鍵トラブル一覧へ戻る

新着の施工事例

施工事例一覧を見る

創業17年の信頼と実績。年間ご依頼10万件以上!経験豊富な鍵まわりのプロが、安心のサービスをご提供いたします。工事&商品保証も1年間無料です
電話番号:0120-669-110番
鍵猿が選ばれる3つの理由
  • 出張見積り無料
  • 年中無休の対応
  • 錠前技師が解決
  • 施工事例の紹介
  • 対応エリア
  • 鍵猿について

解決までの流れ

  1. 問い合わせ
  2. 現場へ出張
  3. お見積り
  4. 作業開始
  5. 解決・お支払
電話番号:0120-669-110番 鍵猿について
メールで問い合わせる